フレンチブルドックのお風呂の入れ方


フレンチブルドックをお風呂に入れよう~準備から手順まで~

短毛種のフレンチブルドックは毛が抜ける量も多いですし、皮膚疾患になることも多い犬種です。
適度にお風呂に入れてあげることは、清潔を保つうえでも大切です。
ツヤツヤきれいになり、フワフワ良いシャンプーの匂いになったら可愛さ倍増です。
ここでは、フレンチブルドックのお風呂についてご紹介します。
お風呂に入れて気持ちの良い生活を送らせてあげましょう。

お風呂に入れるタイミング

フレンチブルドックをお風呂に入れるのは、特に異常がない場合2週間に1回程度、夏場でも1~2週間に1回程度で大丈夫です。
皮膚病などで薬浴の指示がある場合は、そのシャンプー剤や頻度を守ってください。
シャンプーのし過ぎも皮膚にダメージを与えてしまうことがあるので良くありません。
適度に入れてあげ、清潔を保ってあげましょう。
また、体調が良くないときやワクチン接種後などは避けて行うようにします。

準備するもの

ブラシ

ブラッシングに使います。
ドライヤーの際にも使用します。

シャンプー

犬用のものでそのフレンチブルドックにあったシャンプーを用意します。

タオル

全身がふける程度の大きさがあるバスタオルを準備します。
やわらかいものが良いでしょう。
顔まわりを嫌がるようなら洗うために使うハンドタオルなども用意しましょう。

ドライヤー

人用のものでも大丈夫です。
あまり熱くなりすぎないように、距離を離す等気を付けましょう。

お風呂の入れ方

浴室、シャワーの音、お湯、ドライヤーの音等に慣らしておく

突然知らない場所で、聞いたことのない音を聞くのでは警戒心や恐怖心から、お風呂を嫌がるようになってしまうかもしれません。
それぞれに十分慣らしておいてから、実際にお風呂。
に入れるようにしましょう。

ブラッシング

余計な毛を取り除いておきます。

肛門腺搾り

肛門の両脇には、臭い分泌物がたまる肛門腺というものがあり、この分泌物を絞り出します。
中にはたまらない(排便などで一緒に体外に出る)犬もいますが、たまってしまう犬も多いです。
ほっておくと化膿してしまったりすることもあるので、搾ってあげましょう。
最初はプロに搾り方を教えてもらうのが良いでしょう。

全身を濡らす

シャワーで全身を濡らします。
鼻に入らないように気を付けてください。
お湯は35度程度のぬるま湯です。
足元からお尻、腰、背中、首といった順番でだんだん前を濡らしてください。

シャンプー

そのシャンプー剤の使用方法を守りシャンプーしましょう。
爪はたてないように気を付け、全身を良く洗います。
顔のしわも丁寧に洗ってあげましょう。

すすぎ

ぬるま湯で、すすぎ残しのないようにしっかり洗います。
シャンプー剤が残っていると皮膚トラブルの原因にもなりますので、しっかりすすぎましょう。
顔などはタオルなどを使って上手にすすいであげてください。

乾かす

バスタオルなどで拭いたあと、ドライヤーでしっかり乾かします。
濡れたままにするのも皮膚トラブルになることがありますので、しっかり乾かしましょう。
ブラッシングしながら乾かします。
耳の中はコットンや、やわらかいタオルなどで拭いてあげましょう。