シーズーの服の選び方。似合う服とサイズ選びのポイント


シーズーの基本情報

  • 原産国:中国
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • サイズ:小型犬
  • 平均寿命:10歳~16歳
  • 子犬の相場価格:10~20万円程度
シーズー

シーズーの概要

知名度も高く人気のある犬種「シーズー」。
やや潰れ気味のお顔にフワフワモコモコの毛並みが愛らしい愛玩犬です。

そんなシーズーは、中国を原産とする犬種で、同じく中国原産の「ペキニーズ」とチベット原産の「ラサアプソ」を交配して作出されたと言われています。

名前の「シーズー」は、中国語で「獅子」を意味し、獅子狗・守り神として神聖な存在として大切にされてきました。
西太后に愛された犬としても有名です。

現在では、愛らしい容姿と甘えん坊で愛玩犬らしい振る舞いが人気を集め、飼いやすい犬種として一定の人気を維持している犬種です。

シーズーの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:4~7kg
  • 体高:20~27cm
  • 被毛:長毛種
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富にあり。
    「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「シャンパン」などの単色
    ホワイト地にこれらの色が斑に表れる「パーティーカラー」など
シーズー

【大きさ】

シーズーは、体高20~27cm体重4~7kgの小型犬に分類されています。
しかし個体差もあって、中には7kgを超える大きい個体もあります。

【体型】

体高より体長がやや長めで、骨太のしっかりとした体格をしています。
また短めの四肢も太くがっしりしています。

【顔】

シーズーは短吻で鼻ぺちゃな顔立ちをしています。
目はまん丸く大きく、耳の形は垂れ耳です。

【被毛】

毛量の豊かなダブルコートで、長毛種です。

一般的にダブルコートの犬種は抜け毛が多い特徴を持ちますが、シーズーの場合は他の犬種と比べて抜け毛が少なく、飼いやすいと言われる理由の1つとなっています。

【毛色】

シーズーの毛色と言えば、一般的に多く見られる「ホワイト&ゴールド」ですが、実は様々な毛色が認められています。
「ゴールド」「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「シャンパン」などの単色から、ホワイト地にこれらの色が斑に表れる「パーティーカラー」など多彩にあります。

シーズーの性格・気質

  • 明るく活発
  • 穏やかで落ち着いている
  • 愛情深く思慮深い
  • しつけやすい
  • プライドが高い

シーズーの性格・気質①
~愛玩犬らしい性格~

古くから愛玩犬として飼われてきただけあり、シーズーは明るく活発で、人のことが大好きな性格をしています。
家族に対して非常に愛情深く甘えん坊の愛玩犬らしい性格で、感情を豊かに表現する愛らしい性格をしています。

それと合わせて穏やかな面も持ち合わせているため、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭かあら高齢者まで幅広く飼育に向いていると言われる犬種です。

シーズーの性格・気質②
~プライド高い一面も~

明るさと落ち着きを合わせ持ったシーズーは、周りを気遣う思慮深さや賢さも持ち合わせています。
そのため、しつけやすい犬種とも言われています。

ただし、少し頑固でプライド高い一面も持っているため、しつけ直しには苦労するかもしれません。

基本的には友好的な犬種でも、排他的に育ってしまうと人見知りして吠えかかったりするようなこともあるようです。

シーズーの服選びのポイント

近年では様々なデザインの犬服を見かけるようになりました。
シンプルなタンクトップからパンツやスカートなど人間の服のようなデザインもあれば、コスプレデザインなど幅広くあります。

しかし、欲しい犬服全てがシーズー向きかとなると、そうではありません。
実際に買ってみて失敗したという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

それでは、シーズーの服選びで参考にしたいポイントを見ていきましょう。

シーズーの服選びポイント①
「愛犬のサイズを測ること」

シーズーの服選びで最も大切なのは、サイズです。
シーズーは個体によって体の大きさの個体差があり、小さめの子なら4kgなのに対し、大きい子だと10kgに近い個体もあります。

さらにシーズーは首太でやや胴長短足な体型をしているため、シーズーの服選びの際には、その首回りと胴回りが重要ポイントとなります。

首や胴が通らないサイズの小さい服は着せること自体ができなかったり、窮屈で苦しい思いをさせてしまうことになるでしょう。

反対にサイズが大きすぎると、脱げてしまったり動きにくくなったりします。
活発なシーズーが遊んでいるうちに、袖が抜けて転倒してしまう危険性もあります。

それぞれのシーズーの大きさに合わせた服を選ぶために、サイズをしっかり図っておきましょう。

【サイズの図り方】

犬服を選ぶ時は、愛犬の「首回り」「胴回り」「体長」のサイズを測ります。

「首回り」は、首の付け根あたりの1周のサイズのことです。
耳の下や首輪の位置ではないので注意しましょう。

「胴回り」は、肋骨(あばら骨)の一番深いところの胸一周を測ったサイズが胸囲のサイズです。
シーズーを横から見たときに肋骨(あばら骨)の中で地面に一番近くなっているところを目安にしましょう。

