キャバリアにトリミングは必要?被毛のお手入れと注意点

全身を覆う柔らかな被毛が特徴のキャバリアですが、トリミングは必要なのでしょうか。また美しい毛を維持するためにはどのようにお手入れしていけば良いのでしょうか。キャバリアのトリミングとお手入れのポイントをご紹介します。

キャバリアにトリミングは必要ない?

キャバリアは一定の長さで毛が抜け変わる犬種なので、本来トリミングは必要のない犬です。しかしながら、トリミングすることで生活が楽になることもあります。

抜け毛対策

キャバリアは抜け毛の多い犬種です。短くカットしたり、アンダーコート(下毛)だけを取り除いたりするブラッシングにより、抜け毛を減らすことができます。

衛生面

耳の毛がエサ皿に入る、お尻周りに便が付くなど、不衛生に感じる部分はカットした方が良いでしょう。また足の裏の毛が伸びていると滑りやすくなるので、こちらもこまめにカットしたい部位です。 そしてキャバリアの垂れ耳は通気性が悪く、耳の病気にもなりやすいです。耳の内側の毛をカットしておくと、病気予防の一助になります。

キャバリアのお手入れ方法は?

トリミングは必要ではないキャバリアですが、お手入れが不要というわけではありません。定期的なお手入れは愛犬とのスキンシップにもなるので、しっかり行いましょう。

ブラッシング

キャバリアのように毛の多い犬は、毎日ブラッシングを行いましょう。マメにお手入れすることで、毛玉にもなりにくく抜け毛も減ります。また全身に触れることになるので、病気にも早く気付くことができます。

シャンプー

1ヶ月半に一度はシャンプーを行うようにしましょう。清潔にしたいからといってシャンプーをやり過ぎると、皮脂を除去しすぎて肌にも被毛にもよくありません。シャンプーの後はアンダーコートまでしっかり乾かしましょう。

耳掃除

垂れ耳の犬は蒸れやすく耳垢も溜まりやすいので、耳掃除が必須です。濡らしたガーゼで優しく拭き取りましょう。臭いが気になる時は、専用のスプレーもあります。シャンプーの時に洗うのも効果的ですが、シャンプー後はしっかり水気を拭きとって下さい。

肛門腺、爪切りなど

犬の肛門付近にある肛門腺という部分からは臭いのある分泌物が出ます。使わないと詰まってしまうので、シャンプーの時に指で押して出してあげましょう。また爪が伸びすぎると肌や肉球を傷付けることがあります。定期的にお手入れして下さい。 キャバリアはトリミング不要の犬ですが、お手入れはきちんと行いましょう。愛犬のシャンプーなどを大変に感じる時は、トリミングサロンを利用するのも良いですね。しかしブラッシングや耳のお手入れは、サロンだけでは間に合いません。毎日少しずつでも愛犬のお手入れをする時間を取るようにしましょう。