キャバリアの寒さ対策、留守番、夜も安全な防寒方法とは?


キャバリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:9~14歳
  • 価格相場:10~25万円
キャバリア,小型犬,ブラックタン

キャバリアの概要

キャバリアは、イギリスを原産国とする小型犬です。

正式名称は「キャバリア キング チャールズ スパニエル」ですが、「キャバリア」や「キャバ」の愛称で親しまれています。

名前のキャバリアは「中世の騎士」を意味し、騎士らしく気品があり雄々しい印象を受けます。

祖先犬は16世紀ごろに存在していた猟犬として活躍するスパニエル系の犬ですが、愛玩犬として改良され、19世紀に「キャバリア キング チャールズ スパニエル」が誕生することとなりました。

家庭犬として優れた性格を持ち合わせており、世界中で人気のある犬種です。

キャバリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5~8kg
  • 体高:30~33cm
  • 被毛:長毛(ロングコート)
  • 毛色:「ブラック&タン」「ルビー」「ブレンハイム」「トライカラー」の4色

【大きさ】

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬です。
体高よりも体長がやや長めで、がっしりとした骨格を持っています。
その割には軽やかな歩様と優雅な身のこなしを見せてくれます。

【顔】

平らな額と大きめの垂れ耳が特徴的です。
丸く大きな目からは穏やかな印象を感じ取ることができます。

【被毛】

キャバリアの被毛は、長毛のロングコートで細くしなやかな毛質をしています。
耳や胸部、四肢に生えている飾り毛が特徴的で、緩やかにウェーブがかっているか強い巻き毛の個体もあります。
ダブルコートの犬種のため、抜け毛があり換毛期には特に多くの抜け毛が目立ちます

【毛色】

キャバリアの被毛には4種類あり、ブラック地に目の上や頬などにタン(茶色)が入った「ブラック&タン」、白地に茶色が入った「ブレンハイム」、全身が明るい茶色の「ルビー」、ブラック&ホワイトにタンが入った「トライカラー」があります。

キャバリアの性格・気質

  • 明るく陽気
  • 攻撃性が少なくフレンドリー
  • 愛情深く甘え上手
  • 留守番は苦手

キャバリアの性格・気質①
~理想の家庭犬~

キャバリアは、良き家庭犬としての気質を持ち合わせた犬種です。

明るく心優しい性格の持ち主で、とてもフレンドリーな性格をしています。
見知らぬ人や他の犬・動物に対しても積極的にスキンシップを求めたがります。
争いごとを好まず、人の膝の上に乗ったり抱っこされることを好むような大の甘えん坊です。

さらに賢さもしっかりと持ち合わせていますので、しつけやすい犬種でもあります。

ただし、甘え上手な性格からつい甘やかしてしまうとわがままな子になってしまうでしょう。
キャバリアの良い気質を引き出すためにも、飼い主が主導権を握ってしつけを行うことが大切です。

キャバリアの性格・気質②
~子どもさんや高齢者まで幅広い家庭層向き~

愛情深く人間が大好きなキャバリアは、コミュニケーションを多く求めたがります。
そのため、飼い主とコミュニケーションが取りやすい室内での飼育が基本となります。

攻撃性が極めて少なく忍耐強い性格をしていますので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも飼いやすく、室内では飼い主に寄り添い大人しく過ごすこともできるため高齢者が単独でも飼いやすい、まさに万人向けの性格の持ち主です。

ただし、あまりにも友好的な性格をしているため番犬として飼うのには向いていないことや、留守番を苦手する犬種でもあります。

キャバリアに寒さ対策は必要?

犬は、比較的寒さに強い動物だと言われています。

これは、犬の体温は38度前後と人よりも高く、さらに全身を被毛に覆われているため、人よりも寒さへの耐性があるためです。
しかし、犬種や個体によっても寒さへの耐性が異なります。

それでは、キャバリアは寒さに強い犬種なのでしょうか。また、キャバリアが寒い時に見せる仕草や行動について見ていきましょう。

キャバリアは寒さに弱い?

