キャバリアの適正体重は?月齢ごとの体重と推移


キャバリアの平均体重は?

キャバリアの成犬時の平均体重は、体高31~33cmの犬で5~8kgです。
メスよりもオスの方が大きくなる傾向にあります。
また体重には個体差があります。
そのため数値そのものよりも、骨格や肉付きなどを照らし合わせてトータルでみることが大切です。
とは言え、体高は標準なのに体重が大幅に多い場合は肥満、逆に少ない場合は痩せ過ぎなどが考えられます。
普段の食欲や便の様子も観察して、心配がある場合は獣医に相談しましょう。

キャバリアの月齢ごとの体重推移

では、キャバリアの成長に合わせた体重推移をみていきましょう。

  • 誕生時   約300g
  • 生後1ヶ月 約1.0kg
  • 生後3ヶ月 約2.0kg
  • 生後6ヶ月 約4~5kg
  • 生後8ヶ月 約5~7kg
  • 生後12ヶ月 約5~8kg

キャバリアに限らずどの犬もそうですが、小型な犬ほど早めに成長がストップします。
骨格が華奢で遺伝的にも小型な個体は、生後6ヶ月ぐらいで成犬サイズに達します。
キャバリアの場合は平均体重が5~8kgと差があるので、生後12ヶ月ぐらいまで成長を続ける個体もあります。

キャバリアの適正体重と食事

生後6ヶ月まではしっかり栄養を摂ろう

生後6ヶ月までは、成長期に当たります。
栄養のあるフードを与え、丈夫な体作りをサポートしましょう。
成長期にしっかりと食べさせておくことで、愛犬の健康や長寿につながります。
小型犬でいて欲しいからと成長期にフードを制限することは虐待に当たるので、絶対にやらないようにしましょう。

体重増加がストップした時が、適正体重

生後6ヶ月を過ぎたら、こまめに体重をチェックして下さい。
体重増加が緩やかになってきたら、フードを子犬用から成犬用に替えましょう。
体重増加がストップした時の体重が、その犬にとっての生涯のベスト体重であるといわれます。
太り過ぎや痩せ過ぎの目安になるので、心配な場合はメモを取るなどして覚えておいて下さいね。

キャバリアは肥満に注意しよう

キャバリアは食いしん坊が多いといわれます。
さらに小型犬は少し食べ過ぎただけで簡単に体重が増えてしまいます。
肥満になると心臓や骨格に負担をかけ、様々な病気を引き起こしてしまいます。
フードは適量を守り、毎日の散歩で適度な運動を取り入れ、健康的な体を維持していきましょう。
キャバリアの平均体重には開きがあるため、個々の骨格に合った体重を知ることが大切です。
犬の適正体重は、成犬サイズになった時の体重です。
体重は健康のバロメーターでもあるので、成犬になってからも定期的にチェックして異変には早めに気付けるようにしましょう。