「体長」は、着丈のことで首の付け根から骨盤あたりか尻尾の付け根までを測ったサイズのことです。背骨に沿わせながら測りましょう。
犬服のデザインによって骨盤あたりか尻尾の付け根までか変わってくるので、どちらも図ってサイズを把握しておくと良いでしょう。

シーズーの服選びポイント②
「サイズ表記よりも実際の数値を基準にすること」

犬服にもS・M・Lなどのサイズ表記があります。
しかし、これらは全て共通のサイズというわけではなく、メーカーによって異なる基準で作られています。

また「シーズーサイズ」と書かれているものを見かけたりしますが、シーズーは成犬時の体重が4~7kg前後とかなり幅が広いです。
シーズー用が必ずしも愛犬の体に合うとは限らないので、実際に測定した愛犬の数値を基準に服を選ぶようにしましょう。

シーズーの服選びポイント③
「デザインよりも動きやすさで選ぶこと」

どれだけデザインが良くても、愛犬シーズーにサイズが合わないものは着せないようにしましょう。

サイズが合わない服は、犬にとってはストレスになったりケガの原因になってしまうことがあります。
そうなると、犬服嫌いを増長させることにもなりかねません。

ゴワゴワする素材や伸縮性のない素材にも気を付けましょう。

服に慣れるまでの始めのうちは、Tシャツやジャージ系など伸縮性のあるニット地を選ぶと良いでしょう。

シーズーの服選びポイント③
「季節やTPOに合わせた服を選ぶこと」

近年の犬服は、デザインだけでなく様々な機能性の服が出ています。
例えば、冷感素材のものや保温機能がある服、虫よけ(防蚊)、レインコートなど様々です。

季節やシチュエーションなどに合わせて、機能性のある服を選んであげることをおすすめします。

その中でもシーズーが注目したい機能性は、「通気性」と「アレルギー対策」の服です。

実はシーズーは、分厚い被毛をしていることから日本の高温多湿の環境に弱く、皮膚病を発症しやすいと言われている犬種です。

蒸れることで起こる「脂漏性皮膚炎」や「アレルギー」を発症することも多いため、「通気性」に優れたものや「アレルギー」対策が施された犬服を選んであげることをおすすめします。

可愛いデザインよりも、シーズーが快適に過ごせる犬服であることが重要です。

シーズーに似合う服は?

シーズー

シーズーは体長が長く、短めの足をしたやや胴長短足の体型をしています。
そんなシーズーには、袖なしタイプの犬服がよく似合います。

またスカートやズボンが分かれているものより、ワンピースタイプの方がサイズ選びも簡単です。

袖のある服やツナギタイプを着せたい時には、試着ができるお店で選ぶ方が安心です。
胴長短足の体型をしたシーズーは、胴体部分はぴったりでも袖が余るということがあります。

