トイプードルにかかる費用は高い?病気や食事など生涯にかかるお金

トイプードルを飼ってみたいけれど、生涯にどれくらいの費用が気になるという人は多いですね。
犬を飼うということは、購入費用はもちろんですが、毎日、何らかのお金がかかってきます。
命あるものですので、毎日食事は必要ですし、いつ病気や怪我をするかもしれません。
突発的な費用が発生しても慌てないために、飼う前にどれくらいの生涯費用がかかるのかを予習しておきたいですね。

トイプードルの購入費用と準備費用

まずトイプードルの購入費用と迎えるために必要な費用が、最初にまとめて発生してきます。
トイプードルの子犬はペットショップ、ブリーダー、譲ってもらうなどで費用が異なりますが、ペットショップで購入すると考えると20万円~30万円というのが一般的です。
ケージや食器、トイレや首輪、リードなどの費用は2~3万円位でそろえることができます。
抜け毛が少ないトイプードルですが、コームやブラシなどのケア用品も必要です。
シャンプーを自宅でするのなら犬用のシャンプーも用意しておきましょう。

毎月の費用はどれくらい?

毎月かかってくる費用は、毎日の食事とおやつ代です。
それにトリミングにペットサロンに連れて行くという場合も、トリミングの費用がかかってきます。
食事代とおやつ代は月に1万円以内にはおさめられますが、節約しようと考えて質が悪い安すぎるドッグフードを与えるのは健康上、好ましくないので避けるようにしましょう。
毎月の費用を抑えるためには食事やおやつを手作りする、トリミングを自分で行うなどの方法がありますが、手作りの食事やおやつも、犬が食べてはいけないものなどがありますので、意外と材料費がかかってしまうこともあります。

医療費はどれくらい?

医療費は突然病気になったときや怪我をしたとき以外にもかかります。
ワクチン接種は義務付けられているものではありませんが、子犬の頃から接種すべきものであると考えられています。
狂犬病予防の予防接種は必ず接種しなければならないものです。
最初に接種するときには登録費用もかかります。
ワクチンは大体1万円前後になることが多いです。
フィラリア予防も義務付けられていませんが、罹ると大変な病気のため、しておいたほうが良いですね。
これらの予防接種はペット保険に加入していても対象にはなりませんので実費となります。
突発的な病気や怪我は保険がきくものが多いので、ペット保険には加入しておいたほうがいいでしょう。
ペット保険に加入している場合は、保険費用がかかってきます。

まとめ

トイプードルに生涯にかかる費用は、購入代金と準備代金にプラスして、毎月の食事代や諸費用、医療費に平均寿命をかけたものと考えることができます。
トイプードルの寿命が16年として計算してみると、250万円前後の生涯費用がかかることになります。
これを考えると、可愛いからと衝動買いできるものではないということがわかります。
一生涯、きちんと世話をし続けられるのか、よく考えてから飼うようにしたいですね。