シーズーの寿命は?長生きさせるための大事なポイント

シーズーの平均寿命は15歳です。大型犬よりは長寿ですが、小型犬としては標準です。しかし当然ながら寿命には個体差があります。大切な家族の一員である愛犬とは、一日でも長く一緒にいたいですよね。シーズーが長生きできるために、私たちができるのはどのようなことでしょうか。

シーズーの毎日の健康チェックは欠かさずに

シーズーのような純血種は遺伝的な病気になる可能性を避けきれませんが、早めに気付くことで治療が可能な場合があります。

愛犬シーズーの体調には常に気を配りましょう。

さらに定期的な健康診断を受けるようにすると安心です。

シーズーは呼吸器系や皮膚の病気になりやすい犬種です。

シーズーが寝ている時に変な呼吸をしていないか、体を痒そうにしていないか等をチェックしましょう。

シーズーの身体状態をチェックするのに有効なのは、毎日のブラッシングです。

ブラッシングすることで全身のチェックができる上、愛犬とのスキンシップも育むことができます。

肥満は大敵!食べ過ぎないようにしよう

食欲旺盛なシーズーは肥満になりやすい犬種のため、太りすぎも長寿の大敵です。

肥満になるとシーズーの心肺に負担がかかる上、他の病気を引き起こす原因にもなります。

毎日の食事内容には気を付けましょう。

シーズーの肥満予防 お肉に野菜をトッピングすると◎

いつも同じドッグフードばかり与えるのではなく、たまには違うものに変えて栄養の偏りをなくしましょう。

お肉や野菜を茹でてトッピングするのもいいですね。

愛犬が可愛くおねだりしてくると、ついおやつやおかずを与えたくなりますが、愛犬のために控えることが大切です。

また、散歩には毎日2回連れていきましょう。

散歩は運動になるのはもちろん、様々な刺激により脳を活性化させる効果もあるので、シーズーがシニア犬になっても続けていきたい習慣です。

シーズーにたくさん触れよう

シーズーは人と交流するのが大好きです。

そしてシーズーは寂しがり屋でもあります。

長時間の留守や相手にしてもらえない日が続くと、シーズーはストレスを溜めてしまい、病気になったり最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。

シーズーとのスキンシップで長生き寿命

シーズーに限らず犬は人に撫でてもらうことでストレスが軽減され、免疫能力が高まると言われています。

これは人間同士のスキンシップと同じ効果ですね。

難しいことをしなくても、毎日撫でてやることで愛犬は幸福を感じられ、結果長生きにもつながるのです。

シーズーは私たち人間に比べて短命です。一緒にいられる時間は限られているのですから、できるだけ傍にいられるようにしたいものですね。