シーズーは寒さに弱い?寒がっているサインと寒さ対策


シーズーの基本情報

シーズー

シーズーはチベット原種のラサアプソという犬種と、中国原産のペキニーズを交配して誕生したと言われています。

シーズーはかわいいというだけでなく、従順で性格が優しくて、賢いのでしつけもしやすく、また、丈夫な体を持っています。

そのため、犬を飼うことが初めての人でも上手に飼うことができ、最愛の家族になります。

そういったたくさんの魅力を持つシーズーは、日本だけではなく、世界的に常に人気がある犬種なのです。

シーズーの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:4〜7.3kg
  • 体高:20〜27cm
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 毛色:ゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト、単色(ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなど)、パーティーカラー
  • 価格相場:10〜20万円(血統が良かったり、珍しい毛色だったりなどの場合価格は上がります)
  • 平均寿命:15〜16歳
シーズー

シーズーは小型犬になりますが、抱っこしてみるとわかりますが、骨格がしっかりしていて、ずっしりと重みを感じることができます。

シーズーの特徴は、他犬種に比べ平均体重の差が大きく、個体差が出やすいことがあります。

ご自身のシーズーの適正体重を把握し、太りすぎないようにさせる管理が大切になります。

またシーズーの毛色はかなり豊富で、成長とともに毛色が変化することも魅力の1つではないでしょうか。

シーズーの性格・気質

  • 全身全霊で家族に愛情を注いでくれる
  • 遊ぶのが大好き
  • 活発
  • やや頑固
  • 賢い
  • フレンドリー
  • 穏やか
  • 独立心がある

シーズーを飼って後悔したという話を聞かないのは、シーズーの性格にも理由があります。

賢く集中力があるので、しつけは簡単にマスターしてしまいます。

ただし、やや頑固な面があるので、褒めるしつけを徹底して、常にシーズーのモチベーションを上げてあげる工夫は必要かもしれません。

とはいえ、他の犬種に比べ物覚えの良さは早く、犬初心者でもしつけに苦労しません。

穏やかではありますが、年中のんびりなわけではなく、遊ぶ時にはこれ以上ないくらい大興奮ではしゃぎます。

家族が大好きで甘えるのも得意ですが、常に甘えていたいタイプではなく、きちんと一人遊びもできるので、上手な距離感で付き合うことができます。

子供や他の犬とも仲良くできるので、小さい子供がいる家庭や多頭飼いにも向いています。

シーズーは寒がり?

シーズー

シーズーに限らず、室内で飼われている犬は寒さに対する耐性が弱くなっており、相対的に寒がりな犬が多いです。

特別に寒がりでなくても、ファンヒーター前やコタツの中で落ち着いてしまうという犬も多いのではないでしょうか。

チベット原産のシーズーは寒さに強いといわれることもありますが、それはあくまで先祖の話です。

現在日本にいるシーズーはペット用に繁殖されてきた犬たちなので、寒さに対応するようには作られていないのです。

シーズーはパッと見た感じは豊かな被毛のおかげで暖かそうにみえますが、実は下毛が少ない被毛構造をしているために、体に熱を蓄えておくことが得意ではありません。

そのため寒がりの個体が多いといわれます。

シーズーが寒さを感じるのは何度?

寒がりのシーズーが多いということをご紹介しましたが、では実際、何度がシーズーにとって快適な温度だと思いますか?

答えは、

  • シーズーが快適に過ごせる室内温度…20度前後、湿度…40〜60%

になります。

逆に寒くて大変!となる温度は、

  • シーズーが寒がる室内温度…10度以下

になります。

住んでいる地域によって変動はありますが、外の散歩で短時間寒いところを歩くのはOKでも、普段生活する室内温度が10度以下になってしまうと、常に寒さにさらされることになり、体調を崩してしまう原因になります。

そして、同じシーズーでも環境適応能力というものがありますので、北国育ちのシーズーは若干寒さに強いですが、沖縄のような南国育ちのシーズーは寒さに弱胃という傾向があるようです。

また、シーズーの子犬や老犬の場合、体力が元気な成犬の時に比べ低くなりますので、その分寒さにも適応しにくいことがあるので注意が必要になります。

シーズーの「寒い」のサイン

シーズーを寒さから守るためにも、寒さを感じる時にどのようなサインを出すのか知っておきましょう。

シーズー
  • ブルブルと震える
  • 丸まって小さくなっている
  • 人の傍にくっついてくる
  • ストーブ前で待っている
  • 散歩に行きたがらない
  • 水をあまり飲まなくなる

これらのサインが見られたら、犬が寒いと感じている可能性が高いです。

特に子犬やシニア犬の場合は、寒さが原因で病気になることもあるので注意しましょう。

シーズーの防寒対策

では、実際に寒さを解決するためにはどんな対策をしていけば良いでしょうか。

暖房を点ける

ファンヒーターやコタツ、ストーブなどを点灯して、部屋中を温かくしましょう。

温かい空気は上方へ逃げるため、犬がいる床付近は寒いことがあります。

そういう時は、ホットカーペットや湯たんぽなどを使用して愛犬を温めてあげて下さい。

また、冬場の暖気の循環のためにサーキュレーターを使い、室内の空気を循環させ、室内の気温を一定にすることもおすすめします。

そうすることで、室内の床の空気だけが寒いということがなくなり、電気代の節約にもなります!