犬服はなかなかお値段が張るものなので、せっかく買ったのにサイズが合わないとなるともったいないですよね。

愛犬の体型に合う洋服が見つかった時には、そのブランドをチェックしておくと良いでしょう。

シーズーに服を着せるメリット

犬に服を着せることには賛否両論がありますが、シーズーに服を着せることにはおしゃれ以外にもたくさんのメリットがあります。

シーズー

メリット① 「抜け毛対策」

比較的抜け毛が少ないと言われるシーズーではありますが、ダブルコートの犬種ですので1年を通してそれなりの抜け毛はあり、換毛期には抜け毛が目立つこともあります。

長毛種なので日々ブラッシングをすることはもちろん必要ですが、服を着せることで抜け毛をまき散らすことが抑えることができます。

ちなみにカフェや公共施設では、マナーとして服を着せることが入店ルールになっていることも多いですよ。

メリット② 「防寒対策」

豊富な毛量を持つことから比較的寒さに強いと言われるシーズーではありますが、寒さに強いからと言って寒さを感じないわけではありません。

また、室内で飼われている犬は寒さに対する耐性が弱くなっていることも考えられますので、服を着せてあげることで寒さ対策をしてあげることができます。

冬場の散歩などで犬服を着せてあげると良いでしょう。

メリット③ 「紫外線、直射日光対策」

豊富な毛で覆われたシーズーは、暑さに弱い犬種です。
前述でも述べたように日本の高温多湿の環境で皮膚トラブルを起こすこともあります。

そのためシーズーには夏場に犬服は必要ないかと考えがちですが、鼻ペチャの短頭犬種でもあるため、熱中症を起こしやすい犬種でもあります。

散歩などのお出かけ時の暑さ対策として冷感素材の服を着せてあげたり、紫外線対策をしてあげましょう。

通気性の良いメッシュ生地の犬服もおすすめです。

メリット④ 「雨の日に汚れない」

散歩が大好きなシーズーなら、雨など構わず散歩に行きたがることもあるでしょう。
しかし、長毛種なだけに汚れやすくもあります。

そんなシーズーにとって、レインコートは持っておきたいアイテムの1つとなるでしょう。

メリット⑤ 「被毛を清潔に保つ」

シーズーは、遊ぶことが大好きな活発な性格をしています。
散歩中やドッグランなどでも元気に走ったり他の犬と遊ぶ子が多いでしょう。

そんなシーズーに服を着せておくことで、砂埃や草、虫などの汚れが体に付くことを防ぐことができます。

また、長毛種で垂れ耳のシーズーは、食事の際、エサ皿に耳の毛が入ってしまうことがあります。
ご飯の時には耳を押さえるヘアバンドがあれば便利です。

メリット⑥ 「病気やケガの時の保護として」

シーズーに多い皮膚疾患、またはケガや術後の時、患部を舐めたり噛んだりしないようにするためにも服を着せておくことで防ぐことができます。

舐めて患部の炎症を起こしたり、患部に塗った薬を舐めとってしまうような心配もなくなります。

シーズーに服を着せるときの注意点

注意点① 「無理やり着せないこと」

小さいころから正しく服を着せていると服を嫌がることはありませんが、中には服を着るのを嫌がる子もいます。

お出かけ先や術後など服を着せるべき状況でない限り、嫌がる子に無理に洋服を着せる必要はないでしょう。

しかし、犬服嫌いにならないようにしておくことで、お出かけ先の幅が広がったり寒さ対策などのメリットを活かせるようにもなります。

シーズーが洋服を嫌がる理由の1つに、着せ方があります。
犬服を着せるときの方法が間違っていて、シーズーが痛い思いをしているからです。

犬服の首を通して前脚を袖に通すときに、前脚を真横に開いてはいないですか? 犬の前脚は真横には広がりません。
前脚は前後に折りたたんであげると上手に袖も通るようになっているので、シーズーの体に無理な体勢をさせる着せ方はしないよう気を付けましょう。

その他にもシーズーにぴったりのサイズ感のもの、TPOに合わせた服を選び、シーズーが快適に過ごせることを重視してあげるようにしましょう。

注意点② 「着せっぱなしにしないこと」

シーズーに犬服を着せるメリットは多くありますが、24時間毎日着せっぱなしにすることはしないようにしましょう。

犬服を長く着ていることで、洋服の中に抜け毛やフケが溜まり不衛生な環境となってしまいます。
さらに洋服の中が蒸れて皮膚疾患を起こしやすい環境となるでしょう。

散歩などの外出時や来客がある時だけ洋服を着せるなどと、着せるシチュエーションを決めておき、洋服を着せる時と着せない時のメリハリをつけて上手に活用していきましょう。

この記事のまとめ


  • シーズーの服選びでは、シーズーにぴったりのものを!!
    「首回り・胴回り・体長を図ること」
    「サイズ表記よりも実際のサイズを基準にすること」
    「季節やTPOに合わせた服を選ぶこと」
  • シーズーには機能性の高い「通気性」と「アレルギー対策」の犬服がおすすめ
  • シーズーに似合う犬服は、袖なしタイプ!!袖ありタイプは必ず試着を!!
  • シーズーに服を着せるメリットは6つ!!
    ① 抜け毛対策:公共施設では服を着せることがルールになっていることも。」
    ② 防寒対策:冬場の散歩時に役立つ!!」
    ③ 紫外線、直射日光対策:機能性ある服を着せることで短頭犬種であるシーズーの熱中症対策にも。」
    ④雨の日に汚れない:散歩好きで長毛種であるシーズーの汚れ対策に役立つ」
    ⑤ 被毛を清潔に保つ:外出先での汚れや食事中の汚れ対策に役立つ」
    ⑥病気やケガの時の保護:患部の舐め対策に役立つ」
  • 嫌がるシーズーに無理に服を着せないこと
  • 服嫌いにならないよう着せ方に注意すること
  • 24時間着せっぱなしにしないこと

シーズーの服の選び方 さいごに

シーズーの服選びでは、サイズが合うかどうかが大切です。
犬服を着せる場合には、愛犬のサイズを必ず知っておきましょう。

もしも愛犬が服を着るのを嫌がるようなら無理には着せないようにして下さい。
人間の都合を押し付けたりせずに、愛犬の立場に立った服選びをしていくことが何よりも大切です。