どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの?


どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの? シーズーを飼い始めると、みんなこのシーズーという犬種にめろめろになっていくようです。
愛犬であるシーズーが亡くなってしまった後も、2代目、3代目とシーズーにこだわって家族に迎えるという話はよく聞きます。
では、なぜこうもシーズーが愛されるのか、その性格とオスとメスとで性格の違いがあるのかについて、ご説明していきたいと思います。

シーズーの性格

シーズーは、はじめて犬を飼う人にも飼いやすい犬種であるといいます。
これは、まず小型犬というサイズもありますが、その性格によるところが大きいのです。
一般にシーズーの性格は、天真爛漫、社交的で、子供を含め家族の誰ともよい関係を築けるようです。
活発で、遊び好きでもあるので、子供の遊び仲間にもなりますし、その行動を見ていても楽しい犬種です。
また、もともと先祖は、中国の宮廷やイギリス王室で愛玩犬として飼われていただけあって、誇り高く、良く言えば独立心が高い、悪く言うと頑固なところも併せ持ちます。
また、頭が良く、きちんとしつけをすれば、それに答えてくれますが、逆にしつけが出来ていないと、日々のお手入れもいやがって、出来ないと困った事態にになることもあるようです。
長毛であり、皮膚も弱い子が多いので、ブラッシングやシャンプーは最低限おうちで出来るようにしつけましょう。

オスとメスとでの性格の違い

もちろん人間でも性別にかかわらず、様々な性格な方がいるのと同じように、シーズーでもオス、メスだけで性格を語ることは出来ません。
ただ、統計的に、このような傾向にあるというところで、述べていきたいと思います。

オスの性格

穏やかで、甘えん坊タイプが多いようです。
人のことが大好きで、知らない人にも愛想良く、飼い主さんに対しては、結構べったりになることもあります。

メスの性格

クールでマイペース、時に警戒深く、どちらかというとツンデレな性格が多いようです。

オスとメス、飼う上で注意点が異なる?

結論から言うと、オスもメスもシーズーという犬種では、どちらが飼いやすいとは言い難く、飼う上での注意点も大きく異なるということはありません。
あと、これは性別での違いではないのですが、毛色でも性格が違うこともあるようです。
個人的にはホワイト&ブラック色のシーズーは意にそぐわないことをされると、結構アグレッシブになる印象を持っています。
つまり、怒りん坊タイプが多いように思うのです。

まとめ

犬種での性格というのは、ある程度データーが確立されていますが、あくまでも参考までにして頂いた方がいいかもしれませんね。
同じ犬種でもほんとうに様々な性格の個体がいますので、実際にペットショップやブリーダーに出向いて、直接会って接した上で、自分に一番合った愛犬を見つけ出してください。