キャバリアのお風呂の入れ方は?嫌がる場合のコツ、シャンプーの頻度

愛犬にはいつも清潔でいて欲しいものです。同じ室内で暮らす犬ならなおさらですよね。ではキャバリアのお風呂の頻度はどのぐらいが適切なのでしょうか。また愛犬がお風呂を嫌がる場合はどうすれば良いのでしょうか。キャバリアのお風呂の入れ方について、ご紹介します。

キャバリアに適したお風呂とは?

お風呂の頻度は月1回

犬は人間のような汗をかかないため、毎日のようにお風呂に入らなくても大丈夫です。1ヶ月~1ヶ月半に一回が最適といわれています。あまりに頻繁にシャンプーすると皮脂が落ちすぎて、皮膚が乾燥したり皮膚炎になったりするので気を付けましょう。 手足が汚れた時は部分洗いするのが良いでしょう。水の要らないシャンプーを常備しておくと乾かす手間が省略できるので便利ですよ。

ぬるめのお湯が適温

キャバリアをお風呂に入れる時には、お湯の温度に注意しましょう。犬には、35~37度ぐらいのお湯が適温といわれています。全身が毛に覆われた犬は、体温の調整が苦手です。熱いお湯を浴びてしまうと、すぐに熱を外に逃がすことができないために体調を悪くしてしまう恐れがあります。

キャバリアのお風呂嫌い対策

キャバリアに限らず、お風呂が嫌いな犬は多いです。雨や雪は平気なのに、なぜかお風呂は嫌いというケースも少なくないようです。お風呂嫌いの原因は犬によってまちまちですが、
  • 閉塞感
  • 過去に嫌なことがあった
  • 自分の臭いを消されるのが嫌
  • 水が嫌い
  • 怖い
などが挙げられます。恐怖感や嫌悪感を完全になくすことは難しいですが、「マシな状態」にしていくことは可能です。そのためにも定期的にお風呂に入れることが大切です。

お風呂に慣らすために

お風呂が嫌いな犬は、まずはお風呂場に慣らすことから始めましょう。シャンプーをしない日でもお風呂場に入れるようにして、お風呂場は安全な場所だと徐々に覚えさせます。 お風呂場でおやつをあげたり、おもちゃで遊んだりを繰り返していきます。その時、飼い主さんも大げさなぐらい楽しんでみせて下さい。慣れてきたら、少しだけ足にお湯をかけてからおやつを与えるようにしてみましょう。嫌がらずにできたら、「いい子だね」とたくさん褒めてあげて下さい。

お風呂で暴れる場合は

自宅のお風呂場で洗う時は基本的にノーリードですが、愛犬が暴れる場合は、危険防止のためにリードを短く結んでシャンプーしましょう。また洗面台など高い場所で洗う方が、犬は大人しくなります。 あまりに嫌がる場合は、お風呂嫌いを増幅しかねないので、無理にシャンプーしないようにしましょう。家庭よりも設備が整ったトリミングサロンを活用するのがおすすめです。家では暴れてしまう犬でも、見知らぬ人に洗われると大人しくなることもあります。 キャバリアをお風呂に入れる時は、決して無理強いせず、徐々に慣らすことが大切です。成長とともに、大人しくなることもあります。愛犬がお風呂を好きになれるように、シャンプーしている時はたくさん褒めてあげて下さいね。