キャバリアにおすすめのペット保険とは?

ペットも長寿になり、高齢になってくると様々な病気にかかるようになります。
ペットの医療費は思ったよりも高額になり驚くことも多いですよね。
しかし可愛いペットのためには、できる限りのことをしてあげたいものです。
キャバリアに最適なペット保険を探す場合、どのようなことに気をつけておけばいいのか、どのような補償がついてくるのか、加入する前にいろいろと比較検討しておくことが必要です。

キャバリアがなりやすい病気を補償してくれる保険を選ぼう

キャバリアは先天的に僧帽弁閉鎖不全症という心臓病にかかりやすいです。
この病気は小型犬に多い心臓病なのですが、特にキャバリアには多く発症し、8割位のキャバリアが僧帽弁閉鎖不全症になってしまうので、避けては通れない道だと考えなければなりません。
ペット保険の加入を考えるときには、当然のことながら心臓病に備えるべきです。
心臓病にかかってからでは保険に加入することができませんので、できるだけ早く加入しておくことがおすすめです。
通院でも保険金を受け取ることができるペット保険も多いので、通院が多くなる高齢犬になる前に加入しておくといいですね。

ペット保険とは何を補償してくれるの?

ペット保険の保障内容と保険料は保険会社によって異なります。
ワクチンなどの予防接種は、どの保険会社でも適用外になります。
入院・手術の補償はどの保険会社でも適用ですが、通院費があるところは少なかったです。
しかし今ではペットの高齢化に伴い通院費を補償するところが多くなっています。
補償内容は保険会社によって差があまりなくなっていますが、保険金がいくらになるかはプランや保険料によります。
ほとんどのペット保険は終身加入することになりますので、比較するときには、ずっと加入していることが可能な保険料か、補償はキャバリアに向いているのかを、じっくりと検討する必要があります。

キャバリアにおすすめのペット保険とは?

キャバリアが一番気をつけなければならない病気は僧帽弁閉鎖不全症です。
その他にも膝蓋骨脱臼、外耳炎、流涙症にもかかりやすい傾向があります。
そのことを踏まえてペット保険を選ぶようにしなければなりません。
しかし何と言っても僧帽弁閉鎖不全症は、発症してしまうと一生付き合っていかなければならないので、薬代などがとてもかかってしまいます。
通院治療がしっかりと補償されているペット保険を選ぶことが必要です。
万一、手術や入院ということになった時に、年間補償限度額が高く設定されている保険がいいですね。
保険料が高いと補償額も高くなりますが、ポイントは保険料が安く、キャバリアの病気に対して補償額も高く設定されている保険を選ぶことです。
長い期間加入するペット保険ですので、家計を圧迫するようなことになってもいけません。
いくつかのペット保険の資料を取り寄せて最適な保険を選びましょう。

まとめ

キャバリアは先天的に僧帽弁閉鎖不全症という心臓病にかかりやすい傾向があります。
ペット保険に加入する場合は、この病気にかかったときに、どれくらいの補償があるかということを比較しながら選ぶようにしましょう。
ペット保険は病気になってしまうと加入することができません。
また高齢犬も加入することができませんので、加入する場合はできるだけ早く決めるようにしたいです。