シーズーにおすすめのペット保険は?選び方

ペット保険に入ろうと思うと、様々なタイプの保険があってどれがいいのか悩んでしまいますよね。そこで、ペット保険初心者の人でも分かりやすいように、ペット保険の選び方についてご説明します。

ペット保険とは?

動物病院へ行ったことがある人なら分かると思いますが、犬の医療費は飼い主さんの全額負担です。そのため、一度の診察で1万円以上かかることもざらです。治療が長引く病気になった時は、それだけ負担も大きくなります。 こういった医療費を軽減するために誕生したのがペット保険です。突然の病気やケガで愛犬に手術が必要になると、まとまった金額が必要になります。保険に入っていれば、金銭面をあまり気にすることなく適した治療を選ぶことができます。急な出費の必要がなく、治療の選択肢が広がる点がペット保険の魅力でしょう。

シーズーにおすすめの保険とは?

ペット保険も人間のものと同様、何を重視するのかが決め手になります。シーズーはあまり病気をしない丈夫な犬ですが、やはり純血種ならではのかかりやすい遺伝病というものがあります。シーズーの場合は、外耳炎、涙やけ、気管の病気、アトピー、椎間板ヘルニアなどが挙げられます。 シーズーがかかりやすい病気の最大の特徴は、「長期治療が必要になる」ことです。そこでシーズーの保険を選ぶ際には、
  • 通院に適用される
  • 通院の回数制限なし
  • 終身保障
  • 高額ではない手術を保障
  • 小型犬特約がある
以上のような補償内容がおすすめです。シーズーは比較的長生きできる犬が多いため、終身保障があると安心です。また小型犬だと保険料が安くなる保険があるので、小型犬であることのメリットを生かすと良いでしょう。 手術に関しては、手術単体での保障がある場合と、通院との合算になる場合もあるので気を付けて下さい。

ズバリ、ペット保険は必要?

犬の寿命も長くなった昨今では、それだけ犬の医療費もかさむことになります。シーズーの場合はかかりやすい病気もある程度想定できるので、保険に入っていても大きく損をすることはないのかもしれません。加入するなら保険料も安く健康体である、若いうちの方が良いといえます。 とはいえ、病気にかかるか否かは、どの犬も未知数です。また高度な医療技術を受けたい人とそこまで必要としていない人とでは、治療に対するスタンスが違います。他の意見に左右されすぎず、自分で責任を持って判断することが何より大切でしょう。 シーズーの保険は、通院保障がついた終身タイプのものがおすすめです。気になるものは資料請求をしたり、実際にペット保険に加入している人に意見を聞いてみたりするのも良いですね。最終的には飼い主さん自身が判断して決めるようにしましょう。