シーズーの避妊手術について知っておこう!時期は?メリットは?

メスのシーズーの飼い主さんは、避妊手術を受けさせるかどうかで悩むことがあるでしょう。避妊手術には、メリットもあればデメリットもあります。気になる避妊手術について知っておきましょう。

シーズーが避妊手術をする目的

避妊手術はその名の通り妊娠を避けるための手術ですが、それ以外にも目的があります。
  • 妊娠の抑制
  • 子宮や卵巣の病気を避ける
  • 発情のストレスをなくす
避妊手術をすることにはこういったメリットがあります。特に若いうちに避妊手術をした場合、女性器系統の病気はかなりの割合で防ぐことができます。犬はもちろんのこと、飼い主さんの精神的および金銭的な負担も軽くて済みます。 またメス犬は発情期を迎えると、気が立ってイライラしやすくなります。その間に妊娠できなければなおさらストレスになるといわれています。避妊手術をすると発情がなくなるので、このストレスを感じなくて済むのです。

シーズーの避妊手術とはどんな手術?

かつての避妊手術では、卵巣だけを摘出することもあったようですが、現代では子宮と卵巣を摘出する手術が一般的です。妊娠を抑制するためには卵巣だけを摘出すれば良いのですが、出産経験のない犬がなりやすい子宮蓄膿症などを避けるために子宮摘出も行われるようになりました。 しかし近年では、卵巣摘出だけで子宮蓄膿症にはならないというデータも出てきており、いまだハッキリと解明されていない分野でもあります。

シーズーの避妊手術への不安

健康なシーズーに手術を施すことに対し、何の不安も感じないという飼い主さんはおそらくいないでしょう。開腹手術である限り、危険性がゼロということはありえません。また手術によってホルモンバランスの崩れ、アレルギー、更年期障害、尿漏れなどの疾患が発生することもあるといわれます。 もともと体に備わっている器官を排除するということは、生命体にとって大変なことなのでしょう。もちろんこういったデメリットがまったく出ない犬もいます。またこれらの症状が出たからといって、避妊手術に起因するかどうかは調べても分からない場合が多いです。 シーズーの避妊手術には、メリットもデメリットもあります。今なお未解明の部分も多くあるので、判断するのは非常に難しいですね。愛犬に避妊手術を施したことのある飼い主さんに、術後のことなどを聞いてみるのも良いのでしょう。手術の有無に関わらず、健康で長生きする犬はたくさんいます。どちらを選択するにしても、飼い主さん自身が決断するということが大切です。