キャバリアの適正体重は?月齢ごとの体重と推移

Contents


キャバリアの基本情報

原産国 イギリス

サイズ  小型犬

体高 31cm~33cm

体重 5kg~8kg

毛色 ブラック&タン、ルビー、ブレンハイム、トライカラーの4色

被毛 ダブルコート

キャバリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介

2018.05.31

★キャバリアの飼い方まとめ★これでキャバリアのすべてがわかります!

2018.04.21

キャバリアの体格は?

キャバリアは小型犬に分類されていますが、小型犬としてはやや大きめの体格をしています。

運動好きでもあるので成犬のキャバリアはオス・メス7ともに筋肉質です。

骨格もしっかりしており体重も比較的重い犬が多いようです。

キャバリアの平均体重は?

キャバリアの成犬時の平均体重は、体高31~33cmの犬で5~8kgです。

メスよりもオスの方が大きくなる傾向にあります。

また体重には個体差があります。

そのため数値そのものよりも、骨格や肉付きなどを照らし合わせてトータルでみることが大切です。

とは言え、体高は標準なのに体重が大幅に多い場合は肥満、逆に少ない場合は痩せ過ぎなどが考えられます。

普段の食欲や便の様子も観察して、心配がある場合は獣医に相談しましょう。

キャバリアの月齢ごとの体重推移

では、キャバリアの成長に合わせた体重推移をみていきましょう。

・誕生時 約300g

・生後1ヶ月 約1.0kg

・生後3ヶ月 約2.0kg

・生後6ヶ月 約4~5kg

・生後8ヶ月 約5~7kg

・生後12ヶ月 約5~8kg

キャバリアに限らずどの犬もそうですが、小型な犬ほど早めに成長がストップします。

骨格が華奢で遺伝的にも小型な個体は、生後6ヶ月ぐらいで成犬サイズに達します。

キャバリアの場合は平均体重が5~8kgと差があるので、生後12ヶ月ぐらいまで成長を続ける個体もあります。

キャバリアの適正体重と食餌

生後6ヶ月まではしっかり栄養を摂ろう

生後6ヶ月までは、成長期に当たります。

栄養のあるフードを与え、丈夫な体作りをサポートしましょう。

成長期にしっかりと食べさせておくことで、愛犬の健康や長寿につながります。

小型犬でいて欲しいからと成長期にフードを制限することは虐待に当たるので、絶対にやらないようにしましょう。

体重増加がストップした時が、適正体重

生後6ヶ月を過ぎたら、こまめに体重をチェックして下さい。

体重増加が緩やかになってきたら、フードを子犬用から成犬用に替えましょう。

体重増加がストップした時の体重が、その犬にとっての生涯のベスト体重であるといわれます。

太り過ぎや痩せ過ぎの目安になるので、心配な場合はメモを取るなどして覚えておいて下さいね

キャバリアは肥満に注意しよう

キャバリアは食いしん坊が多いといわれます。

さらに小型犬は少し食べ過ぎただけで簡単に体重が増えてしまいます。

肥満になると心臓や骨格に負担をかけ、様々な病気を引き起こしてしまいます。

食餌の量は適量を守り、毎日の散歩で適度な運動を取り入れ、健康的な体を維持していきましょう。

肥満気味な愛犬に。犬のダイエット方法

2018.02.08

キャバリアの食餌の適量は?