寒さへの耐性は犬によっても異なりますが、一般的には被毛の構造で差が出ます。
被毛の短い犬や、被毛の構造がシングルコートからなっている犬種は、体熱を放散しやすく寒さに弱い傾向にあるのです。
他にも、大型犬より小型犬は体が小さいために体熱の保温機能が低く、寒さへの耐性が弱い傾向にあります。

キャバリアは、飾り毛が長く被毛の構造が二重構造からなるダブルコートの犬種です。
しかし、キャバリアは小型犬であるために寒さに弱いと考えた方が良いでしょう。
また、室内で飼育されることが多い犬種ですので、寒さへの耐性が低下していることもあります。

そのため、ダブルコートを持つキャバリアでも、寒さへの対策が必要になるでしょう。

キャバリアが寒い時に見せる仕草や行動とは?

キャバリアが寒いと感じている時、人のように「寒い」と言葉で訴えることはできません。
それでも何かしらのサインを出しているはずです。

そのサインを見逃してしまわないよう、キャバリアが寒いと感じているときに見せる仕草や行動について知っておきましょう。

  • ぶるぶると小刻みに震える
  • 体を丸める
  • 日向や毛布、ヒーター前などの暖かい場所に移動する
  • 散歩に行きたがらない
  • 寝ている時間が増える、朝寝坊になる
  • 水を飲む量が減る

中には寒いと吠えて訴える犬もいるようです。

しかし、キャバリアが寒がっているサインを見逃さず仕草や行動から読み取ってあげること、そしてキャバリアが快適に過ごせるよう防寒対策をしてあげることが大切です。

キャバリアが快適に過ごせる環境とは?

犬が快適に過ごせる温度には犬種によっても異なります。

キャバリアの場合、室温23~25℃が快適に過ごしやすいとされています。
また、湿度も体感温度に与える影響は大きく、理想的な湿度は40~60%です。

犬は人間よりも寒さへの耐性がありますが、冷たい空気は低い場所に溜まるため地面に近いほど気温が低くなっています。
そんな低い位置で生活しているキャバリアにとって、快適な温度を保ってあげるようにしましょう。

寒さが原因となる病気

冷え込みが厳しい季節になると、寒さが原因で体調を崩してしまうのは人もキャバリアも同じです。
特に、体力が劣っている子犬や高齢犬にとっては寒さが命取りにもなることもあるでしょう。

医者,病気,病院

「風邪や感染症」

犬も寒いと風邪をひくことがあります。
特にキャバリアのような小型犬は風邪をひきやすい傾向にあるようです。

また、冬になるとウイルスの活動が活発になるため、ジステンパーやパルボウイルス、ケンネルコフなどの感染症にかかりやすい季節でもあります。

風邪や感染症によって、発熱や下痢・嘔吐、元気がないなど様々な症状が見られるようになります。
近年では予防接種の種類も多くありますが、100%予防できるわけではありません。

寒さで体力が奪われてしまい免疫力が低下してしまうことも、風邪や感染症のリスクを高めてしまうでしょう。
特に、子犬や高齢犬の場合には注意が必要です。

「下痢」

犬は、人間のようにお腹が冷えて下痢をするということはあまり多くはないようですが、寒さによる「ストレス」から下痢になることがあるようです。

寒さがストレスに直結していなくても、寒くて運動量が減ったことなどが間接的に原因となっていることもあります。

「関節疾患」

寒くなると運動不足になりがちになります。
さらに、冷えによる血行不順などによって、関節系の疾患になってしまうことがあります。
特に、運動量の少ない高齢犬や肥満気味の犬の場合には要注意です。

毎日適度な運動をさせて肥満にならないようしておくことも大切ですが、冬場には冷えないよう寒さ対策することが必要となります。

また、室内で飼育されることの多いキャバリアは、フローリングなど滑りやすい床によって関節に負担をかけてしまうため、滑り止めになるマットや絨毯などを敷いて安全対策も講じておきましょう。

