キャバリアにおすすめの首輪は?首輪の役割とは?


キャバリアは長毛で可愛い容姿が人気の犬種です。
穏やかな性格でとてもしつけがしやすいのですが、首輪を常につけておくべきかどうか迷いますよね。
首輪をつけるとしても、どういう首輪を選ぶと良いのでしょうか?キャバリア先天的には僧帽弁閉鎖不全という心臓の病気が多いと言われます。
そんなキャバリアにおすすめの首輪はどういうものか、考えてみましょう。

キャバリアに首輪は必要?

キャバリアは部屋で過ごすことが多い小型犬です。
しかし首輪がなければ外出や散歩が難しいですね。
リードをつけずにキャリーバッグやカートに入れて外出するときでも、犬が飛び出さないための飛び出し防止リードをつけていないと危険です。
飛び出し防止リードは首輪かハーネスをつけていないと取り付けることができません。
先天的に体が弱いことが多いキャバリアですが、運動とストレス解消のためにと散歩に連れて行くことが必要です。
散歩には首輪とリードが必需品となります。
首輪は飼い主をぐいぐい引っ張らずに、飼い主の横を歩くようにしつける意味もあります。
ぜひキャバリアに似合う首輪を探してあげてくださいね。

キャバリアにおすすめの首輪とは?

キャバリアにおすすめの可愛い首輪と言えばハーフチョークがあげられるのではないでしょうか。
ハーフチョークというのは半分が皮革、半分がチェーンでできている首輪で、頭からすっぽりかぶせるだけで装着できるので、キャバリアにも負担をかけません。
ハーフチョークは引っ張りグセを直すトレーニングにも最適な首輪です。
少し値段が高くなりますが、ぴったりのものにするにはオーダーメイドにするのもいいですね。
革の部分に穴がなく、ベルト式のものに比べると長持ちしますので、長い目で見るとリーズナブルです。
デザインも可愛い物が多いので、キャバリアを一層華やかに見せてくれる効果もあります。

首輪が苦手なキャバリアにはハーネスを

ハーフチョークの首輪は負担が少ないですが、気管が弱い犬にとっては、どうしても苦手な場合もあるでしょう。
そんな場合はハーネスを利用するといいでしょう。
ハーネスとは、首ではなく胴に取り付けてリードをつける胴輪のことです。
ハーネスにはリードと一体化したものや、洋服と一体化したものなどがあり、意外とバラエティ豊かです。
洋服と一体化したハーネスをリードなしで着せると、キャリーバッグの飛び出し防止リードにも対応できます。
ハーネスのサイズは小さすぎると窮屈で苦しくなり、大きすぎると散歩の途中で脱げてしまい危険な状態になることがあります。
しつかりとサイズを測って、ぴったりのサイズを選んであげるようにしましょう。

まとめ

キャバリアにおすすめの首輪はハーフチョークです。
デザインも豊富なので、ぴったりと合うものを選んであげましょう。
首輪は基本的に家の中でははずしておいてあげてください。
キャバリアのような毛が長い犬種であると毛切れや摩擦が起きてしまいます。
また首周りがむれて皮膚病の原因になることもあるので、必要なときのみ使用するようにしましょう。
首輪に慣れるには部屋の中で、子犬の頃に少しずつ練習するようにしましょう。