シーズーって飼いやすい?シーズーには魅力がたくさん

シーズーが飼いやすい5つの理由

シーズーにはたくさんの魅力がありますが、飼いやすい理由は大きく分けて5つあります。
順番にみていきましょう。

1.小型犬だけど丈夫

シーズーの成犬時の体重は4~7kgです。
小型犬にしては大きめですが、抱っこしたりバッグに入れたりできるサイズなので、女性や高齢の方でも抱っこや持ち運びが可能です。
またシーズーはガッシリした骨格をしており、丈夫です。
特定の疾患などもほとんどないので、長生きできる犬でもあります。

2.抜け毛が少ない

長毛ではありますが、下毛がかなり少ないダブルコートの犬なので、意外にも抜け毛は少ないです。
定期的なトリミングが必要ですが、毎日の毛のお手入れはブラッシングだけでOKです。
飼い主さんにとっては掃除やお手入れの手間がかからないのは楽ですね。

無駄吠えしにくい

個体差はありますが、むやみに無駄吠えをすることのない、おだやかな犬が多いようです。
吠える時は、おやつや遊びを求めての要求吠えが多いようです。
その場合は、吠える理由を明確にして対策を取っていきましょう。

攻撃性が少ない

人や犬に対して、噛んだり威嚇したりといった攻撃性を見せることはほとんどありません。
そのため初心者でも飼いやすく、しつけもしやすいです。

人懐こい

人見知りをせず、友好的な性格の犬が多いです。
小さな子供とも仲良くできるので、幅広い家庭で安心して飼うことができます。
人と一緒にいることが好きなので、できるだけ留守番時間は短くしましょう。

シーズーを飼う時に気を付けたいこと

比較的飼いやすいシーズーではありますが、シーズー特有の気を付けたいポイントは知っておきましょう。

耳掃除はこまめにしよう

シーズーのように垂れ耳で被毛が豊かな犬は、耳の中が蒸れやすく外耳炎など耳の病気になりやすいです。
耳掃除はこまめに行い、耳の内側の毛は抜いてもらうなどの対策をしましょう。

被毛のお手入れは定期的に

シーズーの毛は放っておくとどんどん伸びてくるので、定期的なトリミングが必要です。
また毛玉防止のためブラッシングは毎日行いましょう。
ブラッシングを継続することで、美しい被毛を保つことができますよ。
穏やかな性格で手間がかからないシーズーは飼いやすい犬といえます。
しつけもしやすく、初心者向けの犬種でもあります。
ただし、耳と被毛のお手入れは欠かさないようにしましょう。
魅力いっぱいのシーズーをたくさん可愛がって下さいね。