どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの?


シーズーの基本情報

シーズー

外を歩いている時、ドッグラン、ドッグカフェに行くと、必ず出会うのがシーズーではないでしょうか。

ペットブームで犬を飼う人が多い中、特にシーズーは大変人気があります。

その人気のヒミツには、見た目の愛らしさ以外に、性格の良さ、体が丈夫など、シーズーにはたくさんの他犬種にない良さがあります。

そんなシーズーの歴史は古く、17世紀にはすでに、中国の宮廷で大変かわいがられ、特に西太后には寵愛された犬種でも有名です。

シーズーの身体的特徴

  • 原産国:中国
  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5〜7.3kg
  • 体高:20〜27cm
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 毛色:ゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト 珍しい毛色…ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなど
  • 価格相場:10〜20万円(血統や見た目によって金額が変動。特に珍しい毛色の場合、価格は上がる傾向あり)
  • 平均寿命:14〜16歳
シーズー

シーズーの体はまさに四角形で、気持ち体長が手足より長いのが特徴になります。

犬種的には短頭種に属します。

そのため、短頭種特有の呼吸器系の疾患には注意が必要になります。

被毛は絹のように細く美しいのが自慢で、ダブルコートの割に抜け毛が少ないので、室内飼いをしても掃除が大変ということはありません。

ただし定期的にトリミングをしてあげないと、被毛は永遠伸び続けてしまうので、被毛のお手入れは必須になります。

またシーズーの毛色は年を取るごとに変化していくので、その時々の成長を毛色とともに楽しむことができます。

シーズーの性格

  • 穏やか
  • 無駄吠えが少ない
  • 賢い
  • 頑固
  • 愛情深い
  • 社交的
  • 活発
シーズー

シーズーは、はじめて犬を飼う人にも飼いやすい犬種であるといいます。

これは、まず小型犬というサイズもありますが、その性格によるところが大きいのです。

一般にシーズーの性格は、天真爛漫、社交的で、子供を含め家族の誰ともよい関係を築けるようです。

活発で、遊び好きでもあるので、子供の遊び仲間にもなりますし、その行動を見ていても楽しい犬種です。

また、もともと先祖は、中国の宮廷やイギリス王室で愛玩犬として飼われていただけあって、誇り高く、良く言えば独立心が高い、悪く言うと頑固なところも併せ持ちます。

そして、頭が良く、きちんとしつけをすれば、それに答えてくれますが、逆にしつけが出来ていないと、日々のお手入れもいやがって、出来ないと困った事態にになることもあるようです。

長毛であり、皮膚も弱い子が多いので、ブラッシングやシャンプーは最低限おうちで出来るようにしつけましょう。

どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの?

シーズーを飼い始めると、みんなこのシーズーという犬種にメロメロになっていくようです。

愛犬であるシーズーが亡くなってしまった後も、2代目、3代目とシーズーにこだわって家族に迎えるという話はよく聞きます。

そして必ず、オスがいい派とメスがいい派に分かれる傾向にあります。

では、なぜこうもシーズーが愛されるのか、その性格とオスとメスとで性格の違いがあるのかについて、ご説明していきたいと思います。

オスとメスとでの性格の違い

もちろん人間でも性別にかかわらず、様々な性格な方がいるのと同じように、シーズーでもオス、メスだけで性格を語ることは出来ません。

ただ、統計的に、このような傾向にあるというところで、述べていきたいと思います。

オスの性格

  • 好き嫌いをストレートに表現
  • 喜怒哀楽がわかりやすい
  • 「家族を守るぞ」意識が高い
  • やんちゃで活発
  • 甘える時はひたすら甘々でピッタリと

穏やかで、甘えん坊タイプが多いようです。

人のことが大好きで、知らない人にも愛想良く、飼い主さんに対しては、結構べったりになることもあります。

シーズーは縄張り意識が強い犬種ではありませんが、メスに比べるとやはりオスのシーズーは縄張りを意識します。

そのため、しつけ次第では、来客があるとワンワン。散歩中、自分のテリトリーで出くわした犬にワンワンなんてこともあり得ます。

そして、縄張りを意識して、家族を守ろうとボディガード的な本能が働き、良く言えば番犬向きになるのがオスのシーズーではないでしょうか。

シーズーのオスのかわいい所としては、感情表現全てにおいてストレートなので、褒めるとわかりやすいくらい喜び、甘えたい時には、これでもかというくらいべったり甘えてきます。

そのため、機嫌が悪いときや、気分が落ち込んでいる時などもわかりやすいため、飼い主として対応しやすいところがオスのシーズーの良さになります。

メスの性格

  • 穏やかで平和主義
  • 空気を読む繊細なハートを持つ
  • 考えて行動できる
  • 感情に走って吠えることが少ない
  • 甘えてくる時はソフトに甘える

クールでマイペース、時に警戒深く、どちらかというとツンデレな性格が多いようです。

一般的にシーズーのメスは穏やかで賢く、集中して人の言うことを聞けるので、しつけはメスの方がしやすいと言われます。

子犬の頃はオス同様、何でも興味旺盛でいろんなものをかじったり、匂いを噛んだりやりたい放題なことはありますが、成長とともに様々なことに理解を示し、分別ある行動を取るようになります。

成犬になると、オスのシーズーとは違い、その場の空気を読んで行動することも多くなり、ストレートに甘えてきたり、遊びに誘ってきたりと言うより、上手に自分の立ち位置を考えて家族に接してきます。

とはいえ、愛情深いのがシーズーです。

飼い主の調子が悪く沈んでいる時は、オスのシーズーのように「どうしたのー!!!」とストレートに伺いを立ててくるわけではなく、そっと隣に寄り添ってくるのがシーズーのメスの優しさになります。

オスとメス、飼う上で注意点が異なる?

