キャバリアの寒さ対策、留守番、夜も安全な防寒方法とは

キャバリアは、下毛がぎっしり生えたダブルコートと呼ばれる二重構造の被毛をしています。それにも関わらず、寒がりが多い犬種といわれます。キャバリアにはどのような防寒対策をすれば良いでしょうか。犬の生活スタイルに合った方法をご紹介します。

室内飼いのキャバリアの寒さ対策

犬は寒さに強い生き物といわれますが、いつも快適な室内で飼育されている犬は、寒さに弱い傾向があるようです。寒がりの犬は、できるだけ家族が過ごすことの多い部屋で生活させてあげましょう。 飼い主さんが在宅の時は、ファンヒーターやエアコンなどを使用できますが、留守や就寝時は火事やヤケドを起こさないための工夫が必要になります。

ベッド、ケージに毛布を敷く

愛犬が普段くつろぐ場所に毛布やフリースを敷いてあげましょう。毛布は上から掛けるよりも下に敷く方が保温できると言われています。また冬用素材のベッドを用意するのも良いですね。 夜中は、ペット用のコタツ(ヒーター)や湯たんぽ、カイロなどを毛布の下に入れると安心して眠ることができるでしょう。特に子犬やシニア犬は寒さに弱いので、温かくしてあげて下さい。

洋服を着せる

寒がりな犬の場合は、洋服を着せておきましょう。最近の犬服には、人間と同じような発熱素材の肌着などもあります。またミニカイロをお腹に収納できるポケット付きの洋服もあるので、愛犬の寒がり具合に合わせて選ぶと良いでしょう

ヒーターにはガードを付ける

ヒーターを点けると、そそくさと吹き出し口の前を陣取る頭の良い犬もいることでしょう。しかしあまりに吹き出し口に近付くとヤケドの心配もあり危険です。そんな時は、人間の子供のいたずら防止アイテムでヒーターに取り付けるガードがあるので、そういったものを利用すると安心です。

屋外飼育のキャバリアの寒さ対策

室外犬の場合は、風の通らない場所にハウスを設置しましょう。ハウスの床に段ボールやアルミシートを敷き、その上に毛布をかけて暖かい寝床を作ってあげて下さい。ハウスの壁面にアルミシートや緩衝材(プチプチ)を貼り付けるのも防寒効果があります。 それでも寒いようなら毛布に湯たんぽなどを入れてあげるとだいぶ違います。または冷え込む朝晩だけでも玄関に入れてあげると良いでしょう。 寒がりのキャバリアには、快適に過ごせるように防寒対策をしてあげましょう。留守番の時や夜間は、ヤケドをしないヒーターや湯たんぽを活用して下さい。寒いとは言え、じっとしていると体が縮こまってしまうので、毎日の散歩は続けたいものです。飼い主さんも愛犬も暖かくして出掛けましょう。