ケージを温かくする、保温ベッドに替える

ケージの回りに段ボールやアルミシートを巻くことで保温効果が高まります。

また屋根付きのベッド(ドーム型など)にする、ベッドに毛布を入れるなども効果的です。

そして、シーズーの寝床であるケージやベッドの置き場所も工夫しましょう。

窓に近いところだと気温が他の場所と違い低くなりますし、あまりにもヒーターに近い場所だと暑くなりすぎてしまいます。

シーズーが快適と思える場所に寝床を置き、さらに保温グッズを活用することで、寒い冬でも快適に過ごすことができます。

洋服を着せる

愛犬が震えるほど寒がっているのなら、洋服を着せましょう。

薄地で温かい犬用肌着も売っているので、そういったものを活用すると良いですね。

また散歩の時、暖かい室内から冷えた屋外に出ると、より一層寒く感じます。

散歩を億劫がらせないためにも、コートなどの防寒着を着せて出掛けましょう。

室内飼いのシーズーは、寒がりな個体が多いです。

暖房や洋服を使って防寒対策をしていきましょう。

寒い日にシーズーが甘えて膝に上ってきたりするのも、冬の日の醍醐味ですね。

愛犬とともに、楽しく寒さを乗り切りましょう。

トリミングで短くカットしすぎない

シーズーの場合、定期的なカットが必要になります。

ほとんどの家庭では、お手入れが大変なフルコートにすることはなく、シャンプーやブラッシングがしやすいように、短くカットすることが多いですよね。

夏はそれで全く問題はないのですが、冬にサマーカットのような短さでは冷気が皮膚と接触しやすく、体温が下がりやすくなってしまいます。

冬は夏に比べ被毛を長くすることで、保温効果を高めることができます。

シーズーの寒さ対策での注意3つ

寒さに震えるシーズーは見るに耐え難いですよね。

私たち飼い主は、あの手この手でシーズーが快適に過ごせるように工夫をしますが、注意したいことが3つありますのでご紹介いたします。

1.シーズーの脱水・熱中症に注意

シーズーの脱水や熱中症というと、夏に限ったことに聞こえますが、冬も危険なのです。

室内が寒いということで、つい室内温度を上げすぎて、シーズーにとって過剰な室温になってしまうことがあります。

また、ヒーターの前やコタツの前が暖かく、そこに居座ってしまう場合もあるでしょう。

そういった場合、知らないうちに熱中症になってしまうということがゼロではありません。

そしてもう1つ。

冬は乾燥の季節になりますよね。

シーズーにも同じことが言えます。

ただでさえ寒いと水を飲む量が減ってしまいます。

体の水分量が減ってきますので、意識して水分を取らせるようにしないと、暑い室内で喉がカラカラだと脱水を起こすことがあります。

2.シーズーが過ごす室内と屋外の気温差に注意

寒い地域にお住いの方は要注意になります。

外がものすごく寒い中、室内はぬくぬく快適温度っていうのはよくありますよね。

それは大変居心地がいいものなのですが、その快適な室内から突然寒い外へ散歩に出るというのは、気温差が大きく危険を伴います。

人でもそうですが、気温差が激しいと心臓や血管に負担がかかり、特に老人は気をつけるように言われています。

シーズーにも同じことが言えるのです

暖かいところから突然外へ行くのではなく、寒い廊下や玄関でウォーミングアップをして、少しずつ体を慣れさせてから外に出るようにしましょう。

3.シーズーに洋服を着せっぱなしに注意

寒さ対策の1つに洋服を着せるということがあります。

例えば寒い冬、散歩に行くときに防寒の意味で洋服を着せることはメリットが大きいでしょう。

ただし、室内でも冬は常に洋服を着せるということは、デメリットが生まれてきます。

まず、洋服を着せっぱなしにすることで、シーズーにストレスがかかることがあるのと、被毛が毛玉になりやすくなります。

毛玉になることで、皮膚が引っ張られたりしますので、皮膚が弱いシーズーの場合、皮膚が炎症を起こす原因になったりするでしょう。

また、常に洋服を着ていることで、皮膚呼吸もできなくなりますので、外に行くときに洋服を着せるのはアリでも、室内でも常にというのはあまりオススメしません。

シーズーの冬のお留守番対策は?

シーズー

夏、シーズーのお留守番は、エアコンをつけっぱなしにするなど暑さ対策が必須になります。

では冬は?

