あなたのシーズーは何色? シーズの毛色にはどんな色があるの?


シーズーの基本情報

シーズー

飼いたい犬種の上位は小型犬が多いですよね。その中でも人気があるのがシーズーになります。

シーズーの歴史は古く、その昔、中国の宮廷で大変深く愛され、「神の使い」とも言われ、大切にされてきました。

見かけのかわいさだけでなく、性格が穏やかで優しく、年齢問わず、犬を飼うのが初めてでも飼いやすいということも人気の理由かもしれません。

また、子供がいる家庭や多頭飼いをするにも向いています。

シーズーの身体的特徴

  • 原産国:中国
  • 大きさ:小型犬
  • 体重:4〜7.3kg
  • 体高:20〜27cm
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 毛色:ゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト、パーティーカラー、単色(ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなど)
  • 価格相場:10〜20万円(血統がいい、スタンダードに近い、珍しい毛色などの条件で価格は上がっていきます)
  • 平均寿命:14〜16歳
シーズー

シーズーの体の特徴は、体長が体高より長いところになります。

小さな体ですが、骨格がしっかりしています。

また最大のかわいさは、ペチャっと潰れた鼻と小さな口はシーズーのチャームポイントではないでしょうか。

そして、いろんなカットスタイルを楽しめるシーズーの被毛の毛色には様々な種類があり、成長とともに毛色が変化していくのも特徴です。

短毛種と違い、毎日の被毛のお手入れは必須になりますが、お手入れが行き届いたシーズーの美しさは、神の使いと言われるに相応しいと、納得の美しさを見せてくれます。

シーズーの性格・気質

  • 穏やか
  • 好奇心旺盛
  • フレンドリー
  • 遊ぶときは非常に活発
  • 献身的
  • 頑固
  • 賢い
  • 何事にもポジティブ

乱暴なシーズーは見たことがないというくらい、シーズーは穏やかで明るく、誰にでもフレンドリーに接することができます。

大変のんびり屋でマイペースなので、それほど運動量はいらないのかなと思われがちですが、遊びの時は違う犬かと思うほど活発に動き、体全身を使い大はしゃぎで遊びます。

大型犬のように長期間の運動は必要ありませんが、室内飼いで散歩をほとんどしないというと、シーズーに大変ストレスがかかってきますので、毎日の散歩はストレス解消も兼ねて、必ず必要になります。

また、シーズーは賢く物覚えも早いので、しつけは問題なくできそうですが、多少頑固な一面があるため、うまくシーズーのやる気を持ち上げながらトレーニングをする必要があります。

ポピュラーな毛色は?

シーズーには、色々な毛色が存在しますが、日本でトップ2の人気をもつカラーといえば、ゴールド&ホワイトとブラック&ホワイトの2種類になります。

それでは、これはどのような色なのか、それぞれの色についてご説明していきましょう。

ゴールド&ホワイト

日本でシーズーの一番人気の色にというと、こちらのカラーになります。

ゴールド&ホワイトというと、どのような色かしらと思われるかもしれませんが、日本語で茶白シーズといわれたら、まずこちらのカラーのことです。

つまり、茶色と白色のまだらカラーになるのですが、一般的には白がベースカラーで、そこに茶色がまざっています。

具体的にみますと、この茶色の部分は、レッド系やオレンジ系、マホガニー系などと色合いや明るさが、シーズーの個体によって異なり、毛色が微妙に違ってくるのです。

シーズーのゴールド&ホワイトは千差万別な毛色

上記でもご説明したように、シーズーのゴールド&ホワイトは、ゴールドの部分の色合いで毛色は1つではなく、限りない色合いがあります。

ゴールドの部分の色合いで多いのは、

  • レッド系
  • オレンジ系
  • マホガニー系

になります。

基本の毛色はホワイトで、そこに様々な色合い(明るさ)のゴールドが混ざっていきます。

ただし稀に、ホワイトとゴールドの色合いが半々というシーズーがいます。

ただそれは滅多に現れず、増して、ゴールドの毛色がメインで、ホワイトが混ざるというシーズーは非常に珍しい毛色になります。

ブラック&ホワイト

ゴールド&ホワイトに次いでNo.2の人気をもつのが、このブラック&ホワイトのカラーになります。

この色は、ゴールド&ホワイトのようにバリエーションはなく、白と黒のまだらになります。

白黒どちらの配色が多いかは、その個体によるようです。

シーズーのブラック&ホワイトはブラックの割合がみんな違う!

