チワワはどのぐらい大きくなる?年齢別のチワワのサイズ


チワワの基本情報

  • 原産国:メキシコ
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:12~14歳
  • 価格相場:15~20万円

チワワの概要

チワワは、メキシコを原産国とする超小型犬です。

祖先犬は、古代メキシコに存在していた「テチチ」と呼ばれる小さな犬だったと言われています。
当初は体のサイズが小さいために使役犬として使うことができず人気も伸びずにいました。
それでも家庭で飼いやすいサイズであることから、ペットとしての人気を徐々に集めていくことになります。

元々チワワは「スムースコート」のみしか存在していませんでしたが、20世紀に入ってからアメリカで、チャイニーズクレステッドドッグやスパニエルなどとの交配によって「ロングコート」のチワワが誕生することになりました。

以来チワワは、その愛らしい容姿と扱いやすいサイズ感から世界中で人気を集めていきます。
日本では人気犬種ランキングで毎年トップ3に入っている大人気の犬種です。

チワワの身体的特徴

  • 体重:1.5~3kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:12~20cm
  • 被毛:「スムースコート」と「ロングコート」の2種類あり
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富にあり

チワワの身体的特徴

ロングコートチワワ

【大きさ】

チワワは、体高12~20cm、体重1.5~3kgの超小型犬に分類されています。
細い手足を持ちますが体つきは意外としっかりしていて、頭は大きめです。

【顔】

「アップルヘッド」と呼ばれる丸い頭に、黒目がちな大きな目、口角が上がった愛らしい顔つきをしています。
耳は大きめの立ち耳で、ロングコートの場合には飾り毛が豊富に生えています。

【被毛】

チワワの被毛には、「スムースコート」と「ロングコート」の2種類があります。

本来のチワワ「スムースコート」は抜け毛の多いダブルコートの犬種でしたが、ロングコートチワワの育種のためにシングルコートの犬種と交配されることで、シングルコートとダブルコートが混在することになりました。
そのため抜け毛の量も個体によって異なるようですが、基本的には抜け毛の多い犬種と言われる犬種です。

【毛色】

チワワの毛色には豊富なカラーバリエーションがあり、「ブラック」「フォーン」「レッド」「ピュアレッド」「タン」「ホワイト」「チョコレート」などの単色から、「ブラック&ホワイト」「ブラウン&ホワイト」「ブラック&タン」「ブラウン&イエロー」「セーブル」など様々です。

現在日本で人気のあるカラーは「フォーン」や「レッド」「チョコレート」などの茶系。
「ホワイト」「クリーム」などの白系、他にも「ブラック&タン」なども人気の高いカラーのようです。

チワワの性格・気質

  • 明るく甘え上手
  • 留守番は苦手
  • 保守的で怖がり
  • しつけやすい犬種
ロングコートチワワ

チワワの性格・気質①
~明るく陽気~

チワワは、明るくて陽気な性格をしています。
飼い主の事が大好きで愛嬌たっぷりの性格です。

寂しがり屋なのでいつも誰かと一緒にいたがり、お留守番を苦手とすることも多いようです。

体が小さくとも賢さはしっかり持っており、比較的しつけやすい犬種でもあります。

チワワの性格・気質②
~保守的で強がり~

チワワは、小柄ながらも非常に警戒心が強く、侵入者には厳しい態度で番犬のような振る舞いを見せることがあります。
そういった振る舞いから勇敢だと言われていることも多いチワワですが、その内心は怖がりな性格からきているものだとも考えられるでしょう。

また、保守的な性格でもあるため、飼い主家族とそうでない人をはっきり区別して接するようなこともあります。

警戒心の強さや怖がりな性格から無駄吠えが付いてしまうことも多い犬種のため、子犬の頃から社会性を身に付けることが大切です。

チワワの大きさや成長について

チワワの大きさ

チワワの成犬時のサイズは、体高12~20cm、体重1.5~3kgの超小型犬です。
あらゆる犬種の中でも最小サイズであることで広く知られています。
また、オスとメスによる大きさの違いは特にないようです。

ただし、チワワのサイズは親の遺伝や骨格の大きさによっても異なってきます。
そのため、個体によっては平均よりも小さい個体や、逆に平均よりも大きくなる個体も少なくはないようです。

チワワの成長期

チワワの「成長期」とは、子犬が成犬へと体・精神共に成長していく期間の事です。

最も大きな体の成長を見せるのは生後2~3か月頃までの期間で、出生時の約10~15倍まで体重が増加します。
主に、骨組織の発達が大きく見られ骨格が作られていきます。
ちょうどこの成長期を終えた頃のチワワがペットショップで見られる頃です。

