チワワのトレーニングは必要!?うまくいく秘訣はコレ!

チワワと長年楽しく暮らしていくためには、トレーニングが欠かせません。しかしこれまでチワワや室内犬を飼ったことがない人は、何から始めればいいのか戸惑うこともあるのではないでしょうか。ここでは、トレーニングの大切さとポイントをご紹介します。

チワワのトレーニングはなるべく早めに始めよう!

チワワを買い始めたら、なるべく早めにトレーニングを開始しましょう。

子犬の頃の方が覚えも早く、トレーニングがしやすいです。

チワワがおうちに慣れた3日~1週間後くらいから徐々にトレーニングを始めていきます。

チワワは頭が良い上に好奇心が旺盛な犬です。

新しいことを覚えるのが大好きなので、チワワはトレーニングしやすい犬といえます。

家族全員がチワワに同じルールで接すること

トレーニングを開始したら、家族全員がチワワに対して同じように接することが成功の重要なポイントです。

上手くできたらご褒美におやつをあげると決めたのに、トレーニングに関係なくいつでもおやつを与えてしまう人が一人でもいるとします。

するとチワワは誰の言うこともきかなくなり、トレーニングが失敗に終わってしまいます。

特に子供さんやお年寄りのチワワの甘やかしには注意しましょう。

トレーニングの基本はアイコンタクト

トレーニングを始める時に大切なのは、アイコンタクトです。

チワワが飼い主さんと目を合わせることにより、愛犬とコミュニケーションを図ることができます。

比較的従順な性格のチワワは、初めからアイコンタクトが得意ですが、気の強いチワワだと、なかなか目を見ようとしません。

目をきちんと見れないということは飼い主さんを信頼できていないという意味なので、まずは信頼関係を築いていく必要があります。

チワワとアイコンタクトができるようになると、目を合わせるだけで愛犬が立ち止まったり吠えるのを止めたりします。

まさに「目は口ほどに物を言う」の典型例ですね。

アイコンタクトはどんなトレーニングにも対応できます。チワワによくある悩みが、トイレと無駄吠えです。

どちらも一度癖がつくと直すのは大変なので、早めにトレーニングをして覚えさせましょう。

うまくできたらチワワをたくさん褒めよう

トレーニングで気を付けるのは、できないからといってチワワを叱らないことです。

怖い思いをすると、チワワは飼い主さんを信頼しなくなります。

上手くできたら大げさなくらい褒め、できない時はスルーでトレーニングしていきましょう。

また、褒めるタイミングも大切です。上手くできたらすぐに褒めます。

時間が経ってから「さっきはえらかったね」と言っても、チワワは何を褒められたのか理解できません。

チワワのトレーニングで重要なのは、声の高さ

そして意外と重要なのが、声の高さです。

褒める時は普段より高めの声を意識的に出すようにします。

高い声には犬のテンションを上げる働きがあり、チワワはとても嬉しくなります。私たちも興奮すると知らぬ間に話す声が高くなったりしますよね。 チワワのトレーニングは日々の積み重ねが大切です。

根気よく頑張りましょう。