シーズーは毛色によって性格の違いがある?毛色の種類と特徴


シーズーは毛色による性格の違いはない

シーズーにはいくつもの毛色があり、そのどれもが公認犬種として認められています。
毛色のパターンが細かすぎるため、毛色による性格の違いはありません。
シーズーの性格は、毛色ではなくそれぞれの犬ごとの個体差だと考えられます。

シーズーの毛色

シーズーの毛色は、大きく2つのパターンに分けられます。

  • 1.ホワイトを基調とした2色
  • 2.ソリッドカラー(単色)

一般的に流通しているのがホワイトを基調とした2色です。
ソリッドカラーは非常に珍しく、特に日本では入手が困難なカラーとなっています。

1.ホワイトを基調とした2色

日本で見かけるシーズーの大半は、この毛色パターンです。
ここでも大きく分けると、

  • ゴールド&ホワイト
  • ブラック&ホワイト

の2パターンあります。
中でも「ゴールド」の定義は幅広く、イエロー系から赤茶系まで含まれます。
そのためゴールド&ホワイトと表現されていても、そのカラーは個体によって大きく差があります。
また、ホワイトの配合量によっても見た目がずいぶんと違ってきます。
ここにも一定の決まりはないので、ホワイトが多かったり少なかったりという個体差があるのです。

2.ソリッドカラー(単色)

ソリッドカラーは、オールブラックやオールホワイトなど、単色の毛色です。
これらは非常に希少価値が高く、どうしても欲しい場合はヨーロッパから取り寄せたりするようです。
他にもホワイトを基調としない2色の組み合わせ(ゴールド×ブラック他)などのレアカラーもあります。

シーズーの毛色は変わっていく?

シーズーに限りませんが、犬は成長するに従って毛色が変わることがよくあります。
子犬の頃は真っ黒な顔だったのが、成長とともに薄くなったりします。
シーズーの場合も同じで、成長とともに白い毛が増えて色が薄まることが多々あります。
これは犬に見られる正常な変化で、なおかつ個体差があるため子犬の頃に予測することは困難です。
そのためシーズーを飼う時には、毛色が変化する可能性を認識しておくことが大切です。
シーズーの毛色には多様性があり、カラーによる性格の違いはありません。
そのため好みの配色を選ぶと良いでしょう。
シーズーは成長過程で毛色が変わることもあります。
たとえ変色したとしても、大切な家族であることは変わりません。
一度飼った犬は最後まで大切にお世話をしましょう。