知っておこう! ヨークシャーテリアを迎える準備と飼い方のポイント

犬を家に迎え入れるときは、初日から困ることがないように必要なものを準備しておかなければなりません。飼う前の用意には少し手間がかかるかもしれませんが、それもきっと楽しいと感じるのではないでしょうか。家族の一員となるヨークシャーテリアが安心して快適に過ごせるように、事前に準備しておきたいものと飼い方のポイントをお伝えします。

飼う前に準備しておくもの

まずは最低限、準備しておくものを挙げてみました。

サークル、もしくはケージ

サークルやケージの中でトイレを覚えさせたり、好き勝手に生活をしないようにしたりするために必要になります。サークルやケージの広さはトイレと寝床が置けるスペースが確保でき、ある程度犬が動けるくらいのものを選ぶのがよいでしょう。

寝床

子犬の頃は粗相をしてしまうことも多いので、丸洗いできる毛布やバスタオルを敷いて寝床にするのがよいでしょう。もしくはクレートを寝床として使うことも可能です。クレートを使うことのよい点は、子犬のころから慣らすとクレートが安心できる場所だと認識するようになるので、抵抗なく中に入るようになります。

トイレトレーとペットシート

ペットシートが犬のトイレになります。とくに子犬の頃は、いたずらをしてペットシートを噛みちぎってしまうことがあるので、メッシュが付いたトイレトレーを使うほうが安心でしょう。

給水器とえさ皿

とにかくよく動きまわるので、ウォーターボールだとひっくり返して水をこぼすことがよくあります。そのため、サークルやケージに取り付けられる給水器を用意したほうがよいでしょう。えさ皿は陶器やステンレス製のもので、平らでふちのある形状のものが適しています。

ドックフード

できれば販売先や譲渡先で食べていたドックフードと同じものを準備したほうがよいです。急に違うドックフードに変わるとおなかを壊したり、食欲が落ちてしまったりすることもあります。子犬の頃は食べる量が少ないので、2kgくらい用意すれば十分です。

飼い方のポイント

ヨークシャーテリアを飼う上で、いくつか気をつけたいことがあります。

温度管理

ヨークシャーテリアは暑さと寒さに弱いので、夏場はエアコンを適温に設定したり、冬は犬用のホットカーペットを用意してあげたりして、健康管理をする必要があります。

こまめなブラッシング

ヨークシャーテリアの光沢のある美しい被毛を保つのに、ブラッシングは欠かせません。ブラッシングを怠ると毛玉ができてしまうので、毎日ていねいにお手入れをしてあげましょう。

適度な散歩

ヨークシャーテリアは運動量が少なくても大丈夫なので、部屋の中で遊ばせれば毎日欠かさず散歩をさせなくても平気ですが、散歩をすることで社交性が身についていくので、適度に連れていく必要はあります。

まとめ

前述したもの以外にも、ヨークシャーテリアを飼うのにブラシやおもちゃ、リードや首輪など、まだまだ必要になってくるものはありますが、一度に全てを準備するのは大変です。そのため飼った後、必要になったものから順に用意していくのがよいでしょう。ヨークシャーテリアが安心して過ごせる環境をつくってあげてくださいね。