その後は、成犬になるまで緩やかな成長を見せ、生後9カ月~1年ほどまでに体重がさらに2~5倍近くに増えて、成犬へと育っていくのです。

チワワの年齢別サイズ

ここでは標準のチワワに基づいて、年齢別でのサイズをご紹介します。

チワワの年齢別サイズ【生まれたて】

生まれたての赤ちゃんチワワは成人男性の片手のひらに乗せても余るくらい小さく、体重は100g程度しかありません。
ほとんど重さを感じないほどでしょう。

これから健康な体作りをしていために、たくさんの栄養を必要とする大切な時期に入ります。
この時期には成長に必要なエネルギーを摂取するためにも、エネルギー密度が高く消化性の良い食事が必要になってきます。

チワワの年齢別サイズ【3か月】

ペットショップに売られているチワワがこの頃です。

個体差が出始めるので、体のサイズにもばらつきがありますが、体重はだいたい500~600g前後
一般的には、成人男性の両手のひらに収まるくらいのサイズになります。

生後4か月頃になると脂肪組織が発達し始める時期です。
これ以降は成長に必要な栄養をしっかり摂取させるのと同時に、肥満にならないよう栄養管理をしっかりとしていきましょう。

チワワの年齢別サイズ【6か月】

生後半年までに体重が1kgを超え始めるチワワが多くなり、体重の目安は1kg~1.5kg前後です。
体長は20~25cm、体高は10~15cmくらいになります。

この後にも体重は増えていきますが、体のサイズはこの頃にだいたい決まります。
活発に過ごすことが多くなる時期でもありますので、健康な体作りとエネルギーの元となる高タンパク低脂質の食事を与えてあげましょう。

チワワの年齢別サイズ【1年】

チワワは生後9か月~1年で成犬になり1.5kg~3kgの成犬時の体重へと成長します。
もちろん成長の早さにも個体差があるので1歳を過ぎても成長する犬もいますが、基本的には1歳くらいで成長がストップすることになります。

体長は30cm前後、体高12~20cm前後がおおよその目安です。

これ以降は「成犬期」と言われ、これまでに作り上げた健康な体を維持していくことが大切な期間に入ります。
食事と運動のバランスを考え、肥満にならないよう注意してあげましょう。

チワワの年齢別サイズ【7歳頃】

犬の老化にも個体差がありますが、一般的に7歳ごろから「シニア期」と呼ばれる時期に入ります。「老犬期」や「高齢期」とも呼ばれます。

シニア期の明確な適正体重というのは特にありませんが、一般的に体重は老化に伴い徐々に減少していく傾向にあります。
これは運動量が減ることによって筋肉量が減少するためです。

また、運動量が減ることに伴って1日に必要とするエネルギー量も減っていきます。
それにも関わらず成犬期と同様のフードを与えてしまうと、カロリーオーバーとなって肥満の原因となってしまうこともあります。

病気のリスクも高まるシニア期ですので、健康のためにも適度な運動と年齢にあったフードへの切り替えが必要になってくるでしょう。

成長期にはアンバランスな体型になることも

チワワの成長過程は、先に体長や体高の成長が完了し、その後体重がいくらか増えて成長が終わります。

体長が先行している時のチワワはやけに足が長かったりヒョロヒョロに見えたりとアンバランスに見える時期があるかもしれません。
特に、サイズが決まってくる生後6か月頃に考えられることです。

しかしその後には、体重が追いついて成長が止まる頃までにベストなバランスになりますので、他のチワワと比べて心配するような必要はありません。

愛犬が標準サイズよりかなり大きく成長したら、飼い主さんは焦るかもしれませんが、特別に太ったりしていなければ問題ないでしょう。

ただし、体重だけが増えていく場合は、肥満の可能性があるので注意が必要です。

チワワのサイズに関する注意点

チワワ

注意点① 肥満

チワワは、特に太りやすい犬種というわけではありませんが、避妊去勢手術後の場合にはどんな犬種でも太りやすい体質になってしまいます。

また、チワワの愛らしい容姿と甘え上手な性格からつい甘やかしてしまうことが肥満の原因になってしまうこともあります。
体が小さいチワワは、1日に必要とするエネルギー量もそれほど多くはないため、カロリーの高いおやつを与え過ぎていると肥満になってしまうことがあるのです。

「肥満は万病の元」とも言われるとおり、チワワの健康を脅かしてしまうことになるでしょう。

足の細いチワワは体重を支える足腰への負担が大きくなってしまったり、脂肪がつくことで呼吸がしづらくなるなどの呼吸器疾患を引き起こす可能性もあります。
他にも、心臓などの臓器へ負担、糖尿病のリスクが上がるなど様々な悪影響を及ぼすことが考えられます。

チワワの健康を守るため、チワワの成長過程や年齢に合わせた栄養と運動の管理をしてあげることがとても重要です。

注意点② 体重減少

高齢犬になると体重が徐々に減ってくることはありますが、極端な体重減少が見られる時や成犬の体重減少が見られる場合には注意が必要です。
何らかの病気が隠れている可能性があります。