食べることが大好きなキャバリアが、肥満にならないための食事の適量はどのようにして決めればいいのでしょうか。

便の状態から適量かをチェックする

まずは毎日の便の状態から食餌の量が適切であるかどうかをチェックしましょう。

便が程よい硬さであれば食餌量は適量です。

便がコロコロで硬い場合は食事量が少なく、便が柔らかすぎる場合は食餌量が多いと考えられます。

便の状態が悪いときは、消化不良をおこしている場合や、フードが体質に合っていないこともあるので、フードを変えたり食餌量を減らしたり回数を増やしたりしてみましょう。

フードの袋に記載されている量で決める

市販されているフードを食べている場合は、フードの袋の裏面に体重別の適量グラム数が記載されています。

食器の重さを引いたフードのグラム数が測れる計量器を使い、その犬の適正体重に合った量を与えましょう。

但し、袋に書かれている数量は平均的な目安です。

個体の痩せ具合や肥満度によって適宜調節する必要があります。

体重から計算する

犬の体重の約2.5%が適量(1kg=50~110cal)だといわれていますが、月齢や体型、運動量などによっても変わってきます。

幼犬は成長期にあるので適量の約2倍、老犬は代謝が落ちてくるので2,3割少なめに与えるのがいいとされています。

係数を割り出して必要カロリーを決める

月齢や年齢、避妊・去勢・肥満の有無などのライフステージを係数に換算して一日の食事の必要カロリーを出す方法です。

◎安静時エネルギー要求量(RER)=70×(適正体重㎏)の0.75乗(安静時エネルギーとは、生きているだけで必要なエネルギーのことです)

◎1日に必要なエネルギー量=安静時エネルギー必要量(RER)×ライフステージの係数

ライフステージ係数(犬の年齢別に生活状況を元にして出された係数)