「泌尿器系の疾患」

寒さによって泌尿器系の疾患を起こすこともあります。

飲水量が減ることで脱水状態となり尿路に結晶結石ができやすくなったり、寒さからトイレに行くことを我慢してしまい膀胱炎になってしまうこともあります。

飲水量に注意してあげること、またトイレを我慢しなくても良いよう温かい場所にトイレを設置するなど工夫してあげましょう。

「その他」

その他にも、冬場の乾燥が原因となって呼吸系疾患の症状が悪化することや、元々心疾患を持っている犬の場合には寒さによって心臓に負担をかけてしまうなど、犬にとってあらゆる健康面に影響を及ぼすことがあります。

室内飼いのキャバリアの防寒対策

寒がりのキャバリアは、できるだけ家族が過ごすことの多い部屋で一緒に生活させてあげましょう。

飼い主さんが在宅の時には、ファンヒーターやエアコンなどを使用できますが、留守や就寝時は火事やヤケドなどを起こさないための工夫が必要になります。
そこで、人がそばにいない時でも安心して行える防寒対策について紹介します。

ご紹介する対策方法をいくつか組み合わせて活用していきましょう。

対策① 冬用ベッド

寝て過ごすことが多い犬の留守番では、愛犬が温かく快適に休める冬用のベッドを準備してあげましょう。

犬用ベッドには、様々な種類があり一般的な周りが盛り上がった「カドラータイプ」でも良いですが、防寒対策としては周りが覆い囲われた「ドーム型タイプ」「キューブ型タイプ」「寝袋タイプ」などのベッドがおすすめです。

体のサイズに対して大きすぎても小さすぎても保温効果が下がってしまうので、愛犬の体にちょうど合うサイズのものを準備してあげましょう。

また、モコモコした素材のものやマイクロファイバー素材から作られたベッドがおすすめです。

対策② 毛布やマットを活用する

愛犬が普段くつろぐ場所やケージ内に毛布やフリースを敷いてあげましょう。

毛布は上から掛けるよりも下に敷く方が保温できると言われています。
モコモコした素材のものやマイクロファイバー素材のものがより温かくておすすめです。

また、電源を使わず体の体温を利用して保温する機能性マットなどもあります。

キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳.子犬.

対策③ 湯たんぽ

湯たんぽは暖房器具のように火や電気を使わないため、安全性の高い防寒対策となります。

定番のお湯を沸かして入れるタイプのものから電子レンジで加熱するタイプのものまでありますので、使い勝手の良さで選んであげると良いでしょう。

湯たんぽは、留守番に最適な防寒グッズとはなりますが、持続効果はそれほど長くないため長時間の留守番には向いていないかもしれまん。
最も冷える時間帯に使うなどして上手に活用してみましょう。

対策④ ペットヒーター

ペットヒーターには、ベッドなどの下に敷いて利用するタイプのものと電気ヒーターのような置き型のタイプがあります。

いずれも電化製品のため、長時間の留守番となると使用を控えた方が良いでしょうが、防寒対策としては優れものです。
最も冷え込む夜間や朝方の防寒対策としておすすめです。

温かさが持続するため、愛犬が暑いと感じた時にクールダウンできるスペースを確保してあげましょう

また、ペット用にコードが頑丈に作られてはいますが、コードにイタズラしてしまう子の使用は控えた方が良いかもしれません。

置き型タイプのヒーターは、吹き出し口の前を陣取るような頭の良い子もいることでしょう。
しかし、あまりにも吹き出し口に近付いてしまうとヤケドの心配もあり危険です。

そんな時は、人間の子供用のいたずら防止アイテムでヒーターに取り付けるガードがあるので、そういったものを活用して利用するとより安心です。

乾燥対策も忘れずに!!

