キャバリアは多頭飼いに向いている?注意点と成功させるポイント


キャバリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:9~14歳
  • 価格相場:10~25万円
キャバリア

キャバリアの概要

キャバリアの正式名称は「キャバリア キング チャールズ スパニエル」です。

キャバリアの祖先犬は、16世紀ごろに存在していたと考えられています。
当時は他のスパニエル犬種同様に猟犬として活躍していたようですが、愛玩犬として改良されて作出されたのが「キャバリア キング チャールズ スパニエル」です。

名前の「キャバリア」は、″中世の騎士”を意味し、その名の通り気品のある美しい容姿を持っています。
「チャールズスパニエル」という名前からも分かる通り、イギリスのチャールズ1世・2世に愛されていたことでも知られています。

猟犬らしい活発さを持ちながらも優雅な見た目と優しく穏やかな性格を持ち合わせたキャバリアは現在でも世界中で人気のある犬種です。

キャバリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5~8kg
  • 体高:30~33cm
  • 被毛:長毛(ロングコート)
  • 毛色:「ブラック&タン」「ルビー」「ブレンハイム」「トライカラー」の4色があり
キャバリア,小型犬,ブラックタン

【大きさ】

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬です。
個体によっては小型犬としてやや大きめのサイズとなることもあり、体高より体長がやや長い体格をしています。
がっしりとした骨格を持っていますが、軽やかな歩様と優雅な身のこなしを見せてくれます。

【顔】

平らな額と大きめの垂れ耳が特徴的です。
丸く大きな目からは穏やかな印象が感じ取ることができます。

【被毛】

キャバリアの被毛は、長毛のロングコートの犬種で、細くしなやかな毛質をしています。
耳や胸部、四肢に生えている飾り毛が特徴的で、緩やかにウェーブがかっているか強い巻き毛の個体もあります。
ダブルコートの犬種のため、抜け毛が目立ちます。

【毛色】

キャバリアの被毛には4種類あり、ブラック地に目の上や頬などにタン(茶色)が入った「ブラック&タン」、白地に茶色が入った「ブレンハイム」、全身が明るい茶色の「ルビー」、ブラック&ホワイトにタンが入った「トライカラー」があります。

キャバリアの性格・気質

  • 活発で人懐こい
  • 優しく穏やか
  • 甘え上手で友好的
  • 留守番は苦手

キャバリアの性格・気質①
~明るく友好的~

キャバリアは、とても性格が良いと言われれることが多い犬種です。
愛情深く穏やかで、優しい性格をしており愛玩犬らしい性格の持ち主です。

他の犬や動物、人間のことが大好きでスキンシップを取りたがる甘えん坊で、非常に友好的な性格をしています。
寂しがり屋な性格とも言えるため、留守番は苦手とすることが多いようです。

キャバリアの性格・気質②
~活発で恐れ知らずな一面も~

攻撃性が極めて少なく穏やかな性格をしているキャバリアですが、散歩や遊びの場となれば活発で明るい姿を見せてくれます。

好奇心旺盛で友好的な性格から、知らない犬相手でもぐいぐいコミュニケーションを取ろうとすることもあるようです。
そういった恐れ知らずな一面もあるため、相手の犬の様子を伺いながら注意してあげる必要があるでしょう。

キャバリアは多頭飼いに向いている?

キャバリア

多頭飼いとは?

多頭飼いとは、文字通り複数の犬を飼うことです。

犬との暮らしの楽しさを知ってしまうと「もう1匹飼いたい」と考える人も多いでしょう。

多頭飼いをしている飼い主さんには、飼っている犬種と同犬種を迎えたり、違う犬種や保護犬を迎えたり、いつかの日かやって来る愛犬とのお別れの時を考えて2頭目を迎えるという方もいらっしゃいます。

多頭飼いをすることは、飼い主にとって癒しが増える、楽しさが増すといったメリットがありますが、犬にとっても留守番の寂しさが軽減され遊び相手ができたりと、新しい犬との相性次第でより楽しい生活となるでしょう。

多頭飼いに犬種による向き不向きはある?

基本的に犬は群れで生活する動物です。
そのため、どんな犬種でも多頭飼いをすることは決して不可能なことではありません。

ただし、犬にも相性があるため相性が悪い犬同士だとケンカなどのトラブルに発展してしまうこともあります。
また、犬種によっても持ち合わせている性格や気質が異なるため、性格によっては多頭飼いに向いていないとされる犬種もあります。

例えば、独占欲が強く攻撃性を持った犬の場合、新しい犬を迎えることで飼い主へのやきもちからトラブルになりやすく、多頭飼いには不向きだとされます。
他にも排他的な性格をしている犬や警戒心の強い犬は、トラブルを起こしやすいでしょう。
こういった気質を持つ犬種には、日本犬やペキニーズ、コーギー、テリア種などといった種類が上げられます。

それでも、個体によっても性格は異なりますので、多頭飼いに不向きとされる犬種でも他の犬と問題なく共同生活をしている個体も少なくはありません。

一方で、多頭飼いに向いている性格なのは、社交的な性格をした犬です。
社交的な性格をした犬は、トラブルも少なく他の犬とも共同生活しやすいでしょう。
トイプードルやミニチュアダックス、マルチーズなどといった犬種は多頭飼い向きの犬種だと言われています。

キャバリアは多頭飼いに向いている?

