シーズーは寒さに弱い?寒がっているサインと寒さ対策

ふわふわの被毛に覆われたシーズーでも、冬には寒さを感じるのでしょうか。春や秋に比べると動きが鈍くなってきたなと思うこともあるかもしれません。そこで、シーズーが寒いと感じている時のサインと、寒さ対策についてご案内します。

シーズーは寒がり?

シーズーに限らず、室内で飼われている犬は寒さに対する耐性が弱くなっており、相対的に寒がりな犬が多いです。特別に寒がりでなくても、ファンヒーター前やコタツの中で落ち着いてしまうという犬も多いのではないでしょうか。 チベット原産のシーズーは寒さに強いといわれることもありますが、それはあくまで先祖の話です。現在日本にいるシーズーはペット用に繁殖されてきた犬たちなので、寒さに対応するようには作られていないのです。 シーズーはパッと見た感じは豊かな被毛のおかげで暖かそうにみえますが、実は下毛が少ない被毛構造をしているために、体に熱を蓄えておくことが得意ではありません。そのため寒がりの個体が多いといわれます。

シーズーの「寒い」のサイン

シーズーを寒さから守るためにも、寒さを感じる時にどのようなサインを出すのか知っておきましょう。
  • ブルブルと震える
  • 丸まって小さくなっている
  • 人の傍にくっついてくる
  • ストーブ前で待っている
  • 散歩に行きたがらない
  • 水をあまり飲まなくなる
これらのサインが見られたら、犬が寒いと感じている可能性が高いです。特に子犬やシニア犬の場合は、寒さが原因で病気になることもあるので注意しましょう。

シーズーの防寒対策

では、実際に寒さを解決するためにはどんな対策をしていけば良いでしょうか。

暖房を点ける

ファンヒーターやコタツ、ストーブなどを点灯して、部屋中を温かくしましょう。温かい空気は上方へ逃げるため、犬がいる床付近は寒いことがあります。そういう時は、ホットカーペットや湯たんぽなどを使用して愛犬を温めてあげて下さい。

ケージを温かくする、保温ベッドに替える

ケージの回りに段ボールやアルミシートを巻くことで保温効果が高まります。また屋根付きのベッド(ドーム型など)にする、ベッドに毛布を入れるなども効果的です。

洋服を着せる

愛犬が震えるほど寒がっているのなら、洋服を着せましょう。薄地で温かい犬用肌着も売っているので、そういったものを活用すると良いですね。 また散歩の時、暖かい室内から冷えた屋外に出ると、より一層寒く感じます。散歩を億劫がらないためにも、コートなどの防寒着を着せて出掛けましょう。 室内飼いのシーズーは、寒がりな個体が多いです。暖房や洋服を使って防寒対策をしていきましょう。寒い日にシーズーが甘えて膝に上ってきたりするのも、冬の日の醍醐味ですね。愛犬とともに、楽しく寒さを乗り切りましょう。