チワワがドッグランで遊ぶ時に注意するポイントとは?

ノーリードで遊べて様々な犬と触れ合えるドッグランは、チワワにとっても楽しい場所です。ドッグランは多くの人や犬が利用する場所なので、みんなが楽しく利用できるように最低限のマナーは守る必要があります。チワワをドッグランに連れて行く時には、どんなことに気を付ければ良いでしょうか。

チワワのしつけができるようになってから参加しよう

チワワとドッグランに行く時には、あらかじめ狂犬病やワクチンの接種を必ず済ませておく必要があります。

利用に証明書の提示が必要なドッグランもありますので、事前に確認しておきましょう。

また、チワワの発情期にドッグランを利用することは控えましょう。

マナーベルトをしていても、不特定多数の犬が出入りするドッグランは愛犬、他の犬ともに危険過ぎます。

ドックランの利用はチワワにある程度のしつけができてから

ドッグランは社交的な場ですので、呼び戻しができる・飼い主さんの指示が聞けるなど、ある程度のしつけができている必要があります。

また、おやつやおもちゃは持ち込み禁止のところもあるので注意しましょう。

他の人や犬に吠えるチワワは、ドッグランには不向きです。

ずっと吠えている犬がいるとみんなが楽しく遊べなくなります。

他の飼い主さんや犬たちに迷惑をかけないためにも、チワワに無駄吠えのしつけを行ってから参加しましょう。

ドッグランで注意すること

チワワとドッグランに入る前にはトイレを済ませておくのが基本です。

ただし事前に排泄させていても、ドッグランで遊んでいるうちに興奮してウンチをする犬もいます。

もしもチワワが粗相をしてしまった時は、他の犬の迷惑にならないように素早く片付けましょう。

ドッグランでは、チワワから絶対に目を離さないように注意します。

チワワの危険管理はもちろん、愛犬が他の人や犬に危害を加える可能性もあります。

小型犬・大型犬で遊び場が分かれている場合は、きちんと守りましょう。

犬の大きさで遊び場が分かれていないドッグランでは、先に大型犬が遊んでいたら時間を置いてから利用するようにした方が安全です。

チワワはとても小さいので、何十倍もの体重の大型犬と絡むだけでケガをしてしまうことがあります。

飼い主さんの責任で、安全が確保できる場所でのみ放すようにしてください。

他の犬が苦手なチワワは貸し切りのドッグランを利用しよう

ドッグランで他の犬と遊ぶのが苦手なチワワは誰も使っていない時間帯に利用する、もしくは貸し切りにできるドックランを利用することをおすすめします。

チワワは警戒心の強い犬ですから、走るのは好きでも他の犬とは仲良くできないというケースも少なくありません。

他の犬がいなければ、チワワを安心して伸び伸びと遊ばせてあげることができるでしょう。

また、チワワの中にはノーリードで走ることをあまり好まず、公園や自然の豊かなところを歩くことや、飼い主さんと二人で遊ぶのが好きというチワワもいます。

ドッグランの利用は、チワワの好みに合わせてあげましょう。