キャバリアは、明るく遊び好き、さらに攻撃性の少ないキャバリアはどんな人や犬とも打ち解けやすい性格をしています。
そんなキャバリアは多頭飼いに向いている犬種です。

キャバリア同士の多頭飼いはもちろんのこと、違う犬種とも相性次第で多頭飼いしやすい犬種だと言えるでしょう。

むしろ寂しがり屋で留守番を苦手とするキャバリアは、留守番の寂しさが紛れて遊び相手が増える多頭飼いは、キャバリアにとっても大きなメリットとなるでしょう。

キャバリアを多頭飼いする時の注意点

キャバリアは多頭飼い向きの犬種とは言っても、なるべく仲良くできそうな犬を迎えることが大切です。
犬を選ぶ際には以下の点に注意しましょう。

キャバリア

注意点① 相性・性別・サイズの組み合わせを考える

新しい犬を迎え入れるとき、先住犬の性格や性別、体のサイズを考慮して新しい犬を迎えるようにしましょう。

最も多頭飼いに好ましい組み合わせは同犬種同士だと言われています。
個体差はありますが、同じ性質を持ち合わせているため相性が良いことが多いようです。

【相性】

先住犬の性格を考慮して、先住犬と相性の良さそうな犬を迎え入れるようにしましょう。

先住犬が日頃どんなに大人しい犬だとしても、自分のテリトリー内に新たな生き物が入った途端、攻撃的になることがあります。
先住犬が神経質な犬の場合は、気性の荒い犬を選ばないなどの配慮が必要です。

おすすめは似た物同士の性格の組み合わせが良いでしょう。
おっとりした性格であればケンカになる可能性も少なく、遊び好きなやんちゃな性格であれば賑やかな生活になるでしょう。

【性別】

次に「性別」も大切な要素となります。

おすすめな組み合わせはオスとメスによる組み合わせですが、繁殖の可能性があるため出産・避妊・去勢の計画を事前に立てておく必要があります。

オス同士だと順位争いのケンカをする可能性があるため、最も要注意の組み合わせです。
それでもオス同士での多頭飼いをする場合には、年齢差が少ない組み合わせが好ましいです。

メス同士の場合でも順位争いが起きる可能性はありますが、オスよりも比較的気性が穏やかなため飼いやすいでしょう。

【体のサイズ】

犬同士のサイズ差が少ない方が良いでしょう。

キャバリアは小型犬ですので大型犬との共同生活となると、どうしても体の小さなキャバリアは圧倒的に不利になります。
例え、遊びのじゃれ合いであっても思わぬケガなどのトラブルが生じる可能性があるでしょう。

どうしてもキャバリアと一緒に大型犬を飼いたいという場合には、先住犬がキャバリアで、大型犬を後から迎え入れるというケースの方が飼いやすいとされています。

ただし、小型犬と大型犬での組み合わせは、散歩量の違いなどもあるので、それぞれに適したお世話ができるかしっかり考慮しておきましょう。

キャバリア

注意点② 先住犬のしつけは済ませておく

先住犬のしつけができていない状態で新たな犬を迎え入れるとなると、さらなる問題を抱え込むことになります。

例えば、無駄吠えをする先住犬の場合、新しい犬も必ず無駄吠えをする子になってしまうでしょう。
先住犬がしっかりと飼い主さんの指示をきける犬なら、後輩犬も同じように育てることが可能になる他、先住犬が新しい犬にルールを教えてくれることもあります。

多頭飼いでのしつけにおいて、1番大切なのは飼い主がリーダーでいることです。
犬同士よりも犬と飼い主さんそれぞれの信頼関係が成り立っているかどうかが重要となってくるでしょう。

注意点③ それぞれのスペースを確保すること

多頭飼いあっても、頭数分それぞれの飼育スペースを確保してあげましょう。

ケージやベッド、トイレ、食器など頭数分を準備してあげて、それぞれが安心して過ごせるスペースを確保してあげましょう。

万が一、犬同士の相性が悪かった場合にも、それぞれのスペースを確保しておくことで、お互いがストレスが少なく過ごしていけることにもなるでしょう。

キャバリアの多頭飼いを成功させるポイント

多頭飼いで失敗しないためには、飼い始めが肝心です。

ポイント① 徐々に慣らしていく

新しい家族を迎え入れた時には、飼い主として「仲良くなってほしい」と考えるのは当然のことです。
しかし、決して焦ったり無理強いしたりするようなことはしないようにしましょう。

