チワワの生理と対処法~メスのチワワを飼ったら知っておこう!

メスのチワワを飼う際は、生理について知っておく必要があります。犬の生理は「ヒート」とも呼ばれ、発情期を迎えたメスにだけ起こります。ある日いきなり愛犬が出血して慌てることがないように、あらかじめメスのチワワの体の仕組みを理解しておきましょう。チワワの生理とその対処法をご紹介します。

チワワの生理 生理前~生理中(発情前期)

メス犬は、生後6~10か月で初めての生理を迎えます。

チワワのような小型犬は、大型犬よりも早く生理が来ると言われています。

また、個体差があり生後4か月で生理になる場合もあります。

避妊手術を考えている飼い主さんも手術の時期に関わることなので、メス犬を飼い始めたら生理の兆候がないかをチェックしておきましょう。

生理前には、陰部が腫れてきます。

目で見て分かるくらいに膨らんできたら出血間近です。

チワワはソワソワして落ち着きがなくなり、食欲にムラが出たりします。

生理が始まると、出血が7~10日間続きます。体の小さなチワワの出血量はそれほど多くありませんが、ベッドに血が付いたりポトポトと垂れたりすると不衛生なので、出血している時は犬用おむつやマナーパンツをはかせましょう。

自分で舐めとってしまい出血が全く分からないチワワもいるので、そろそろかなと思う頃は毎日チェックしてください。

生理中のチワワはぐったりして元気がなくなることもあります。

また何日もご飯を食べない時もあります。生理は病気ではありませんし、時期が過ぎれば次第に元に戻りますので、無理強いせずにゆっくりさせてあげることが大切です。

散歩もチワワが行きたがらないのであれば、元気が出てくるまでお休みしましょう。

チワワの生理 生理後半(発情期)

出血が終わって2~3日すると、メスのチワワは発情期を迎えて妊娠可能になります。

出血が始まってから10~14日前後が最も妊娠しやすい時期です。

チワワに限らず、犬は割と簡単に妊娠してしまう動物ですから、望まない妊娠を避けるためにも他の犬には近寄らないようにしましょう。

オス犬はメス犬の生理の匂いによって発情します。

メス犬もこの時期はオス犬を拒まないのでなるべく外に出さないようにし、もしも出かける時にはマナーベルトを着用しましょう。

チワワの生理で気を付けたいこと

チワワの1回の生理期間は1~2週間で、年に2~3回あります。

人間と同じように生理の周期を覚えておくためにも、生理になった日付や日数をメモしておきましょう。

生理中は病原体の侵入を受けやすい時期でもあるので、不衛生な場所には出かけないようにしてください。

また生理でない時に出血していたら、子宮内膜症の疑いがあります。

普段からチワワの体調には気を付けておきましょう。

生理になって発情したのにオス犬に近付けてもらえないことは、メスのチワワにとってストレスになります。

また女性器官が病気になるリスクも年齢とともに高まります。

もし出産を望まないのであれば、愛犬のために早めの避妊手術を検討しましょう。