フレンチブルドッグを初めて飼う場合、激安販売店は避けるべき?


フレンチブルドッグの価格の相場とは?

フレンチブルドッグの価格の相場は幅が非常に広く、安い場合は15万円位で、高い場合は50万円位になります。
性別ではオスよりもメスのほうが高くなります。
また毛色にも人気カラーがあり、パイドやクリームが人気があり、価格にも反映してきます。
親犬がチャンピオン犬であると、価格が跳ね上がってきます。
フレンチブルドッグの価格が他の犬よりも高い理由は、出産に手間がかかってしまうためです。
頭部が大きいフレンチブルドッグは出産が帝王切開になることが多く、費用も手間もかかってしまう分、価格にプラスされていることが多いです。

フレンチブルドッグが激安になる理由とは?

フレンチブルドッグはブリーダーで購入するよりもペットショップで激安で販売されていることが多いです。
ペットショップで見かけることが少ないフレンチブルドッグですが、中にはフレンチブルドッグの専門店もあります。
フレンチブルドッグの専門店ではなく、他の犬種もたくさん販売されているショップで激安で販売されているとしたら、何か理由があると考えるほうがいいでしょう。
帝王切開で出産することが多いフレンチブルドッグを自然分娩させている場合も考えられます。
また先天的に体が弱い場合や悪質なブリーダーが繁殖させた場合なども考えられます。

激安販売店は避けるべき?

フレンチブルドッグが激安価格で販売されている場合、初めて犬を飼う人は避けたほうが無難だと言えます。
フレンチブルドッグは他の犬種よりも手間がかかることが多いです。
太りやすい、病気になりやすい、抜け毛が多いなど、何かと気をつけなければならないことが多く、初めて犬を飼う人には混乱することが多いですので、できるだけ元気でしっかりとした環境で生まれ育った子犬を選ぶようにしましょう。
安くなる理由には、月齢が高くなって大きくなりすぎてしまった場合、人気がない毛色である場合もあります。
この場合は犬の健康には全く問題がありませんので、気にならないのであれば、そういう犬を選ぶのも良いかもしれません。
また毛色や大きさなどがスタンダードからかなり外れてしまっているフレンチブルドッグも安くなる傾向がありますので、納得できるのであればその犬を選ぶというのも悪くないでしょう。

まとめ

フレンチブルドッグは手間のかかる犬種であり、価格も高く設定されていることが多いです。
そんな中で激安のフレンチブルドッグを見かけたら、何か理由があるという風に考えたほうが良いでしょう。
その理由がフレンチブルドッグの健康に問題がなく、納得できるのであれば選択するのも良いですが、初めて犬を飼う人は避けた方が無難だと言えます。