キャバリアの良い里親の探し方は?犬の里親になる方法

犬を飼おうと思った時、ペットショップやブリーダーから迎える以外にも、里親として入手する方法もあります。キャバリアのような人気犬種は、飼う人が多い反面、手放す人も多いのが悲しい現実です。ここでは、良い里親を見付ける方法をお伝えします。

キャバリアの里親募集の探し方

キャバリアの里親を見付けるには様々な方法がありますが、代表的なものを紹介します。

インターネットの募集サイト、SNS

インターネットで検索すると、ペットの里親募集のサイトがいくつも見付かります。キャバリアの里親募集も出ることがあります。また、やむを得ずペットを飼えなくなった個人が、ツイッターなどSNSを通じて里親を募集していることもあります。

動物愛護センター(保健所)や保護団体

都道府県が運営している動物愛護センターやボランティア団体などでも里親募集をしています。定期的に見学会をしているところも多いので、気になる犬がいれば参加してみましょう。

動物病院、ペット関連のお店

病院やドッグカフェ、ペットグッズ販売店には、里親募集の告知が貼ってあることもあります。

キャバリアの良い里親は、犬のことを真剣に考えている

里親募集をしている犬は、一度は人間に捨てられた犬たちです。程度の差はあれ、どの犬も心に傷を負っています。そういった犬のために、次こそはきちんとした飼い主さんを見付けようとしている人・団体なら、良い里親といえるでしょう。 犬を終生可愛がってくれる人かどうか判断するために、多くの質問をされることがあります。家族構成、住宅事情、犬の散歩時間、留守時間、不慮の事態で飼えなくなった場合の引き取り手の有無などです。煩わしく感じられるかもしれませんが、犬を飼うことについてどれほど真剣に考えているかを判断するためなので、受け入れるようにしましょう。

こんな里親には注意しよう!

ワクチンや交通費以外の費用を要求してくる

譲渡に際しては、狂犬病注射代やワクチン代を請求されることがあります。その時は必ず領収書を確認するようにしましょう。譲渡とは明らかに関係のない、過去の病気の治療費などを請求してくるのは筋違いです。きっぱり断りましょう。

犬が不健康そう

犬に対面した時は、健康状態をチェックしましょう。栄養失調の犬や出産を繰り返した交配犬を引き渡してくる、里親制度を悪用したブリーダーもいるので注意して下さい。もちろん初めから交配犬だと分かって引き受ける分には問題はありませんが、そのことを隠している里親だと信用はできません。 里親としてキャバリアを迎えることは、ひとつの命を救うことに繋がります。しかし通常の購入時よりも審査が厳しく、なかなか希望通りの犬に出会えないなどの側面もあります。それでも、一度は見捨てられた犬と心が通じ合う瞬間は、とても嬉しいものです。子犬から飼いたいという希望が強くないのなら、里親になることも検討してみてはいかがでしょうか。