・月齢4ヶ月まで:40

・月齢4ヶ月以降成犬になるまで:20

・避妊・去勢をしている成犬:1.6

・避妊・去勢をしていない成犬:1.8

・肥満気味の場合:1.2~1.4

キャバリアの肥満度を知るには

キャバリアの平均体重には開きがあるため、個々の骨格に合った体重を知ることが大切です。

ボディーコンディションスコアで肥満度を測る

愛犬のキャバリアが適正体重であるかを判断するには、常に適正な体型を保っているかどうかチェックする習慣をつけましょう。

ボディーコンディションスコアとは目と手で犬の体型を確認する方です。

◎肋骨を触る 

胸に手を置いて肋骨の上をそっと上下に撫ぜてみましょう。

肋骨が浮き出ているのが見えたり、撫ぜた手に肋骨が触れたりするときは痩せすぎです。

指先に力を入れて触らないと肋骨に振れないのは太りすぎだといえるでしょう。

◎ウエストラインを確認する

キャバリアを上から見たときに後ろ足の少し前にあるウエストラインが適度にくびれているのが標準体型です。

ウエストのくびれがなく箱型の体型になっているときは肥満体型です。

◎背骨の確認

首下から尻尾の付け根までの背骨のラインを手で触ってみましょう。

背骨がゴツゴツと手に触れるときは痩せすぎです。

背骨があることがわかる程度に触れられるのが適正体型です。

強めに触っても背骨に触れることができないのは肥満体型です。

キャバリアは食欲旺盛な犬種なので、常にボディーコンディションスコアで体型をチェックし、定期的に体重測定をして標準体型を維持することが大切です。

キャバリアのライフステージによる食餌の与え方

仔犬の頃とシニアや老犬になったときでは食餌の量や内容が違ってきます。

成長期である仔犬の頃は体重の多少よりも成長に必要な栄養をしっかり摂ることが大切になります。

また、シニア期にさしかかると運動量の減少や体力の低下から食餌の量も少なくする必要があります。

生後2~3ヶ月の食餌の与え方

この時期にキャバリアの仔犬を家に迎えたときは、基本的にそれまで食べていたフードをそのまま引き続いて食べさせます。

急にフードを変えたり、食餌の回数や柔らかさを変えたりすると胃腸を壊したりすることがあります。

ほとんどの子犬は市販の離乳食やパピー用の高カロリーフードを食べています。

子犬を買った所で同じフードを購入して、食餌のさせ方などを詳しく教えてもらいましょう。

この時期の子犬の食餌の回数は1日3~4回です。

生後4ヶ月~7ヶ月の食餌の与え方

ドライフードを与えるときは最初はお湯などでふやかして与え、少しずつ硬いまま食べられるように慣らしていきます。

この頃からおやつも与えてかまいませんが、与えすぎないように注意しましょう。

この時期の食餌の回数は1日2回が標準です。

生後8ヶ月頃の食餌の与え方

この頃には成犬としての体型が出来上がり、体重の増加が止まり安定してきます。

成犬用のフードに変える時期ですが、急に変えると胃腸を壊したりすることがあります。

今まで食べていたフードに少しずつ混ぜて、徐々に増やして慣らしていきます。

便の状態を見ながら、問題がなければ1週間を目処に成犬用フードに切り替えましょう。

この頃の食餌の回数も1日2回が標準です。

生後9ヶ月~7歳までの食餌の与え方

この時期はできるだけ体重を安定させるようにします。

普通の成犬用フードを規定量与えていても体重が増えるときは、食餌量を減らしたり、ダイエット用フードに切り替えてみましょう。

単なる肥満ではなく、何らかの疾病から体重が増えていることもありますので、急激に体重が増えたときなどは獣医師の診察を受けましょう。

獣医師から肥満だと指摘された場合は、その犬に適したダイエットフードを教えてもらうと安心です。

この頃の食餌の回数も1日2回が標準です。

8歳~老年期の食餌の与え方

シニア期から老年になってくると噛む力や消化能力が落ちてきます。

歯槽膿漏などから歯が抜けたり弱ったりして、ドライフードが食べにくくなることもあります。

ドライフードはふやかして与えたり、缶詰などのフードに変えていくといいでしょう。

今では噛めない高齢犬のためのペースト状のフードも沢山ありますので、うまく利用すれば必要な栄養を摂ることができます。

食餌の回数は基本1日2~3回ですが、一度に多くの量が食べられないときは、1回の食餌の量を減らして回数を増やしてやると負担なく食べることができます。

キャバリアのダイエット これで肥満解消!

食べるのが大好きなキャバリアは油断をするとすぐに肥満になってしまいます。

一度肥満になってしまうと標準体重に戻すのはなかなか大変です。

肥満のキャバリアの体重を減らすためにはどんなダイエットをすればいいのでしょうか。

肥満とは?

肥満は消費するカロリーより摂取するカロリーのほうが多いと、消費されなかったカロリーが脂肪として蓄積されておこります。

体重が基本体重の15%以上オーバーすると肥満といわれています。

キャバリアの標準体重が5kg~8kgですから、750g~1.2kg以上増えると肥満になります。

肥満にも種類がある?

肥満には肥満細胞が多くの脂肪を取り込もうとする「細胞肥大型肥満」と、脂肪細胞が増殖して増えていく「細胞増殖性肥満」があります。

「細胞肥大型肥満」は成犬になってからおこる肥満で、運動やダイエットフードの摂取などで脂肪細胞を縮小させることができます。

生後4ヶ月~5ヶ月の頃に過剰に栄養を摂りすぎると、どんどん肥満細胞が増え「細胞増殖性肥満」になります。

一度増えた脂肪細胞は減らすことができません。

成長期の肥満は太りやすく減りにくい体質になってしまうので、この時期の体重管理が最も重要になります。

肥満によるリスクは?

肥満は犬の体にさまざまな悪影響を与えます。

肥満によって引き起こされる疾病には次のようなものがあります。

・関節 重い体重でいろいろな部位の関節に負担がかかります。

軟骨がすり減ったり、押しつぶされたりして神経に触り痛みがでるようになります。

・呼吸器 肥満になるとより多くの酸素が必要になります。

呼吸の回数が増えるため呼吸器への負担が増えます。

また、肥満になると首周りに脂肪がつくので、気管が押し潰され呼吸がしにくくなります。

・糖尿病 肥満になると糖尿病になる可能性があります。

糖尿病は白内障などの合併症を引き起こすので注意が必要です。

1歳未満での発症はあまりありませんが、6歳を過ぎると発症率が高くなります。

ダイエットはどうすればいい?

