チワワで大人気のレアカラー“イザベラ”とは?


チワワの基本情報

ロングコートチワワ

チワワはただ、見た目のかわいさから人気があるわけではありません。

体が小さいので、マンション暮らしの人でも飼いやすく、運動は必要ですが大型犬と違い、毎日長時間運動する必要がありません。

そのため体力に自信がない年配の方や女性でも、きちんと飼うことができるのが魅力の1つになります。

また、チワワは気が強い一面もありますが、大変賢い犬種でもあるので、犬を飼うことが初めてでもゆっくりチワワと向き合うことが可能です。

チワワの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:1.5〜3kg
  • 体高:15〜23cm
  • 被毛の長さ:スムースコート、ロングコート
  • 被毛の種類:シングルコート、ダブルコート両方あり
  • 毛色:ホワイト、ブラック、クリーム、フォーン、レッド、チョコレート、ブラック&タン、パーティーカラー、トライカラー、ブリンドル、マール、ブルー、グレー、イザベラなど多数
  • 価格相場:20万円〜 血統や見た目の良さ、人気カラー、レアカラーなどの条件により60万円以上になることも
  • 平均寿命:10〜16歳
ロングコートチワワ

チワワは大変寒さや暑さに弱い犬種になるので、室内の気温管理が大切になります。

また手足が細く、関節を痛めたり骨折をしやすいので、活発に動きたがるチワワですが、ケガをさせないように注意しましょう。

チワワの丸い頭(アップルドーム)はかわいさの特徴でもありますが、先天的に水頭症を持っていることが多いと言われます。

軽度の水頭症は全く症状がなく、知らずに犬生を全うすることもありますが、何かおかしいと思った時には、早めに獣医さんに相談するようにしましょう。

チワワの性格・気質

  • 好奇心旺盛
  • 負けず嫌い
  • 怖がり
  • 活発
  • 賢い
  • 甘えん坊
  • 献身的
  • マイペース
チワワ

チワワは大変賢く、教えたことは比較的すぐに覚えてしまいます。

また長く一緒に生活していると、家族の性格を把握し始め、相手によって態度を変えたり、どう甘えたら遊んでもらえたり、おやつをもらえたりするかを学習します。

知らない人にはオーバーなほど警戒心を見せることがありますが、一度心を開いた人間には真っ直ぐに深い愛情を向けてくれます。

チワワは臆病で攻撃的と言われることがありますが、飼い主さん次第で臆病さはいくらでもカバーができます。

つい繊細な見かけから守ってあげたくなりますが、過保護にしすぎたり甘やかしすぎたりしないことで、フレンドリーで愛されチワワに成長してくれます

チワワの毛色について

チワワはカラーバリエーションが豊富な犬です。

単色もあれば、いくつかの色が混ざったものもあり、そのパターンも犬によって違うのが面白いですよね。

そんなチワワのカラーには、とてもレアなカラーというものがいくつかあります。

レアカラーの中でもイザベラというカラーがとても人気です。

チワワのレアカラーとはどういうもので、レアカラーのチワワはどんなところに注意しなければならないのか、考えてみましょう。

チワワのレアカラーとは?

◆チワワのレアカラー種類

  • ブルー
  • ブルー&タン
  • ブリンドル
  • イザベラ
  • マール(ジャパンケネルクラブで認められていないカラー)
ロングコートチワワ

チワワの中には、よく見かけるクリームやブラックなどの他にも、あまり見かけないレアカラーのチワワがいます。

レアカラーには、マール、ブルー、グレー、イザベラなどがあります。

マールはまだら模様になっているカラーです。

マールの中でもブルーマールが特に人気です。

青みがかった灰色のブルーやグレーも珍しいカラーです。

珍しいカラーのチワワは人気もあり、入手も困難ですが、手に入ったときの嬉しさは計り知れないものがあります。

しかしレアカラーのチワワには注意しなければならないことがあるということを頭に入れておきましょう。

イザベラってどんなカラー

イザベラというカラーはチョコレートが色あせたような色です。

ブラウン系、アイボリー系のイザベラがよく見られます。

イザベラと言うカラーはチワワ独特なものではなく、他の犬種にも見られますが、チワワはその小ささときれいな色とのコントラストがよくマットして、まるで動くぬいぐるみのような愛らしさです。

ペットショップでも人気があり、すぐに売れてしまうので目にすることも稀です。

チワワのイザベラは両親ともイザベラであれば、ほぼ確実にイザベラが生まれますが、稀に両親ともイザベラでなくても生まれる場合があります。

イザベラのチワワ、注意することは?