始めは先住犬とは離れた場所に後輩犬のケージを用意して、お互いが顔を合わせることがなくリラックスできる環境を整えてあげるようにしましょう。

対面させるときは、先住犬に後輩犬の臭いをかがせるところからスタートし、時間をかけて徐々にお互いに慣らしていくことが大切です。

ポイント② 先住犬を優先させる

散歩に誘う時、ご飯をあげる時などには常に先住犬を優先させるようにしましょう。

子犬を新しく迎えた場合、つい子犬の方を優先してしまいがちですが、犬は群れの中で順位を重んじる動物です。
そのため、後から入ってきた犬を優先してしまうと、先住犬が混乱してしまいストレスの元となってしまうでしょう。

何事にも先住犬を優先し、後輩犬に群れの順位を教えてあげましょう。

ポイント③ 一緒に楽しませる

散歩や遊びなどを共に行うことで、2頭一緒にいると楽しいことがあると思わせましょう。
楽しい時間を一緒に過ごすことで、仲間意識が芽生えていきます。

お互いの存在に慣れてきたら、犬同士でも遊ばせて下さい。
特に後輩犬が子犬の場合は、先住犬から多くのことを学ぶことができるでしょう。

ポイント④ 愛情は均等に与える

何事にも先住犬を優先するとお伝えしましたが、愛情に関しては別ものです。
先住犬・後輩犬それぞれに均等な愛情を与えてあげるようにしましょう。

多頭飼いを始めた時には、新しい犬に家族の注目が集まりがちですが、それによって先住犬はストレスを感じてしまいます。

逆に、先住犬を優先すべきだからと先住犬に構いすぎてしまうと、新しい犬は疎外感を感じてしまいます。

どちらの愛犬もストレスを感じないよう飼い主さんは気にかけてあげなければなりません。

飼い主さんと犬、1対1でコミュニケーションを取れる時間を数分でもそれぞれに取ってあげると良いでしょう。

ポイント⑤ ケンカもほどほどに必要

数頭の犬を飼っていると、犬同士でケンカになってしまうことがあります。

いつも見る愛犬の愛らしい表情と打って変わって、激しい表情をする姿に驚いてしまうかもしれませんが、これは犬にとって必要なことでもあるため、むやみに止めに入らないようにしましょう。

犬は群れの中で順位を重んじる動物ですので、その順位を確定するためにケンカをすることがあります。
ケンカも犬にとってはある意味コミュニケーションの1つなのです。

ケンカがエスカレートしないか見守る程度にしておき、ケガの心配がある時だけ仲裁に入るようにしましょう。

多頭飼いは根気強く向き合う覚悟を持って始めること

犬によっては、犬同士で仲良くなるまで、相手を受け入れるまでにかなりの歳月がかかることがあります。

多頭飼いに向いていると言われるキャバリアではありますが、新しい犬との相性次第という面があるのも事実です。

例え相性を考えて迎え入れたつもりでも、いざ飼い始めると想定外のことも起こりうるでしょう。
仲良くなってくれない、しつけの問題、ストレスによる体調不良などあらゆることが考えられます。
それでも、多頭飼いをしていくためには焦らず根気強く付き合っていく覚悟が必要です。

犬が1匹増えるということは、お世話も倍、飼育費用も倍、苦労も倍になります。
それに加えて想定外のことが起こった場合でも、責任もって対応していく覚悟を持ち、多頭飼いを始めるようにしましょう。

この記事のまとめ


キャバリアは多頭飼いに向いている?注意点と成功させるポイント
  • 多頭飼いは飼い主と犬、両方にメリットがある
  • 友好的なキャバリアは、多頭飼い向きの犬種
  • 多頭飼いでは組み合わせが大切。同犬種同士が最もベスト!!
    相性(性格):似た者同士がおすすめ
    性別:おすすめはオスとメス。次にメス同士。オス同士は年齢差が少ない方が良い
    サイズ:サイズ差が少ない方が良い
  • 群れのリーダーは「飼い主」であること!!
  • 多頭飼いでもそれぞれがリラックスできるスペースを確保すること
  • 仲良くなるよう無理強いはしないこと!!
  • 何事も先住犬を優先させる。それでも愛情は均等に与えること
  • 多頭飼いは費用も苦労も倍かかる。覚悟を持って始めましょう/li>

キャバリアは多頭飼いに向いている? さいごに

キャバリアは多頭飼いに向いている犬種です。

多頭飼いではお世話量も費用も倍に必要になり、苦労も増えるのは事実ですが、愛情持って育てることで1頭飼いとはまた違う、多頭飼いならではの幸せや喜びを見出すことができるでしょう。