ミニチュアダックスフンドにNGな食べ物は?手作りごはんでは要注意!

ミニチュアダックスフンドには食べてはいけない食べ物がいくつかあるのですが、手作りごはんを作るときには、ぜひそれらに注意してくださいね。
ドッグフードが今ほど発達していなかった時代は、犬の食事はもっぱら人間の残り物や手作りのごはんということもありました。今はほとんどがペットフードになりましたが、体調の問題で手作りのごはんを作ることもあるでしょう。ミニチュアダックスフンドには食べてはいけない食べ物がいくつかあるのですが、手作りごはんを作るときには、ぜひそれらに注意してくださいね。

人間の食べ物は避けよう!

部屋の中で飼われることが多いミニチュアダックスフンドは人間が食べている食べ物を欲しがることが多いです。あまり何度も欲しがると、ついかわいそうになって与えたくなりますが、人間のために味付けをした食べ物は犬にとっては塩分などが強すぎて、カロリーも高すぎます。お菓子類なども人間用のものは糖分やカロリーが高いので、おやつは犬用のものか手作りにします。 犬は人間の残り物を食べる時代ではありません。長生きさせたいのであれば、犬のために作られたものを与えるべきです。人間が平気で食べているものでも犬にとっては命取りになるような危険なものも多いので、人間と同じものを与えるのは避けなければなりません。

絶対に食べてはいけない危険な食べ物

ミニチュアダックスフンドには食べてはいけない危険な食べ物が多いです。人間には何ともないものでも、犬にとってはとても危険なものも多いので、ミニチュアダックスフンドの手作りのごはんを作る人は、必ず知っておかなければなりません。 たまねぎ、ネギ、にんにくなどは栄養があり人間はよく食べるものですが、犬には絶対に与えてはいけません。ハンバーグなども人間のものは玉ねぎを入れますが、ミニチュアダックスフンドに与える場合、玉ねぎは入れないようにしましょう。ぶどうやレーズンなども、あまり知られてはいませんが危険な食べ物です。アボカドも同様です。甘さを好むことが多い犬でもチョコレートは絶対に与えないようにしましょう。

できれば避けたほうがいい食べ物は?

犬が好むことが多いので与えることが多いけれど、できれば避けた方がいい食べ物も多いです。牛乳を与えることも多いかと思いますが、乳糖を分解できない犬が多く下痢をしてしまうことがあります。犬用の牛乳を与えるようにしましょう。 人間用のハムやソーセージも欲しがりますが、人間用のものは塩分やカロリーが高いので与えないようにしましょう。米飯やパンなども肥満につながることが多いです。特にパンは胃の中で膨張してしまい危険なことがありますので注意しなくてはなりません。犬はもともと野生の動物なので生肉は与えても大丈夫な印象ですが、寄生虫などの危険があるので必ず加熱してから与えましょう。骨付きの鶏肉などは、喉に骨を詰まらせる危険が高いので、必ず骨は取り除いて与えましょう。

まとめ

ドッグフードがあまり発達していなかった時代に平気で与えていた食べ物が、実は犬には危険なものであったことが最近になってわかってきたことも多いです。危険だと言われている食べ物でも、何ともない犬たちも多いですが、だからと言って食べて良いというわけではありません。ミニチュアダックスフンドに与えても良いものか迷ったときは、動物病院で聞いてみるか、犬の情報雑誌やネットなどで検索して確認するようにしましょう。