シーズーのブラック&ホワイトの毛色も一般的な毛色で、よく見かける毛色になります。

でもよく見るとわかりますが、1頭1頭ブラックの毛色が占める割合が違うのです。

また年齢とともに、ブラックの毛色は黒色が浅くなってくることがあり、場合によってはグレー&ホワイトにさえ見えることがあります。

この色合いについては、子犬の時点で見極めることはやや困難になりますが、シーズーの両親の毛色を見ることで、若干の予測はすることができます。

珍しい毛色は?

日本で珍しいとされる毛色は、ソリッド(単色)とゴールド&ホワイトとブラック&ホワイト以外のパーティーカラーといわれています。

具体的にどのような色なのか、それぞれのカラーについてみていきましょう。

ソリッド(単色)

このソリッドの色には、ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなどが挙げられます。
日本では、非常に珍しいこのソリッドですが、アメリカなどではオールブラックのシーズーがポピュラーなようですね。

同じシーズーでもゴールド&ホワイトとブラック&ホワイトを見慣れているので、単色になるとまるで別の犬種のような印象をうけます。

その他のパーティーカラー

このその他のパーティーカラーとしてあげられるのは、ホワイトを基調としないゴールド(レッド、オレンジ、マホガニー)とブラックの組み合わせや、ブリンドル&ホワイト、グレー&ホワイトなど多彩な組み合わせがあります。

シーズーの毛色は成長とともに変化する?

シーズー

シーズーにはたくさんの毛色がありますが、同じシーズーでも、生まれた時の毛色がずっとシニア犬まで同じかというと、そうではありません。

いきなりゴールドがブラックになるということはありませんが、子犬の頃、濃かった毛色は成長とともに薄くなっていくことが多いです。

成犬〜シニア犬になるまで、コロコロ毛色は変化していきますが、個体差が大きいため、子犬の時点でどんな変化になるかは予測できません。

どうしてもイメージだけでも掴みたいという場合は、シーズーの親犬を見てみるのも方法かもしれません。

いずれにしろ、その年その年でいろんな変化を見せてくれる被毛を見るのは、楽しみの1つになるのではないでしょうか。

シーズーの毛色別で性格は変わる?

よくトイプードルなどの場合、毛色別に若干性格に違いがあるなんて聞きますが、シーズーの場合はどうでしょうか?

答えは意外でしょうか、あまり変わりがないのです。

シーズーは生まれ持った気質はどの毛色のシーズーも同じで、あとは、どんな環境でどのように育つかで決まってきます。

甘えん坊のまったりシーズーにするか、キビキビ活動的で元気なシーズーにするかはあなた次第かもしれませんね。

アメリカ系シーズー、ヨーロッパ系シーズー、毛色に違いはある?

シーズーには2種類あるのをご存知でしょうか?

シーズーはアメリカ系とヨーロッパ系とあります。

◆アメリカ系シーズーの特徴

見た目重視で小柄でかわいらしく、小型を目指した体型。

◆ヨーロッパ系シーズーの特徴

健康で丈夫でいるように、骨格がしっかりした体型を目指しているため、アメリカ系シーズーよりやや体が大きい印象。

日本にはアメリカ系のシーズーがほとんどな様子で、ヨーロッパ系シーズーは少数派になります。

ただ本場アメリカでは、単色のブラックカラーのシーズーが人気です。

また、珍しい毛色としてレバーカラーのシーズーがいて、口元や鼻もレバーカラーなことが多く、そういったシーズーも人気があります。

シーズーのブラックは日本で手に入る?

海外で人気のブラックの毛色を持つシーズーは、普段ペットショップで見かけることはほぼありません。

日本では大変珍しい毛色になります。

ブラックの被毛を持つシーズーを見たことがない人が見れば、それがシーズーかさえわからないかもしれません。

そんなシーズーを欲しい場合、シーズー専門のブリーダーなら出会える確率が高くなります。

ただその場合も常にいるとは限らず、価格も通常のシーズーとは桁違いに高いことが多く、40万円〜ということもあります。

シーズーの肉球の色は個体によって違います

シーズーにはたくさんの毛色があることがわかりました。

そして、肉球にも色々な色があるのをご存知でしょうか?

大抵肉球の色はブラック、ピンクのどちらかの場合が多いですが、シーズーの場合、そのいずれかの色か、ブラックとピンクがブチになっている場合や、ブラックの色が薄くなりグレーという場合もあります。

またその肉球の色は成長とともに変化することが多いと言います。

毛色や肉球の色が、成長とともに変化する犬種というのはそう多くはなく、そういった意味でもシーズーを飼うと、1年1年の成長の変化を一緒に楽しむことができるのではないでしょうか。

シーズーの毛色のお手入れはどうする?

