キャバリアにおすすめのオヤツは?選び方、与え方の注意点


キャバリアにオヤツを与えても良い?

犬にオヤツを与えない方が良いという説もあります。
これは、オヤツに栄養的な役割がないため、そして肥満予防のために唱えられています。
確かにオヤツは栄養学的には不要かもしれませんが、オヤツには喜びや幸福感を満たす効果があるといわれています。
これは犬にとっても同じです。
また、しつけや留守番のご褒美として使用することもできます。
オヤツは上手に取り入れることで、しっかりと役割があるといえます。

キャバリアのオヤツの選び方

オヤツを選ぶ時は、できるだけ体に安全なものを選ぶようにしましょう。
オヤツには保存性や嗜好性、見た目を良くするためにたくさんの添加物が含まれています。
特に水分含有量の多い半生製品には、たくさんの保存料が使われているということを知っておいて下さい。
素材の形をとどめていて、なおかつ乾燥してあるものが一番安全です。
オヤツを選ぶ時は、以下の点に注意しましょう。

  • 原材料をよく読む
  • 色鮮やかなものは注意
  • 材料の形をとどめているものを選ぶ
  • 値段が安すぎるものは注意

キャバリアにオヤツを与える時の注意点

オヤツの分だけご飯を減らそう

オヤツを与える時は、与え過ぎに注意しましょう。
しつけなどでたくさん与えてしまった時は、ご飯を減らすなどして調整して下さい。

人間の食べ物は与えない

キャバリアの愛くるしい瞳で見つめられるとついつい与えたくなりますが、犬にとって人間の食べ物は味が濃くて高カロリーです。
愛犬の健康のために、ぐっと我慢しましょう。

開封後は早めに食べ切る

オヤツは、封を開けたら早めに食べ切りましょう。
賞味期限まで日にちがあっても、一度開封すると風味は落ちていきますし、ダニなどが発生することもあります。
いくつかのオヤツをローテーションすることは良いのですが、その種類が多すぎないように注意しましょう。
キャバリアにとって、オヤツは精神的な癒しの効果が期待できます。
犬によって好みは様々ですので、最初はいろいろなオヤツを試してみると良いでしょう。
できるだけ添加物を含まないものを選ぶことで、愛犬の健康を守ることができます。
愛犬も飼い主さんも納得のオヤツを見つけて下さいね。