キャバリアにおすすめのドッグフードとは?

ちょっと繊細そうなキャバリアにおすすめのドッグフードとはどういうものなのか考えてみましょう。
犬を飼ったら、まず気になるのが食事のことですね。毎日の食事ですから、体に良くて美味しいものを与えたいです。でもペットショップにはたくさんのドッグフードがあって、どれを選べばいいのかわからないときがあります。ドライタイプやウェットタイプ、半生タイプなどの中からどういうものを選べばいいのでしょう?ちょっと繊細そうなキャバリアにおすすめのドッグフードとはどういうものなのか考えてみましょう。

キャバリアがかかりやすい病気に配慮したドッグフードとは?

キャバリアにはかかりやすい病気がありますが、その病気に配慮したドッグフードを選びたいものです。ドッグフードには、病気のときや病気がちのときに食べる療養食というものがありますが、そこまでいかないまでも、かかりやすい病気に配慮したドッグフードを選びたいものです。 犬種別のドッグフードをよく見かけますが、特に犬種別でなくても、添加物が入っていない良質のドッグフードを選ぶようにしましょう。良質のドッグフードは値段が少し高いものが多いですが、犬の体を作るのは毎日の食事だと考えると、決して適当に考えるわけにはいきません。キャバリアは心臓病にかかることが多い犬種なので、まずは肥満にならないこと、塩分を控え目にすることに気をつけましょう。 <

無添加・グレインフリーのドッグフードを選ぼう!

キャバリアにとって良質なドッグフードは、無添加でグレインフリー(穀物不使用)であることが重要です。穀物は特に何も考えずに与えてしまいがちですが、犬には消化しにくいものであり与える必要がないものです。添加物はアレルギーの原因となることがあるばかりでなく、体に悪い影響を与えてしまうものもあるので、無添加のものを選びましょう。 値段が安いドッグフードは、価格を落とすために材料の質を落として添加物が含まれていることが多いです。多少価格が上がっても、無添加、グレインフリー、そして人間でも食べられるレベルの肉類を原料にしている(ヒューマングレード)ものを選びましょう。これらの条件を満たしているドッグフードは「カナガン」、「ネルソンズドッグフード」、「アカナ」、「アランズナチュラルドッグフード」だという評判です。一度試してみるのもいいですね。

ドライタイプが望ましい?

ドッグフードにはドライタイプ、ウェットタイプ、半生タイプがあります。一番よく見かけるのはドライタイプですが、ウェットタイプや半生タイプのほうを好む犬も多いですね。ウェットタイプは食欲のない場合にはいいですが、ずっと食べるドッグフードとして選ぶには、値段も高くなりますし、食べ過ぎてカロリーオーバーになる心配があります。 長い目で考えると、やはりドライタイプがキャバリアにとっても最適なのではないでしょうか。ドライタイプは噛まなくてはいけないので、歯石の付着を防ぐのにも効果的です。固いものが食べられないときは、お湯でふやかすと柔らかくなりますので、子犬の頃からドライフードに慣れるようにしましょう。

まとめ

キャバリアに最適なドッグフードは、ドライタイプで無添加、グレインフリー、ヒューマングレードの原材料を使用した良質のものを選んであげましょう。毎日の食事のケアをしっかりとすることで、かかりやすい病気である心臓疾患やアレルギー、歯周病、膝蓋骨脱臼、関節炎などに配慮することができます。健康な体を作るのは良質なドッグフードだということを心がけておきたいものです。