冬は乾燥しやすい季節なので、防寒対策と一緒に乾燥対策も忘れてはいけません。

乾燥は、被毛がほつれやすくなったり皮膚トラブルの原因になってしまう他、人と同じように呼吸器の病気や感染症の原因になってしまうことがあります。

ヒーターやエアコンなどを使用することで室内はより乾燥してしまいます。

キャバリアが快適に過ごせる湿度40~60%に保てるよう、加湿器を使用しましょう。
加湿器がない場合には、濡れたバスタオルを干しておくだけでも加湿できます。

湿度が上がることで体感温度も高まるため、防寒対策としても有効的ですよ。

屋外でのキャバリアの寒さ対策

基本的にキャバリアは室内飼いに向いている犬種ですが、明るく活発な犬種なので冬場でも外で過ごすことが多いキャバリアもいるかもしれません。
そんなキャバリアにおすすめの防寒対策を紹介します。

キャバリア

対策① 洋服を着せる

寒がりな犬の場合、服を着せておくことは防寒対策としてとても効果的です。

最近の犬服には、人間と同じような発熱素材の肌着などもあります。
またミニカイロをお腹に収納できるポケット付きのデザインやフリース素材のものなど、愛犬の寒がり具合に合わせて選んであげると良いでしょう。

ただし、24時間着せっぱなしにすることはやめましょう。
着せっぱなしは衛生的にも皮膚の健康面でも良くないため、外で過ごす時だけ着せるなど着せるシュチュエーションを決めて利用していきましょう。

屋外飼育の場合

キャバリアが屋外で飼育されていることはあまり多くはないと思いますが、屋外飼育の場合には、日当たりが良く風の通らない場所にハウスを設置あげましょう。

ハウスの床には保温性の高い段ボールやアルミシートを敷いて、その上に毛布をかけて暖かい寝床を作ってあげて下さい。

ハウスの壁面にアルミシートや緩衝材(プチプチ)を貼り付けるのも防寒効果があります。
それでも寒いようなら毛布に湯たんぽなどを入れてあげるとだいぶ違ってくるでしょう。

冷え込む朝晩だけでも玄関に入れてあげることをおすすめします。

寒い季節はトリミングを控えましょう

キャバリアは本来トリミング犬種ではありませんが、健康面や衛生面、見た目を良くする目的などからトリミングしている飼い主さんも多いようです。
しかし、被毛は体の保温機能を高める役割も持ちますので、寒い季節には極端なトリミングカットを控えるようにしましょう。

足裏や肛門周りなどの部分カットは、安全・清潔に過ごすために必要なことですが、見栄えを良くするため、抜け毛を抑えるための理由からの季節外れのサマーカットなどのスタイルはさせないよう注意しましょう。

愛犬が快適に過ごせることを重視してあげてください。

この記事のまとめ

キャバリアの寒さ対策、留守番、夜も安全な防寒方法とは
  • キャバリアは寒さに弱い!!
    小型犬であること、室内犬であることから寒さへの耐性が低い
  • キャバリアが快適に過ごせる環境は「室温23~25℃」「湿度40~60%」
  • 寒さは健康を害することも
    「風邪や感染症」「下痢」「関節疾患」「泌尿器系疾患」「心疾患」「呼吸器系疾患」など様々な影響を及ぼす
  • 寒さ対策
    ① 冬用ベッドで寝床を温かく
    ② 毛布やマットはかけるよりも下に敷く方が温かい
    ③ 湯たんぽは安全性の高い防寒対策。短時間の留守番時におすすめ。
    ④ ペットヒーターは最も冷え込む朝晩の使用におすすめ
  • 冬場は乾燥にも要注意!!
  • 外出時には犬服を着せて防寒対策を
  • 冬のトリミングカットは控えましょう

さいごに

キャバリアが病気にならないためにも、寒くても適度な運動をさせてあげること、飲水量に注意してあげるなどの健康管理はしっかり行ってあげてください。

様々な防寒対策を状況に応じて組み合わせることで、寒がりのキャバリアが快適な毎日を過ごせるようになるでしょう。
安全な防寒対策を行って、厳しい冬を元気に乗り越えていきましょう。