キャバリアのシャンプーのやり方~洗い方の手順とポイント~

キャバリアは定期的にシャンプーすることで、被毛や皮膚を清潔に保つことができ、ダニやノミを予防することができます。シャンプー嫌いな犬も多いですが、少しでも克服してもらえるような、犬が快適に感じるシャンプーのやり方をマスターしましょう。

キャバリアのシャンプーの手順

シャンプーをする前にブラッシングを済ませておきます。シャンプー、リンスをはじめ、バスタオルなどを準備してからシャワーを開始しましょう。

1.体全体を濡らします

犬にシャワーをする時は、37度前後のお湯が適温です。人間にとってちょっとぬるいぐらいが犬にはちょうど良いので注意しましょう。 シャワーヘッドを犬の体に当てながら、強すぎない水圧でシャワーしていきます。体の後ろ(お尻)から前(顔)という順番が基本です。キャバリアは毛が密になっているので、じっくりと濡らしていきましょう。皮膚までしっかり濡らすことで汚れを浮き出すことができ、後のシャンプーも入りやすくなります。

2.四肢を洗います

初めはシャンプーをつけずに、足の指の間まで揉み洗いするように洗います。爪の毛が被さっている部分や肉球の隙間は汚れが溜まりやすいのでよく洗いましょう。

3.しっぽ→お尻→背中→お腹→顔の順に洗っていきます

シャンプーを泡立てながら洗っていきます。皮膚を洗う時は爪を立てないで指の腹を使って、マッサージするように洗います。被毛は軽く揉み洗いしましょう。 顔を洗う時は、目や鼻にシャンプーやお湯が入らないように注意します。キャバリアは鼻が短い犬種なので洗いにくいかもしれません。その場合は、スポンジを使ってくるくると円を描くように洗って下さい。 忘れてはならないのが耳の洗浄です。耳の内部にシャンプーなどを入れないために、耳を外側に折って洗うと良いでしょう。

4.シャンプーと逆の順番で洗い流します

洗い流す時は顔から始めます。顔や背中など、高いところから流していきましょう。すすぎ残しがあると皮膚炎の原因になるので、しっかりシャワーして下さい。

5.リンス(トリートメント)を全体につけて流す

キャバリアのふわふわの被毛をキープするためにも、ぜひともリンスは使いましょう。被毛全体につけて、シャワーで洗い流します。ペットボトルなどにリンスとお湯を入れて混ぜたものを全身にかけると簡単にできますよ。最後はきっちりすすぎましょう。

6.しっかり乾かして、おしまいです

洗い終わったら愛犬にブルブルッとしてもらい、水分を飛ばします。耳に息を吹きかけると犬はブルブルをします。その後、毛の水分を手で絞り、吸水性の良いタオルで拭き取ります。耳の中までしっかり拭いて下さいね。 最後にドライヤー、ブラッシングをして完成です。 参考URL: http://www.green-dog.com/feature/topics/20120419/

キャバリアがシャンプー好きになるために

声をかけよう

飼い主さんが愛犬に声をかけながらシャンプーしてあげて下さい。「きれいになったねー」「気持ちいいね」など、楽しそうに話しかけるのがポイントです。ただ黙々とシャンプーするのは、飼い主さんにとってもつまらないですよね。楽しみながら行いましょう。

終わったらご褒美をあげよう

シャンプーが終わった後に、普段より少し豪華なおやつをあげましょう。シャンプー後の犬はテンションが上がりやすいので、たっぷり遊んであげることもご褒美になりますよ。 シャンプーをした後のキャバリアは、ふわふわでとてもきれいになります。犬はもちろん、飼い主さんもすっきりすることは間違いありませんので、ぜひ定期的にシャンプーしてあげて下さいね。