キャバリアは他の犬と比べて飼いやすい?

飼いやすい犬種と言われることが多いキャバリアですが、どのように飼いやすいのかを考えてみましょう。
犬を飼いたい人が気になることの一つに「飼いやすさ」があります。特に犬を飼うのが初めてなら、飼いやすい犬を選びたいですよね。キャバリアが飼いたいと考えている人は、キャバリアが他の犬種と比べて、どれくらい飼いやすいかどうかが気になります。飼いやすい犬種と言われることが多いキャバリアですが、どのように飼いやすいのかを考えてみましょう。

飼いやすさランキングで常に上位のキャバリア

犬の飼いやすさをランキングにしたものを、いくつかのサイトで見ることができます。そのランキングを見てみると、キャバリアが常にランキングの上位にあげられています。飼いやすさの感じ方にはいろいろあり、飼う人の環境によっても違います。そして個体差もあります。それでもキャバリアが上位になることが多いと言うことは注目すべきことです。 キャバリアの他に飼いやすいと言われている犬種はトイプードル、ミニチュアダックスフンド、シーズー、パピヨンなど、比較的小さい犬があげられますが、大型の犬ではゴールデンレトリバーが人気です。共通しているのは穏やかで頭が良いというところでしょう。

性格の良さはトップクラス!

キャバリアの飼いやすさは、その性格の良さにもあります。犬らしくない犬ということもできます。見知らぬ人や動物に対する警戒心が全くなく、誰に対しても友好的にふるまいます。そのため番犬には向かないのですが、犬に番犬の役目を求めている人には、キャバリアは不向きだと言えるでしょう。 頭が良いので、しつけもすぐに入ります、無駄吠えもほとんどないので、共同住宅で飼育するのにも適しています。穏やかで優しいので、小さい子どもや高齢者がいる家庭でも大丈夫です。もともと猟犬なので運動も得意で遊ぶのが大好きなので、一緒にいる時間をたっぷり取れる人には、可愛くて飼いやすい犬となることでしょう。

飼う上で他の犬よりも気をつけなければならないことは?

性格も頭も良いキャバリアですが、他の犬種と比べると飼いにくい点もあります。特に気をつけなくてはいけないのは、心臓疾患になりやすいということです。心臓疾患の中でも僧帽弁閉鎖不全症という病気の発症率が高いので、キャバリアを飼う人は、この病気と付き合うことになることを覚悟しなくてはいけないでしょう。 もし心臓疾患を発症しても、薬などを使ってうまく病気と付き合っていくことで長生きするキャバリアも多いです。しかし外耳炎、膝蓋骨脱臼など、他にもかかりやすい病気は多いので、他の犬種よりも医療費はかかってしまうかもしれませんが、今は犬の寿命も全般的に延びて、その代わりに様々な病気にかかる犬が多くなっています。キャバリアも他の犬も、肥満させないようにすることが大切なのは言うまでもありません。

まとめ

キャバリアは飼いやすい犬のランキングでは、いつも上位にランクされる犬です。しつけにも苦労することはあまりなく、無駄吠えもしませんが、甘えん坊で警戒心がないというところが良いところでも悪いところでもあります。他の犬種よりもかかりやすい病気はありますが、たとえ発症してもうまく付き合っていくことで長く生きることもできます。個体差はありますが、キャバリアはほとんどの人が飼いやすいと感じる犬のようですね。