キャバリアに服は必要?犬服のメリットと選ぶ時の注意点


キャバリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:9~14歳
  • 価格相場:10~25万円
キャバリア,小型犬

キャバリアの概要

キャバリアの正式名称は「キャバリア キング チャールズ スパニエル」です。

キャバリアは19世紀初頭にイギリスで誕生しました。
祖先犬は16世紀ごろに存在していたと考えられており、当時は猟犬として活躍していたようですが、その後愛玩犬として改良され作出されたのが「キャバリア キング チャールズ スパニエル」となります。

名前のキャバリアは「中世の騎士」を意味し、イギリスのチャールズ1世・2世に愛されていたことでも知られています。

優雅な身のこなしと優しく穏やかな性格を持ち合わせたキャバリアは、現在でも世界中で人気のある犬種です。

キャバリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5~8kg
  • 体高:30~33cm
  • 被毛:長毛(ロングコート)
  • 毛色:ブラック&タン・ルビー・ブレンハイム・トライカラーの4色
キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳..

【大きさ】

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬です。
個体によって、小型犬としてはやや大きめな印象を受けます。

体高よりも体長がやや長めで、がっしりとした骨格を持っています。
その割には軽やかな歩様と優雅な身のこなしを見せてくれます。

【顔】

平らな額と大きめの垂れ耳が特徴的です。
丸く大きな目からは穏やかな印象が感じ取ることができます。

【被毛】

キャバリアの被毛は、長毛のロングコートで細くしなやかな毛質をしています。
耳や胸部、四肢などに生えている飾り毛が特徴的で、緩やかにウェーブがかっているか強い巻き毛の個体もあります。
ダブルコートの犬種のため、抜け毛があり換毛期には特に多くの抜け毛が目立ちます。

【毛色】

キャバリアの被毛には4種類あり、ブラック地に目の上や頬などにタン(茶色)が入った「ブラック&タン」、白地に茶色が入った「ブレンハイム」、全身が明るい茶色の「ルビー」、ブラック&ホワイトにタンが入った「トライカラー」があります。

キャバリアの性格・気質

  • 明るく陽気
  • 攻撃性が少なくフレンドリー
  • 愛情深く甘え上手
  • 留守番は苦手

キャバリアの性格・気質①
~明るく陽気で社交的~

キャバリアは、明るく陽気な性格をしています。

飼い主に対しては特に愛情深く、見知らぬ人や他の犬・動物に対しても社交的でスキンシップを求めたがるような性格をしています。
そのため、番犬としては不向きです。

寂しがり屋な性格とも言えるため、留守番は苦手とすることが多いようです。

キャバリアの性格・気質②
~飼いやすい犬種~

キャバリアは、性格面での飼いやすさからも定評がある犬種です。

元々は外で飼育できるように改良された経緯を持つ犬種ですが、非常に寂しがり屋な犬種なため室内飼いが基本となります。

攻撃性が極めて少なく、また忍耐強さも持っていますので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも飼いやすいでしょう。

また、遊びが大好きで外では好奇心旺盛に活発に過ごしますが、室内では飼い主に寄り添い大人しく過ごすこともできるため、高齢者が単独で飼育するのにも向いている犬種です。

キャバリアに服は必要?

犬に服を着せることについては賛否両論があります。

反対派の人としては、「犬に服を着せることは人間のエゴだ」という意見が多いようです。
確かにファッションだけを重視して、犬のことを無視した服の着せ方は人間のエゴになるでしょう。

しかし、犬に服を着せることでメリットをもたらす着せ方もあります。

キャバリアに服を着せる必要はあるのか、まずは服を着せることで得られるメリットから見ていきましょう。

キャバリアに服を着せるメリット

キャバリア,小型犬

メリット① 抜け毛の舞い散りを防止

キャバリアの毛の構造は、ダブルコートという上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の二重構造になっている犬種です。
そのため、抜け毛の多いことが特徴で、特に換毛期にはより多くの抜け毛が目立ちます。

そこで、犬服を着せることで抜け毛が舞い散る量を減らすことができるようになるでしょう。

とくに公共の場へ出かける場合には、周りの人への配慮を兼ねたマナーの一貫として犬服を着せてあげましょう。
ドッグカフェなど公共施設では服を着せることが入店ルールになっていることも多いですよ。

メリット② 寒さ・暑さ対策

洋服を着せることは、防寒対策にもなります。

キャバリアはイギリス生まれの犬種で、比較的寒さには強い犬種だと言われています。
しかし小型犬は、体温を保温する機能が低いこと、また室内で飼育されているために寒さへの耐性が落ちてしまっていることから寒さを感じやすい個体も少なくありません。
キャバリアも同様、密になった下毛を有しながらも寒がりな個体が多いようです。