結論から言うと、オスもメスもシーズーという犬種では、どちらが飼いやすいとは言い難く、飼う上での注意点も大きく異なるということはありません。

ただ、オスとメスは子犬の頃はさほどそれぞれ差はあまり感じず成長していきますが、成犬に近づくにつれ、オスとメスそれぞれの特徴は顕著になっていきます。

例えば、オスのシーズーの場合、去勢をする・しないでもずいぶん違いが出てきます。

早い段階で去勢手術をすると、おしっこの時のマーキングを防ぐことができるのと、オス特有の縄張り意識がそれほど強くなく、散歩の時のトラブルを防ぐことができます。

そしてメスの場合でいうと、避妊手術をしないとなると、必ずヒートが訪れます。

このヒートが来ると、普段は穏やかなシーズーのメスでも気が立ち、乱暴になることがあります。

こういった成犬になるにつれて訪れる変化を考え、去勢・避妊手術をどうするか考える必要があります。

シーズー

あと、これは性別での違いではないのですが、毛色でも性格が違うこともあるようです。

個人的にはホワイト&ブラック色のシーズーは意にそぐわないことをされると、結構アグレッシブになる印象を持っています。

つまり、怒りん坊タイプが多いように思うのです。

とはいえ、それはあくまでも個人の感想になりますのでご心配なく!

もちろん個々の性格もありますし、育つ環境でも随分変わってきます。

それは性別でも言えることになります。

大まかな性別の差を把握しつつ、ご自身のシーズーの良さを最大限引き出すのが、私たちの使命になります。

シーズーの多頭飼いするなら性別はどっちがベスト!?

犬を飼っている人なら誰でも憧れるのが多頭飼いではないでしょうか。

特に飼いやすいと言われるシーズーなら、なおさら多頭飼いしたくなるはずです。

でも実際多頭飼いするには性別など関係あるのでしょうか?

そんなの関係なく、どちらでもいいのでしょうか?

答えは、多頭飼いするのに性別は大いに関係あります。

もちろんシーズー個々の性格も関係してきますが、まずは一般的にどの性別の組み合わせが相性GOODなのかランキング形式でご紹介します。

  • 1位…オスとメス(去勢・避妊手術は必須)
  • 2位…去勢済みのオス同士
  • 3位…去勢手術していないオス同士
  • 3位…避妊手術済みのメス同士
  • 4位…避妊手術していないメス同士

となります。

シーズーのオスとオスの相性について

1番スムーズにうまくいくのは、オスとメスのカップルにする場合ですね。

ただこの場合、去勢・避妊手術をすることをおすすめします。

誰でもかわいい自分のシーズーの子犬が欲しいと思うことはありますが、やはり素人が、素人判断で繁殖をするというのは簡単なことではありません。

生まれた子犬の世話など後々のことを考え、去勢・避妊手術に関しては慎重に考えて決める必要があります。

とはいえ、オスとメスの相性は同性同士よりもうまくいくことが多いです。

それはお互い縄張り争いをする必要がなかったり、性格上、衝突することが少ないことが主な理由になります。

シーズーの去勢済みのオス同士の相性について

去勢済みをしているオスのシーズーは、それほど縄張り意識が強いわけではなく、お互いのテリトリーが云々でケンカすることが少ないのが相性がいい理由になります。

そして、どちらも単純明快で感情をストレートに出すタイプになるので、小さなケンカをしながら仲直りし、やがて親友になっていくというパターンが多いのが去勢済みのオス同士になります。

また、去勢手術の時期はいつでもいいのではなく、マーキングが始まる前の早い段階で手術した方が、よりマイルドな性格になる傾向があります。

シーズーの去勢手術していないオス同士

去勢手術済みのオス同士の相性についてご説明しましたが、その次に相性が良いとされるのが、去勢手術をしていないオス同士になります。

これは、去勢手術していないのなら縄張り争いやどちらが上かの上下関係争うが起こるのでは?と不安になりますね。

そのシーズーの性格にもよりますが、多頭飼いして慣れるまではそういった争うは起こるかもしれません。

ただしそれはそのうち決着することが多いのも事実で、犬社会のことは犬同士で解決することが多く、ある程度時間が経つと仲良くし始めるようです。

去勢手術する・しないは、した方がシーズー同士、余計なストレスを抱えることなく生活できますが、もし去勢手術しないという場合でも、最初はてこずることはあっても、最終的にはうまくいくことが多いのがオス同士になります。