イザベラのチワワは、本当にきれいで可愛いので、ペットショップで見かけたらすぐに欲しくなってしまうかもわかりません。

しかしイザベラを含むレアカラーのチワワには注意しなければならないことがあります。

レアカラーのチワワは体が丈夫ではないことが多く、病気にかかりやすい傾向があります。

体が丈夫でないということを、ペットショップやブリーダーから説明を受けても、なおイザベラのチワワは人気があります。

どうしてもイザベラのチワワが欲しい場合は、信頼できるブリーダーやペットショップを探して、健康管理にはしっかりと気を配って飼育するようにしましょう。

イザベラのチワワは病気になりやすいって本当?

ロングコートチワワ

チワワはもともと小さい体ということもあり、他の犬種よりも健康管理をしっかりしてあげないと、病気になったりケガをしやすかったりする傾向があります。

ではレアカラーであるイザベラはというと、どこから迎え入れるかでだいぶ変わってきます。

というのも、レアカラーのチワワはレアと言われるだけあり、簡単には誕生しません。

人気があるので、生まれれば高額で取引されます。

そこに目を付けた悪質ブリーダーやペットショップは、どうにかレアカラーのイザベラのチワワを誕生させようと、無理な交配でイザベラのチワワを作り出そうとします。

そうして生まれたイザベラのチワワは、通常のチワワと違い、先天性の疾患を持っていることも多く、虚弱体質である場合が多い傾向にあります。

ただし、全てのブリーダーやペットショップが悪質なわけではありません。

中にはきちんと親チワワの健康管理をし、正しい方法で無理なく交配しているブリーダーも存在します。

そういった管理の下誕生したイザベラのチワワは、他のチワワと全く変わらない健康状態で育つことが可能です。

イザベラのチワワが欲しいというみなさん。

ぜひ見つけた。ラッキー!ではなく、どこからそのチワワが誕生してきたのかを見定めて決めるようにしましょう。

イザベラのチワワの育て方

たまたま運良くイザベラのチワワと出会い、家族として迎え入れました。

さて、どうやって育てたら?

何か特別な管理は必要?

悩みます。

まず生活環境やしつけ、散歩など基本的な育て方は他のチワワと全く同じになります。

イザベラのチワワは、毛色は珍しいカラーをしていますが、性格は生粋のチワワ。

他のチワワ達とは変わりません。

ただ1つ、他のチワワ達と変わった管理といえば、ぜひ健康管理には気を配るようにしましょう。

もともとイザベラのチワワは、体が弱い個体が多いということと、先天性の疾患がある場合があるので、日頃からチワワの状態を管理し、少しでも様子がおかしいときは、早い時期に病院にかかるようにしましょう。

また、定期的に検診を受けることで、万が一の病気にも早くから治療を開始することができます。

特に抵抗力のない子犬時期は必要な予防接種をきちんと受けたりすることが大切で、普段と違う何かに気づくためにも、普段の行動をきちんと観察することが私たちの役目になります。

またシニア時期になったら、半年に1回は検診を受け、健康維持に努めましょう。

イザベラのチワワの寿命は?

イザベラのチワワは体が弱いとか、先天性の疾患が…と先々不安になってしまいますが、実際平均寿命はどれくらいなのでしょうか。

チワワの平均寿命は10〜16歳と言われていますが、近年、獣医学の進歩のおかげもあり、長生きするチワワが増えています。

ではイザベラはというと、個体によりだいぶ開きが出るのが事実のようです。

イザベラとは、毛色遺伝子の組み合わせで生まれた毛色になり、全てのイザベラのチワワが何かしらの疾患を持っているわけではありませんが、他のチワワに比べ、体が弱かったり先天性の疾患を抱えていたりする場合が多いので、個体によっては平均寿命を超えることが難しいこともあるかもしれません。

少しでも寿命を延ばしてあげるために、

  • 良質な栄養価の高い食事
  • 適度な運動
  • ストレスを溜めさせない

など、私たちができる基本的なことを、しっかり愛情を持ってやってあげることと、

  • 定期的な検診

を行い、万が一、何かしらの病気が見つかった時には、必要があれば専門医の診察を受けるなどし、早い段階で治療を開始してあげるようにしましょう。

一昔前ならなかなか管理が難しかった先天性の病気も、最近では薬でコントロールでき寿命を全うできるということもあります。

私たちの努力も大いにイザベラのチワワの寿命に関わってくることをお忘れなく!

イザベラのチワワは高額!?

