シーズーにおすすめのオヤツの選び方のコツと注意点


シーズーにおすすめのオヤツは?

あまり加工を加えていないものが安全

シーズーにおすすめなのは、合成添加物をできる限り使っていない天然素材のオヤツです。
犬のオヤツには、保存料や着色料、香料などたくさんの添加物が使われています。
愛犬の健康を考えると、化学物質の過剰摂取は避けたいものです。
オヤツでおすすめなのは、干し肉やドライチーズなど、水分を飛ばして乾燥させたものです。
添加物の含有が少ない上に素材そのものの味わいを楽しむことができます。

手作りのオヤツなら体に優しい

手作りのオヤツもおすすめです。
犬は甘い味が好きだといわれているので、サツマイモやカボチャなど天然の甘味を生かしたクッキーなどは気に入るでしょう。
また、茹でたササミやキャベツ、ブロッコリーなどが大好物な犬もいます。
手作りオヤツの良さは、何といっても添加物が使われていないことです。
時間に余裕のある時は作ってみるのもいいですね。

シーズーのオヤツを選ぶ時の注意点

ガムのオヤツに注意

シーズーのオヤツの中でも、ガムには注意しましょう。
犬はものを食べる時、あまり噛まずに飲み込む習性があります。
飲み込んだガムは体内で消化できないことが多く、下痢や嘔吐の原因になります。
さらにひどい時には腸や気管に詰まって手術が必要になってしまうこともあります。
ガムを与える場合は、消化できる素材で作られているものを選んで下さい。
また、シーズーのサイズに合った大きすぎないものを選びましょう。

原材料欄に注意

オヤツを選ぶ時は、原材料欄を必ずチェックしましょう。
肉のジャーキーといいつつ、材料の多くを占めているのは小麦粉やデンプンだったりします。
また、「肉類」「肉粉末」など、あまり聞きなれない材料を使っているものも多くあります。
「肉類」などは、人間が食べられない肉の部位だったり、何の肉か分からない部分だったりするので、なるべく避けたほうが安心です。
愛犬のシーズーがオヤツを喜んで食べてくれると嬉しいものです。
愛犬の好みに合わせてオヤツを選びましょう。
オヤツをあげる時にアイコンタクトをしてから食べさせるようにすると、飼い主さんとの信頼関係も強化されます。
オヤツを活用して、愛犬とのより良い関係を築いていきましょう。