シーズーの服の選び方。似合う服とサイズ選びのポイント


シーズーの服選びのポイント

サイズを測る

シーズーの服選びで大切なのは、サイズ選びです。
犬服を選ぶ時は、愛犬の

  • 首回り
  • 胴回り
  • 体長

のサイズを測りましょう。
特に首回りと胴回りが大切で、首や胴が通らない服は犬に着せることができません。
反対に大きすぎると脱げてしまったり動きにくくなったりします。

サイズ表記よりも実際の数値を基準にする

犬服にもMやLなどのサイズ表記がありますが、これらは全国共通ではなく、メーカーによって基準が異なります。
また「シーズーサイズ」と書かれているものを見かけたりしますが、シーズーは成犬時の体重が4~7kg前後とかなり幅が広いです。
シーズー用が愛犬の体に合うとは限らないので、実際に測定した愛犬の数値を基準に服を選ぶようにしましょう。

デザインよりも動きやすさで選ぶ

どれだけデザインが良くても、サイズが合わないものは着せないようにしましょう。
サイズが合わない服は、犬にとってはストレスになります。
また洋服嫌いを増長することにもなりかねません。
ゴワゴワする素材や伸縮性のない素材も気を付けましょう。
はじめのうちは、Tシャツやジャージ系など伸縮性のあるニット地を選ぶと良いでしょう。

シーズーに似合う服は?

シーズーは体長が長く、短めの足をしています。
そんなシーズーには、袖なしタイプの洋服がよく似合います。
またスカートやズボンが分かれているものより、ワンピースタイプの方がサイズ選びも簡単です。
袖のある服やツナギタイプを着せたい時は、試着ができるお店で選ぶ方が安心です。
犬服はなかなかお値段が張るものなので、せっかく買ったのにサイズが合わないとなるともったいないです。
愛犬の体型に合う洋服が見つかった時には、そのブランドをチェックしておくと良いでしょう。

シーズーに服を着せるメリット

シーズーに服を着せることには、おしゃれ以外にもたくさんのメリットがあります。
たとえば、

  • 防寒対策
  • 紫外線、直射日光対策
  • 雨の日に汚れない
  • 被毛を清潔に保つ
  • 抜け毛対策
  • 食事の汚れを防止

などです。
こ犬服には様々な役割があることが分かりますね。
雨の日でも散歩に行きたがる犬なら、レインコートは持っておきたいアイテムです。
またシーズーは垂れ耳なので、エサ皿に耳の毛が入ってしまうことがあります。
ご飯の時には耳を押さえるヘアバンドがあれば便利です。
このようにそれぞれの生活に必要なものを取り入れると良いでしょう。
シーズーの服選びでは、サイズが合うかどうかが一番大切です。
愛犬のサイズは必ず知っておきましょう。
もしも愛犬が服を着るのを嫌がるようなら無理には着せないようにして下さい。
人間の都合を押し付けたりせずに、愛犬の立場に立った服選びをしていきましょう。