そのため、冬場の散歩や外出時の寒さから守ってあげるためにも犬服が役立ちます。
防寒性の高い犬服を着せてあげましょう。

逆に、暑さ対策としても犬服が有効な場合があります。

豊富な毛量に覆われたキャバリアは暑さに弱い犬種です。
そんなキャバリアが快適に過ごせるよう、冷感素材のある服を着せてあげると良いでしょう。

また、夏に定番のカットスタイル「サマーカット」によって起こる紫外線ダメージも服を着せてあげることで防ぐことができるでしょう。

メリット③ 汚れ防止

キャバリアは耳や胸部、四肢などに長く豊富な飾り毛が生えています。
優雅な印象を与えるキャバリアの特徴でもありますが、散歩などのお出かけの際には、砂ホコリや地面に落ちているゴミ、枯れ葉などを絡め取り汚れやすいものです。
また、ノミやダニなどの寄生虫まで寄せ付けてしまうこともあるでしょう。

そこで服を着せておくことで、汚れないようしてあげることできます。

雨の日でも散歩に行きたがる元気いっぱいのキャバリアには、レインコートを着せてあげることで濡れることを防ぐ他、泥汚れがつかないようにしてあげることもできます。

また、食事の時などに汚れやすい長い垂れ耳には耳バンド・スヌードを使うことで防ぐことができます。

メリット④ 患部の保護

ダブルコートの被毛を持つキャバリアは、日本の高温多湿の環境下では皮膚疾患を起こしてしまうことがあります。
その他のケガや術後の際にも、犬服によって患部を保護することができます。

患部を舐めることで炎症を起こしたり、患部に塗った薬を舐めとってしまうような心配がなくなるのです。

メリット⑤ 全身を触られても平気に

犬服を着せる時は、頭から被せたり足を通したりと犬の全身を触る機会が増えます。

子犬の頃から洋服に慣らしておくことで、全身のどこを触られても平気な犬になります。
これは病気やケガをした時やグルーミングを行う際にも役立ってくるでしょう。

キャバリアの服選びのポイント

いざキャバリアのために服を選ぼうと思っても、種類が豊富で何を基準に探せばいいのか分からなくなることもあります。
ついデザインが可愛いものを選びたくなってしまう気持ちもあるでしょう。
それでもデザイン重視で選ぶ前に、キャバリアの服選びのポイントをチェックしておきましょう。

キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳.バンダナ

ポイント① 適切なサイズを図ろう

服選びで最も大切なのは、愛犬のサイズを知っておくことです。

犬服にはサイズ展開が豊富にありますが、その中から愛犬キャバリアにぴったりのサイズのものを選ぶようにしましょう。
サイズが合わない服を着せてしまうと、犬にとってストレスとなったりケガの原因になってしまうこともあります。

一般的にキャバリアは体重5~8kgと言われており、Mサイズ~XXLサイズが基準のサイズとなるでしょう。
ただし、体高よりも体長が長いやや胴長な体型をしているため、服のデザインによってはDMやDLなどのダックスサイズが適している場合もあります。

ただし、メーカーによってサイズの基準が違うため、サイズ表記よりも実際の数値を基準にしましょう。

愛犬にぴったりの服を選ぶためには、愛犬のサイズを知っておく必要があります。

【サイズの図り方】

犬服で必要になるのは、「首回り」「胴周り」「体長」のサイズです。
特に首と胴が入らなければ着ることができないので注意して下さい。

「首回り」は、首の付け根辺りの1周のサイズです。
首の下や首輪の位置とは異なるので注意しましょう。

「胴回り」は、胸囲のサイズのことで、肋骨(あばら骨)の1番深い部分を1周したサイズです。
キャバリアが立った状態で横から見た時に、肋骨の中で1番地面に近くなっている1番太いところを測りましょう。

「体長」は、着丈のことで首の付け根から骨盤あたり、または尻尾の付け根までを図ったサイズのことです。
背骨に沿ってサイズを測りましょう。
服のデザインによって、骨盤までの長さか尻尾の付け根までかが変わってくるので、どちらの長さも把握しておくと良いでしょう。

ポイント② デザインよりも動きやすさで選ぶこと

犬服の素材には、綿やニット、メッシュ地、フリルなど様々な素材やデザインのものがありますが、キャバリアが服を着ていても動きやすいものを選ぶことが大切です。

ゴワゴワする素材や伸縮性のない素材は犬にとって動きにくく、とくに化繊系は静電気が起きることが多いので注意が必要です。

また、犬によっては袖があるタイプが苦手だったり、チャックに毛を噛んだりすることなどもあります。

できれば伸縮性のある綿素材などでできた軽くて動きやすいデザインのものを選ぶようにしましょう。

ポイント③ 季節やTPOに合わせたものを

近年の犬服には、様々な機能性を持った服が販売されています。

例えば、冷感素材や保温機能、虫よけ加工、アレルギー対策などです。
こういった機能性のある服を、季節やTPOに合わせて選んであげましょう。

ポイント④ 抜け毛の目立たない色を選ぼう

キャバリアは抜け毛が多い犬種です。

服を着せることで抜け毛の飛散を防止することができるメリットがあるのも事実ですが、犬服を着せていても服に抜け毛が付いてしまうこともあります。
例えば、黒の素材の犬服を着せていると、キャバリアの「ブレンハイム」や「ルビー」といった毛色は抜け毛が目立ちやすくなってしまうでしょう。