シーズーの毛色は年齢で変化していきます。

これは、どんなに子犬の頃の色をキープしたいと願っても、その変化を止めることはできません。

ただ、お手入れをきちんとすることで、その時々の色をさらに艶やかに、キレイに魅せることはできます。

シーズーの被毛はシルクのように細く繊細です。

ブラッシングを怠ると、すぐに毛玉になってしまうでしょう。

そういう状態が続くことで、せっかくのシーズーの毛色は艶をなくし、本来はキレイなゴールドやブラックが、お手入れをしていない老婆の被毛のようになってしまいます。

そんなことにならないためにも、毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。

◆シーズーのブラッシングに必要なもの

  • ピンブラシ
  • スリッカーブラシ
  • コーム
  • ブラッシングスプレー(必要に応じて)

シーズーの涙やけ問題

シーズー

単色のブラックカラーのシーズーを除き、どんな毛色のシーズーも、ぶち当たるのが涙やけではないでしょうか。

目の周りや時に口周りが赤くなってしまうことがあります。

基本的に毛色が薄い犬種はどの犬にも起こり得る現象で、せっかくのかわいい顔が赤く染まってしまうと、少し残念ですよね。

この涙やけは名前の通り、涙が被毛に付き、その涙の成分や雑菌などにより、白い被毛が赤く染まってしまうのです。

原因はいくつか考えられます。

体の疾患としての原因では、

  • 涙が過剰に出る状態(結膜炎、角膜炎、眼瞼内反、マイボーム腺炎など
  • 鼻炎
  • 歯牙疾患
  • 鼻涙管が詰まっている
  • アレルギー

などがあります。

それらが原因の場合は、獣医さんと相談しながら解決方法を探っていくようになります。

また、飼い主の私たちができることとして、

  • 食べ物の見直し

があります。

少なからず、合わない食べ物を食べていると涙の量が増え、涙やけにつながるケースが多々あります。

そのため、涙やけがきになる時にはまず、食べ物を変えてみるという方法を試してみましょう。

プラス、最近では涙やけに良いとされるサプリメントもあります。

そして、顔が常に濡れている状態は、常に雑菌が繁殖する環境になりますので、気が付いた時に、顔を拭いてあげ、毎日キレイなコットンなどで顔を清潔に拭いてあげることをおすすめします。

また、すでに赤く染まってしまった被毛は切らない限り、白くは戻りません。

だからと言って、涙焼けが解決していない段階で、赤い部分を切ってしまうと、どんどん涙やけが広がっていくことになりますので、目に被毛が入らないようなカットは必要ですが、むやみに赤い部分全てを切ろうとしないようにしましょう。

シーズーはカットしたら毛色や毛質が変わる?

よく聞いたことはありませんか?

クリッパー(バリカン)でカットすると、毛が生えなくなるとか、毛質が変わるなど…

基本的にシーズーはクリッパー(バリカン)でカットしても、毛色が変わることはありません。

毛質に関しても、ほぼ問題はないとされていますが、稀にカットしてから生えてくる被毛にウェーブがかかって生えてくることはあります。

ただ、シーズーをフルコートにすることを考えている場合を除けば、見かけが悪くなってしまうことはありません。

この記事のまとめ

あなたのシーズーは何色?シーズーの毛色にはどんな色があるの?
  • 体重4〜7.3kgの小型犬
  • ダブルコートの長毛種。毛色はゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト、パーティーカラー、単色(ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなど)
  • 性格は穏やかで社交的なので、子供がいる家庭や多頭飼いしたい人向き。賢く物覚えも早いが多少頑固なところあり
  • シーズーのポピュラーな毛色:ゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト
    同じゴールド&ホワイトでも毛色は個々に違い、レッド系、オレンジ系、マホガニー系とある
  • ブラック&ホワイトのシーズ0はブラックの広津で見かけが違い、年齢によってブラックがグレーっぽくなることがあり
  • シーズーは年を取るごとに毛色が変化し、色が薄くなってくる
  • アメリカ系、ヨーロッパ系シーズーは体格に差はあっても、毛色に違いはない
  • ブラックの毛色のシーズーはブリーダーから入手可能。ただし高額の場合が多い
  • シーズーの肉球にはブラック、ピンク、ブチとあり、成長で変化する
  • シーズーの毛色はお手入れで変色を止める事はできないが、毛並みはキレイにできる
  • シーズーはカットしても毛色は変わらない。毛質は稀に少しウェービーになることがある

あなたのシーズーは何色?シーズーの毛色にはどんな色があるの? さいごに

この犬種は、どんなカラーだといけないという規定がないが故に、本当に色々な毛色があって、目にも楽しいですね。

ただ、毛の色が変わるということで有名な犬種でもありますので、飼い始めて色が変わってしまっても驚きませんように。