体重の減少が症状に見られる病気にはいろいろありますが、「クッシング症候群」や「糖尿病」「腎不全」「ガン」などの病気が挙げられます。

成犬のチワワの体重減少、高齢犬の極端な体重減少など少しでも異常を感じたら動物病院で相談してみましょう。

注意点③ 小さすぎるチワワのリスク

体の小ささが特徴でもあるチワワですが、より小さいサイズのチワワほど人気が高い傾向があります。
実際ペットショップなどではサイズの小さなチワワほど高額な金額が付けられることもあるようです。

しかし、小さすぎるチワワにはそれなりのリスクも伴います。

体が小さい分体力が少ないためにすぐに疲れてしまったり、細い脚は骨折しやすくなったり、低血糖を起こしやすいなど様々なリスクが伴うのです。

確かに小さなチワワは愛らしいものですが、小ささを求めるからにはそれなりのリスクも背負って、健康管理をしっかり行っていくことが必要となるでしょう。

また、「小さいサイズのままでいてほしい」とエサの量を少なめにする飼い主さんもいらっしゃるようです。
しかし、栄養状態に問題があると健康的に成長できないだけでなく、免疫力が低いためにあらゆる病気を引き起こしやすくなってしまいます。

大切なのは体の小ささよりもチワワの健康だということを忘れないでおきましょう。

チワワの適正体重 チェック方法

飼っているチワワが痩せているのか肥満なのかは、個体によって骨格が異なるため体重だけでは判断することはできません。
一目で見て取れるケースもありますが、触ってみて肥満か痩せ気味かが分かるケースもあります。

今回はチワワが適正体重なのか、触って分かるチェック方法をご紹介します。

チワワ

チェック部位① 「首」

上から見た時に首回りから肩にかけてきれいなラインがある姿が理想的です。
首辺りを実際に触ってみましょう。

首回りに脂肪が付いており首が短くなったように見える場合には肥満、逆にゴツゴツとした触感がある場合には痩せすぎです。

チェック部位② 「肋骨」

チワワの胸に手を置いて肋骨の上をそっと上下に撫でてみましょう。

肋骨が浮き出ている場合や肋骨の感触がある場合には痩せすぎ、逆に強く押しても肋骨に届かないほど皮下脂肪がついている場合には肥満です。

チェック部位③ 「背中」

首から尻尾の付け根までの背骨のラインを触ってみましょう。
背骨があることが分かる程度の感触が理想的です。

明らかにゴツゴツと背骨の感触がある場合は痩せすぎ、逆に、強めに撫でても背骨の感触が確かめられない場合は肥満です。

チェック部位④ 「お腹」

横から見た時に、胸、お腹、足の付け根のラインが分かりしっかり引き締まっている体型が理想的です。

地面と平行になっている場合やウエストが樽状に見える場合は肥満です。

サイズよりも健康が第1!!

チワワのサイズは親の遺伝によって変わることが多いため、成犬になった時のサイズを予想するには親チワワのサイズを教えてもらうことが一番の参考になるでしょう。

しかし人間と同じように、両親が小柄でも子どもが大柄になるケースもあります。
「小さい子を迎えたつもりなのに大きくなった」なんてことはよくあることなのです。

それでも、サイズにとらわれず愛犬チワワの健康を守っていくことが飼い主の責任だということを認識しておきましょう。

この記事のまとめ

子犬,犬
チワワはどのぐらい大きくなる?年齢別のチワワのサイズ
  • チワワは成犬時の体高12~20cm、体重1.5~3kgの超小型犬
  • 生後9か月~1年で成犬になる
  • チワワの大きさの目安(体重)
    生まれたて…100g
    3か月…500~600g前後
    6カ月…1kg~1.5kg
    1年…1.5kg~3kg
  • 生後4か月頃からは肥満に気を付けること
  • チワワのサイズは生後6か月頃に決まる。
    その後は生後1年頃までに成犬の体へと成長していく期間。
  • 成犬の体重減少や高齢犬の極端な体重減少は病気の可能性があるので要注意
  • 小さすぎるチワワは、その分体が弱く手厚いケアが必要になることも
  • 成犬時の大きさを予想するには親犬のサイズを参考に
  • サイズにこだわるよりも健康的に育てることが大切

チワワはどのぐらい大きくなる?年齢別のチワワのサイズ さいごに

成犬になっても体重が2kg前後しかなく、軽々と抱っこできる小さなチワワは可愛らしいですね。

チワワの適正な体重をキープすることがチワワの健康に繋がります。
日々の食事や適度な運動を心掛けることで健康管理をしっかり行ってあげましょう。

永遠の子犬のように健康的なチワワの愛らしいビジュアルに、私たちは魅了されるのでしょう。