キャバリアに服は必要?犬服のメリットと選ぶ時の注意点


キャバリアに服を着せる3つのメリット

1.抜け毛の舞い散りを防止

キャバリアは抜け毛の多い犬種で、換毛期でなくても常に抜けます。
そこで洋服を着せることで、抜け毛が舞い散る量を減らすことができるようになります。

2.寒さ・暑さ対策

洋服を着せることは、防寒対策にもなります。
キャバリアは密になった下毛を有しながらも、寒がりな個体が多いようです。
暑い日には冷却Tシャツ、雨の日にはレインコートなど、季節や天候に合わせた洋服を持っておくのも便利です。

3.全身を触られても平気に

洋服を着せる時は、頭から被せたり足を通したりと犬の全身を触る機会が増えます。
子犬の頃から洋服に慣らしておくことで、全身のどこを触られても平気な犬になります。
これは病気やケガをした時に役立ちます。

キャバリアの服選びのポイント

いざ犬服を選ぼうと思うと、種類が豊富で何を基準に探せばいいのか分からなくなることもあります。
キャバリアの服選びのポイントをチェックしておきましょう。

サイズを図ろう

まずは愛犬のサイズを知っておくことが大切です。
犬服はサイズ展開が豊富です。
またメーカーによってサイズの基準が違います。
そのためSMLという表記よりも、寸法(cm)を見て選ぶようにしましょう。
犬服で必要になるのは、首回り・胴周り、体長です。
特に首と胴が入らなければ着ることができないので注意して下さい。

動きやすい素材を選ぼう

綿素材など軽くて動きやすいものを選びましょう。
化繊系は静電気が起きることが多いので注意が必要です。
犬によっては袖があるタイプが苦手だったり、チャックに毛を噛んだりすることがあります。
愛犬に合うものを選びましょう。

抜け毛の目立たない色を選ぼう

洋服を着せていると、どうしても服に抜け毛が付きます。
抜け毛が目立ちにくい服の色を選べば、見た目がスッキリします。
白毛なら薄いカラー、黒毛なら濃いカラーの洋服がおすすめです。
キャバリアに服を着せることには様々なメリットがあります。
とは言え、愛犬が嫌がる時は無理に着せないようにしましょう。
また飼い主さんの趣味を押し付けて着心地の良くない服を着せたりすると、愛犬との信頼関係も崩れてしまいます。
飼い主さんも犬も楽しめる洋服選びをしていきましょう。