チワワはどのぐらい大きくなる?年齢別のチワワのサイズ

世界一小さな犬であるチワワは成犬になっても小柄なままで、当然のことながら子犬時代はさらに小さいのです。チワワがいかに小さいのかを分かりやすく年齢別にご紹介します。

チワワの年齢別のサイズ

チワワのサイズは1~3kgが標準とされていますが、個体によってはもっと小さいものも大きいものもいます。

ここでは標準のチワワに基づいて、年齢別のサイズをご紹介します。

チワワの年齢別のサイズ 生まれたて(~100g)

生まれたての赤ちゃんチワワは成人男性の片手のひらに乗せても余るくらい小さく、ほとんど重さを感じません。

チワワの年齢別のサイズ 3か月(500~600g前後)

ペットショップに売られているチワワがこの頃です。

個体差が出始めるので、体のサイズにもばらつきがあります。

一般的には、成人男性の両手のひらに収まるくらいのサイズになります。

チワワの年齢別のサイズ 生後6か月(1000~1500g前後)

生後半年までには体重が1kgを超え始めるチワワが多く、体長は20~25cm、体高は10~15cmくらいになります。

チワワの年齢別のサイズ 生後1年(1000~3000g前後)

チワワは生後9か月~1年で成犬になります。

もちろん個体差があるので1歳を過ぎても成長する犬もいますが、基本的には1歳くらいで成長がストップします。

成犬チワワの体長は30cm前後、体高は15~23cm前後がおおよその目安です。

成長期にはアンバランスな体型になることも

チワワは先に体長や体高の成長が完了し、その後体重がいくらか増えて成長が終わります。

体長が先行している時のチワワは、やけに足が長かったりヒョロヒョロに見えたりとアンバランスな時期があるかもしれません。

しかし体重が追いついて成長が止まる頃にはベストなバランスになりますので、他のチワワと比べて心配する必要はありません。

愛犬が標準サイズよりかなり大きく成長したら、飼い主さんは焦るかもしれませんが、特別に太ったりしていなければ問題ないでしょう。ただし体重だけが増えていく場合は、肥満の可能性があるので注意あ必要です。

チワワのサイズには個体差がある

チワワのサイズは親の遺伝によるところが大きいので、成犬になった時のサイズを知りたければ親チワワのサイズを教えてもらうと目安になります。

しかし人間と同じように、両親が小柄でも子どもが大柄になるケースもあります。

何事にも例外はあるということは知っておきましょう。 成犬になっても体重が2kg前後しかなく、軽々と抱っこできる小さなチワワは可愛らしいですね。

永遠に子犬のようなチワワの愛らしいビジュアルに、私たちは魅了されるのでしょう。