チワワの価格相場は20万円〜になります。

価格はどこからチワワを購入するかによって、だいぶ変動はありますが、価格が高くなる条件として、

  • 血統がいい(親犬がチャンピオンなど)
  • スタンダードに近い
  • レアカラーの被毛
  • 体が小さい
  • 生後3ヶ月前後
  • メス

などがあります。

血統がいい場合やスタンダードに近いチワワの場合、仮に毛色がレアカラーでなかったとしても、高額な場合100万円を超えることもあり得ます。

逆に、レアカラーであるはずのイザベラのチワワが、相場よりも安い価格で売られていたとしたら、理由をしっかり確認したほうがいいと言えます。

相場が安くなる理由として考えられるのは、

  • スタンダードから外れている
  • 体が大きい
  • 月齢が過ぎている

などが考えられます。

ただ、上記のような理由で安くなっている場合、納得の上であれば、健康上何の問題もないのでOKですが、ときに1番望まない「健康上の問題」で安くなっていることがあります。

後々のトレブルを防ぐためにも、相場よりも安いと感じたときにはなぜその価格なのか、納得がいくまで確認するようにしましょう。

イザベラのチワワはどこから購入するべき?

チワワは人気犬種になりますので、ペットショップで容易に出会うことができ、ブリーダーも比較的簡単に見つけることができるでしょう。

でもイザベラのチワワが欲しいとなったら?

イザベラのチワワで、しかもちゃんと健康なチワワが欲しいと望むのであれば、ぜひ、ブリーダーから迎え入れることをおすすめします。

そして、ちゃんとしたブリーダーから購入するために、インターネット上または電話だけで交渉をし、購入を完結させるのではなく、必ず犬舎まで出向き、両親に会い、犬舎の状態を自分で確認するようにしましょう。

また、なぜペットショップはダメなの?と思うこともありますよね。

ペットショップがダメなわけではありません。

良質なブリーダーがいるように、大変素晴らしいペットショップも存在します。

ただ、ペットショップからの購入に慎重になる理由として、

  • 両親がわからない
  • どういう環境で生まれてきたかわからない

など、イザベラのチワワのバックグラウンドが不透明なことが多いのです。

もしペットショップの方で、ブリーダーがわかり、両親の照会もすべてできるということであれば、問題なく購入してもいいかもしれません。

イザベラとチョコレートはわかりにくい!?

イザベラの毛色は、ブラウンにグレーを混ぜたような毛色をしています。

フォーンやホワイト、クリームなど同じく淡いカラーの毛色もありますが、イザベラはそれらとはまた違う、異国情緒漂う毛色になります。

そんな魅力溢れるイザベラカラーのチワワですが、全てのイザベラが同じ色調ではありません。

ときにより、チョコレートの毛色とイザベラの毛色が大変似ることがあります。

それでもチョコレートカラーのチワワと並べば、違いは一目瞭然なのですが、単独では「あれ?」と思うことも。

生まれた時からはっきりカラーがわかるチワワもいれば、生まれた頃はイザベラと思ったけど、成長とともにチョコレートに変化するということもあります。

成長とともに毛色が変化していくこともありますので、強くイザベラのチワワじゃなきゃイヤ!という希望がある場合、購入するときには十分注意が必要になります。

チワワで大人気のレアカラー”イザベラ”とは?
  • 体重1.5〜3kgの小型犬
  • シングルコート とダブルコートがあり。毛色はホワイト、ブラック、クリーム、フォーン、レッド、チョコレート、ブラック&タン、パーティーカラー、トライカラー、ブリンドル、マール、ブルー、グレー、イザベラなど多数
  • 性格は大変賢く物覚えがいい。知らない人には警戒心むき出し。ただし心を開いた人間にはこれほどなく献身的に尽くそうとする。育て方次第でフレンドリーにもなる
  • チワワのレアカラー:ブルー、ブルー&タン、ブリンドル、イザベラ、マール
  • イザベラのチワワは個体により、虚弱体質だったり先天性疾患を持っていたりする場合がある
  • イザベラの育て方:基本は普通のチワワと同様だが、健康管理に気を配ることが重要
  • イザベラのチワワの寿命は個体差があり、その他のチワワより短いこともあり得る
  • イザベラのチワワは他のチワワより高額な場合が多い。相場より安い場合は理由を確認すること
  • イザベラのチワワはしっかりとしたブリーダーからの購入がベスト

チワワで人気のレアカラー”イザベラ”とは? さいごに

チワワは他の犬種に類を見ないほど、たくさんの毛色を持っています。

たくさんあるチワワの毛色の中でも、滅多に見ることができないレアカラーというものがあります。

その中でも特にイザベラというカラーは、チワワの小ささと色の美しさがマッチしていて、とても人気があるカラーです。

魅力的な毛色ですので、つい見とれ、欲しいと思ってしまいますね。

しかし体が丈夫ではない傾向があるので、購入したい場合は、信頼できるブリーダーかペットショップを探して健康管理に注意して、長生きできるように努めましょう。

全てのイザベラカラーのチワワが問題を持つわけではありませんが、問題を抱えているイザベラカラーのチワワは、他の毛色を持つチワワに比べ多いのも事実です。

もし本当にイザベラカラーのチワワを希望する場合、そういった現実をよく考えた上で判断するようにしましょう。