悩みますね。

ヒーターやストーブをつけっぱなしにする?

万が一の事故で火災になっては大変ですのでNGです。

ではどうする?

まずは間違いなく安全な、湯たんぽや保温性の高い保温ベッドや毛布を使用します。

そして住んでいるお住まいによっては、それでも寒い!ということがあるかもしれません。

そんな時は、エアコンの暖房を利用しましょう。

ヒーターや石油ストーブ、こたつ、ホットカーペットなどは火災の心配だけでなく、誰も見ていないところでシーズーが熱に当たりすぎ、火傷をしてしまうことも考えられるので、絶対使用しないようにしてください。

エアコンとサーキュレーターを併用することで、室内温度は均一に保たれるのでシーズーが必要以上に寒さを感じることがなくなります。

シーズーの寒さ対策お助けグッズをご紹介!

寒がりのシーズーが暖かく快適に過ごせるように、冬に使って欲しいおすすめグッズをご紹介いたします。

ぜひみなさんのシーズーにお使いください!

シーズーと一緒に共有もあり!「着るロールクッション」

中綿が入っている筒型のクッションになります。

小さなシーズーはすっぽりクッションの中に潜ることができ、飼い主の私たちも、テレビを見ながらクルンと足を隠して、暖かさをキープ!

そして、ただのロールクッションなら最近よく見かけますが、ご紹介するこのロールクッションは広げて膝かけや毛布として活用もでき、3連〜5連モデルから選べ、それぞれ大きさが違うので、お好きなサイズを選ぶことができます。

「着るロールクッション」

安全に使える湯たんぽ「ドギーマン・レンジでチンしてぽっかぽか」

レンジでチンして使える湯たんぽになります。

電気を使うことがないので、安心なのと場所を選ばず使うことができます。

レンジ用パック付きなので衛生的なのと、カバーは洗えるので清潔を保てます。

就寝時や、お留守番をしてもらいたいときなどに大変便利です。

「ドギーマン・レンジでチンしてぽっかぽか」

極寒の土地に住むシーズーのお散歩で「暖-DANペットウェア」

寒い地域に住むシーズーだって、散歩は連れて行ってあげたいですよね。

この洋服には電熱ヒーターが内臓になっているのです!

熱伝導のいいマイクロカーボンファイバー製の電熱線が内蔵されていて、3段階の温度調整でシーズーを素早く温めてくれます。

どんなに厚着をしても寒いと感じるのはシーズーも一緒。

画期的な洋服でシーズーを寒さから守りましょう!

「暖-DANペットウェア」

シーズーには犬用のホットカーペットを!

人間用にもホットカーペットはありますが、大きいですよね…シーズーのためだけに使うには…

家族団らんでみんながいる時はOKでも、シーズーしかいないのに人間用ホットカーペットを使うにはどうしようと思うところです。

どうぞシーズーしか使わないという時にはぜひ、犬用のホットカーペットを活用しませんか?

ちょうどシーズーが寝そべって気持ちいい大きさで、温度もシーズーの体温に近い38度か、シーズーが気持ちいいと感じる28度に設定できます。

カバーが洗えるというのもポイントになります。

「犬用ホットカーペット」

この記事のまとめ

シーズーは寒さに弱い?寒がっているサインと寒さ対策
  • 体重4〜7.3kgの小型犬
  • ダブルコートの長毛種。毛色はゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト、単色(ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなど)、パーティーカラーなど多数
  • 性格は大変穏やかで、子供や他の犬にもフレンドリー。のんびりやに見えるが活発に動くことが大好き!家族大好きだが、べったり依存することはなく一人遊びもできる
  • シーズーが快適に過ごせる室内温度…20度前後、湿度40〜60%
  • シーズーが寒いと感じる室内温度…10度以下
  • シーズーの防寒対策:「暖房を点ける」「ケージを暖かくする、保温ベッドに替える」「トリミングで短くカットしすぎない」
  • シーズーの寒さ対策での注意3つ:「脱水・熱中症に注意」「室内と屋外の気温差に注意」「洋服を着せっぱなしに注意」
  • シーズーの冬のお留守番対策:「湯たんぽや保温性の高い保温ベッドや毛布の活用」「エアコンの暖房&サーキュレーターの活用」

シーズーは寒さに弱い?寒がっているサインと寒さ対策 さいごに

冬は夏と違って、それほどシーズーが過ごす環境に気を使わなくても大丈夫かなと思いがちですが、住んでいる地域やシーズーの年齢や体調によって、夏と同じくらい気温管理が必要になることがあります。

必要以上に神経質になる必要はありませんが、シーズーは私たちよりもずっとずっと小さく、体の体温を一定にキープすることが難しいことがあります。

寒いと口で言えないシーズーの、寒いと感じているサインを見逃すことがないように、どうぞみなさんのシーズーを冬の寒さからお守りください。

全てのシーズーが暖かく快適な冬を過ごしますように。