犬の体重を減らすには摂取カロリーを減らすことと、消費カロリーを増やすことしかありません。

つまり、犬のダイエットは食餌量を少なくすることと、散歩や運動などでエネルギーを消費することの2つしかないということです。

ダイエットその1 食餌のコントロール

キャバリアは食いしん坊なので欲しがるだけ食べ物を与えるといくらでも食べます。

まずは一日の食餌の基準量をしっかり守ることが基本です。

キャバリアの肥満のほとんどが食餌の与えすぎとカロリー過多によるものです。

・人間が食べているものを与えない

人が食べているものを欲しがるからとつい与えてしまいがちです。

人間の食べ物は脂肪や塩分が多く犬の体にはよくありません。

食餌はドックフードのみ与えるようにしましょう。

・ドックフードの量を減らす

今与えている食餌量が適量でない場合があります。

フードのパッケージに書いてある適正量はあくまでも目安です。

適正量を与えていても肥満傾向にある場合はフードの量を減らしてみましょう。

フードの量を急に減らしすぎると、空腹がストレスになりますので少しずつ減らしていくようにします。

犬の食餌は1日2回が基本ですが、1日3回にするなど回数を増やしてやると、それだけ食べる喜びが多くなるので食餌量を減らしても満足感を得られます。

・ダイエットフードにする

市販のダイエットフードや低カロリーフードに変えてみるのもいいでしょう。

また、メインのフードを減らしてキャベツやにんじんなどの野菜を茹でたものでかさ増しをするのも効果的です。

牛肉や豚肉を与えていた場合は鳥のささみに変えるとカロリーを抑えることができます。

・おやつの与え方に注意する

食餌量は適量なのに肥満になる場合のほとんどがおやつの与えすぎです。

急におやつを与えるのを止めると要求吠えがひどくなる恐れがあります。

犬はおやつの大きさではなく貰える回数が多いほど喜びますから、小粒のおやつなどを数回に分けて与えると、満足感を与えながらおやつの量を減らすことができます。

おやつを与えるときは1日の食餌量からおやつの量を減らすようにしましょう。

おやつを茹でた野菜やささみなどに変えてもカロリーを抑えることができます。

ダイエットその2 適宜な運動

運動不足は肥満の大きな要素ですが、肥満になったから運動するのが嫌いになるということもあります。

太りすぎると動きも緩慢になるので散歩に出るのを嫌うことがあります。

動かなければますます肥満になりますから、無理強いはしないように少しずつでいいので散歩の量を増やしていきましょう。

肥満の犬の場合、過度な運動は足腰や心臓などに負担がかかります。

ゆっくりと歩く長め散歩を楽しみながら続けることが大切です。

肥満であまりにも散歩や歩くのを嫌がるときは、関節や腰などに問題がある場合がありますので獣医師の診察を受けるようにしましょう。

ダイエットは家族の協力が必須!

犬のダイエットを成功させるには、家族全員の協力が欠かせません。

食餌を与える人だけがカロリーコントロールに励んでも、見えないところで家族がおやつや自分の食べ物を与えていては、いつまでたっても肥満の解消にはなりません。

肥満は犬にとって健康を害するだけではなく、寿命を縮める原因になるということを家族全員が理解することが大切です。

この記事のまとめ

キャバリアの適正体重について
・キャバリアの成犬時の平均体重 体高31~33cmの犬で5~8kg

・キャバリアの成長に合わせた体重推移 誕生時約300g・生後1ヶ月約1.0kg・生後3ヶ月約2.0kg・生後6ヶ月約4~5kg・生後8ヶ月約5~7kg・生後12ヶ月約5~8kg

・キャバリアの食餌の適量の決め方 便の状態を見る・パッケージの適正量で与える・カロリー計算をする・体重で決める

・キャバリアの肥満度の調べ方 ボディーコンディションスコアで確認する

・キャバリアの肥満ダイエット 適度な運動や散歩・食餌量を減らす・ダイエットフードの利用

最後に

キャバリアはもともと小型犬にしては大きめで、活発で元気な犬種なので食欲も旺盛です。

食べ過ぎるとすぐに肥満になってしまうので、飼い主の食餌コントロールが欠かせません。

可愛いからとついおやつや自分の食べているものを与えがちになりますが、そこはぐっと我慢して愛犬の健康のために適切な食生活を守ってあげましょう。

正しい食餌で愛犬が少しでも長く健康で幸せな時間を過ごせるようにしてあげたいですね。