シーズーの避妊手術済みのメス同士

メスのシーズーだったら縄張り争いの問題はないのでは?と思われがちです。

確かに縄張りに対しての意識は、オスに比べたら低いのですが、やはりメス同士だと女同士の戦いが繰り広げられることがあります。

ただし、避妊手術済みのメス同士の場合、ヒート時期のイライラというデリケートな時期がないので、お互いの性格さえマッチすれば、仲良く生活していける関係になり得ます。

オスに比べて穏やかな分、ケンカの心配が少ないかなというイメージはありますが、普段穏やかな分、ケンカになってしまった時の険悪さは、オス同士のケンカを上回ることもあり、仲直りさせるのに苦労することがあります。

シーズーの避妊手術していないメス同士

特に避妊手術をしていないメス同士だと、ヒート時のイライラで一方のメスのシーズーと喧嘩になるなんてこともあります。

メス同士穏やかに〜というイメージを、ことごとく裏切ってしまうことがゼロではありません。

またオス同士と違い、思い切りケンカをして仲直りとなれば良いのですが、メス同士のケンカの場合、結構根が深いことが多く、執念深く修復にかなり時間がかかることがあります。

とはいえ、メスのシーズーは基本優しい性格の持ち主になります。

メス同士で飼うときには、お互いの性格の判断がかなり重要になってきます。

シーズーはオスとメスで体の大きさが変わる?

犬種によっては、オスとメスで体の大きさに若干さが出ることがありますが、シーズーの場合、性別差はありません。

ただし、シーズーのオス・メスどちらにも言えることは、去勢・避妊手術後は太りやすい傾向があるので、食生活の管理が大切になります。

シーズーは短頭種になるので、肥満になってしまうと、もともと呼吸が他の犬種よりもしづらい構造なのに、さらに息苦しくなってしまい、様々な病気の引き金になってしまいます。

シーズーのオスとメスで注意する病気は?

シーズーを飼う上で注意する病気として多いのが、

  • 角膜炎・緑内障などの眼疾患
  • 椎間板ヘルニア
  • 鼻腔狭窄症
  • 短頭種気道閉塞症候群

などがあります。

シーズーはビー玉のような大きな目を持っていて、目の周りの被毛を定期的にカットしてあげないと、目に被毛やゴミが入りやすく、目の炎症を起こしやすくなります。

またシーズーは短頭種になるので、鼻の構造上、鼻腔狭窄症や短頭種気道閉塞症候群などにもかかりやすいので注意が必要になります。

病院

シーズーのオスが注意する病気

  • 肛門周囲腺腫
  • 肛門周囲腺がん
  • 精巣腫瘍
  • 前立腺肥大症

シーズーのオスが注意する病気のほとんどは、去勢手術をすることで防げる病気がほとんどになります。

ただ去勢手術をしても、シーズーに多い病気のリスクは低くならないことと、ホルモンバランスの問題で、去勢手術後肥満になりやすくなるので注意が必要になります。

また、性ホルモンが減少することで毛艶が悪くなることも稀にあります。

シーズーのメスが注意する病気

  • 子宮蓄膿症
  • 卵巣腫瘍
  • 子宮内膜炎
  • 乳腺腫瘍

シーズーのメスが注意する病気も、ほとんどが避妊手術で防げる病気ばかりになります。

またメスの場合、出産を考えていないなら、避妊手術をすることで、ヒート時の精神的なストレスを感じることがなくなります。

ただし避妊手術後は、ホルモンバランスの関係で太りやすくなることと、女性ホルモンが足りず、やや乱暴になるという報告もあるようです。

そしてオスのシーズー同様、性ホルモンが減ることで毛艶が悪くなることが稀にあります。

この記事のまとめ

どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの?
  • 体重4〜7kgの小型犬
  • ダブルコートの長毛種。毛色はゴールド&ホワイト、ブラック&ホワイト、珍しい毛色…
  • ホワイト、ブラック、グレー、ブリンドルなど
    シーズーの性格は穏やかで賢くフレンドリー。活発で見ていても楽しい。少し頑固な面がある
  • シーズーのオスの性格:感情をストレートに表現してわかりやすい。活発で単純。甘えん坊でメスに比べて番犬向き
  • シーズーのメスの性格:状況を見て判断する。優しく必要な時そっとそばに寄り添ってくれる
  • シーズーのオスとメスを飼う時の注意:成犬になるにつれ性別の差が出てくる。特に去勢・避妊手術をしない場合注意が必要
  • シーズーの多頭飼い・相性がいい性別:1位…オスとメス(去勢・避妊手術は必須)2位…去勢済みのオス同士 3位…去勢手術していないオス同士 3位…避妊手術済みのメス同士4位…避妊手術をしていないメス同士
  • シーズーのオス・メスで体格に差はない

どっちが飼いやすい?シーズーのオスとメスの性格って違うの? さいごに

犬種での性格というのは、ある程度データーが確立されていますが、あくまでも参考までにして頂いた方がいいかもしれませんね。

同じ犬種でもほんとうに様々な性格の個体がいますので、実際にペットショップやブリーダーに出向いて、直接会って接した上で、自分に一番合った愛犬を見つけ出してください。