フレンチブルドッグの価格とは?激安ブリーダーは避けるべき?

フレンチブルドッグを購入する場合、価格はどれ位だと想像しますか?あまり安いイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。フレンチブルドッグをどうしても飼いたい場合、少しでも価格が安いブリーダーを探すのは当然ですが、あまりにも安すぎるブリーダーは避けるべきなのでしょうか?フレンチブルドッグの価格の相場と激安ブリーダーについて考えてみましょう。

フレンチブルドッグの価格とは?

フレンチブルドッグを飼おうとするとき、気になるのはその値段です。決して安いとは思えませんが、実際にいくら位で購入することができるのでしょうか? フレンチブルドッグの価格の相場は20万円~50万円と、とても幅があります。チャンピオン犬の子犬である場合、パイドやクリームのように人気がある毛色の場合、価格が高くなってしまう傾向があります。また月齢が高くなっていくほど価格は安くなっていきます。フレンチブルドッグの場合は、ブリーダーよりもペットショップで購入するほうが安い傾向があります。

フレンチブルドッグはブリーダーで購入するべき?

フレンチブルドッグは、他の犬種よりも注意することが多い犬種です。フレンチブルドッグの特徴や注意することを詳しく教えてくれるブリーダーで購入するのがお勧めです。購入してからも、いろいろと相談することができるようなブリーダーを選ぶようにしましょう。 フレンチブルドッグを購入するとき、ブリーダーがペットショップよりも高額になる理由の一つに、フレンチブルドッグの出産に手間がかかるということがあります。フレンチブルドッグは頭が大きいために他の犬種よりも難産になることが多く、出産は帝王切開になることが多いので、自然出産の犬に比べるとどうしても費用がかかってしまい、それが子犬の価格に投影されているということになります。しかしフレンチブルドッグを専門に扱っているブリーダーは、知識も豊富でフレンチブルドッグにかける愛情も大きく、初めてフレンチブルドッグを飼う人には安心して迎えることができるでしょう。

激安ブリーダーは避けるべき?

比較的、高価であるフレンチブルドッグですが、中には激安の価格で購入することができることもあります。そういう場合は、安くなる理由がありますので値段だけで決めることなく、安くなっている理由に納得できるのなら購入するのも良いのではないでしょうか。 価格が安くなる理由には、月齢が高くなり大きくなってしまっている、人気がない毛色である等ですが、ミックス犬であったり、病気があったりする場合もないとは言えませんので、しっかりと犬舎を見学してから決定するようにしましょう。

まとめ

フレンチブルドッグを飼うことを考えているときは、フレンチブルドッグを専門に扱っているブリーダーで購入するのがお勧めです。比較的、価格が高い傾向にあるフレンチブルドッグですが、価格が安いこともあります。その場合には必ず安くなっている理由がありますので、その理由を確認して納得できる場合のみ、購入するようにしましょう。初めてフレンチブルドッグを飼う場合は、激安のブリーダーは避けた方が無難かもしれません。