そこで、キャバリアの毛色に合わせて抜け毛が目立ちにくい服の色を選べば、見た目がスッキリします。

白毛なら薄いカラー、黒毛なら濃いカラーの洋服がおすすめです。

キャバリアに服を着せるときの注意点

注意点① 服に慣れるまではゆっくりと

愛犬との外出時ではマナーの一貫として犬服が役立ったり、暑さや寒さ対策など健康を守るためにも役立つ犬服ではありますが、犬にとっては違和感を感じるものです。

特に、服を着る習慣がない犬にとっては、嫌がって逃げるようになったり、服を破壊してしまうようなことも考えられます。
服を着せることがストレスにも繋がってしまいますので、犬服に少しずつ慣らしてあげることが大切です。

着心地が良く、できるだけ違和感を感じにくいデザインのものを、日常の中で短時間から着せて慣れさせていきましょう。

犬服を着せたらおやつを、あげる、遊んであげるなどして楽しいイメージを持たすとより慣れてくれるかもしれません。

そして焦らずゆっくりと犬服を着ている時間を延ばして慣れさせてあげましょう。

注意点② 無理やり着せないこと

子犬のころから犬服を着る習慣があれば嫌がることは少ないでしょうが、中には犬服嫌いになってしまう子も少なくありません。
そんな子に無理やり犬服を着せることはやめましょう。

それでも、犬服嫌いにならないようにしてあげることも大切です。
そうすることで愛犬の健康を守りながら、愛犬とのお出かけ先が増えたりとより充実した生活が送られるようになるでしょう。

キャバリアが服を嫌がる理由の1つに、着せ方が間違っていることがあります。
間違った着せ方のせいで痛い思いをしているのです。

よくある間違った着せ方は、犬服を首に通し前脚を袖に通すときです。
力を入れて嫌がるため、無理やり前脚を真横に開いてしまってはいませんか?
犬の前脚は人間のように真横には広がりません。

前脚を前後に折り畳んであげることで袖も通るようになっているので、無理な体勢をさせることなく着せられるようにしましょう。

他にも、キャバリアの体にぴったりのサイズのもの、季節やTPOに合わせた服を選び、キャバリアが快適に過ごせることを1番に考えて犬服を選んであげるようにしましょう。

注意点③ 着せっぱなしにしないこと

メリットも多い犬服ですが、メリットばかり考えて犬服を24時間着せっぱなしにすることはしないようにしましょう。

犬服を長く着ていると、服の内側に抜け毛やフケが溜まって不衛生な環境となってしまいます。
被毛がほつれやすくなってしまうこともあります。
さらに、服の中が蒸れやすく皮膚疾患を起こしてしまうことも考えられるでしょう。

散歩などの外出時や来客時など犬服を着せるシュチュエーションを決めておき、着せる時と着せない時のメリハリをつけて上手に犬服を活用していきましょう。

また、こまめに犬服を洗って清潔なものを着せてあげることも大切です。

この記事のまとめ

キャバリアに服は必要?犬服のメリットと選ぶ時の注意点
  • キャバリアに犬服を着せるメリット
    ① 抜け毛の舞い散りを防止:ドッグカフェや公共施設ではルールになっていることも
    ② 寒さ・暑さ対策:寒さと暑さに弱いキャバリアを守ることができる
    ③ 汚れ防止:飾り毛に付きやすい汚れやノミダニを防ぐこともできる
    ④ 患部の保護:皮膚病やケガなどの舐め防止に役立つ
    ⑤ 全身を触られても平気に:病気やケガ、グルーミングに慣れやすい
  • キャバリアの服選びでは、キャバリアが快適に過ごせることを重視すること
    「首回り・胴回り・体長を測ってキャバリアにぴったりのサイズのものを。
    デザインによってはダックスサイズが合うことも」
    「デザインよりも動きやすさを重視した生地とデザインのものを」
    「季節やTPOに合わせた服を選ぶこと」
    「被毛カラーによって抜け毛の目立ちにくい服選びがおすすめ」
  • 犬服に慣れるまではゆっくりと慣らせること
  • 嫌がる犬に無理に着せないこと。嫌がる場合には着せ方に注意
  • 24時間着せっぱなしにせず、メリハリをつけること

キャバリアの服選びのポイントや注意点 さいごに

犬服は必ずしもキャバリアに必要というものではありませんが、犬服を着せることによって多くのメリットがあるのも事実です。
とは言え、愛犬が嫌がる時は無理に着せないようにしましょう。
また飼い主さんの趣味を押し付けて着心地の良くない服を着せたりすると、愛犬との信頼関係も崩れてしまいます。
飼い主さんもキャバリアも一緒に楽しめる犬服選びをしていきましょう。