シーズーが吠える理由は!?無駄吠えの対応方法や解決方法について

シーズーは無駄吠えすることがあまりなく、飼いやすい犬です。しかしそんなシーズーでも、個体によっては吠えることもあります。犬が吠える時には、何か意味があります。私たちのように言葉で伝えられない代わりに、鳴くことで何かを伝えようとしているのです。そのため理由さえ分かれば、無駄吠えの解決策も分かります。シーズーが吠える理由と解決策についてご案内します。

シーズーが吠えたら無視しよう

シーズーが無駄吠えをしている時に静かにして欲しいからといっておやつを与えたり、「静かに!」と注意したりするのは間違いです。

吠えている時におやつをもらえたら、シーズーははご褒美だと勘違いしてますます吠える犬になってしまいます。

また、叱る行為は一見良さそうですが、吠えている犬にとっては人間が一緒に騒いでくれているようなもので、吠える行為を肯定してしまうことになるのでNGです。

シーズーの無駄吠えに効果的な対応方法は?

シーズーが吠えている時に一番効果があるのは、無視をすることです。

甘えん坊のシーズーは飼い主さんに無視されるのことをとても嫌います。

「吠える=無視される=嫌なこと」という図式をシーズーに覚えさせることにより、無駄吠えを止めさせることができます。

シーズーの縄張り意識による無駄吠え

シーズーがよく吠えるのは、玄関のチャイムが鳴った時や来客時です。

これは甘やかされてワガママに育ったシーズーによくあるケースです。

ワガママになったシーズーは自分をリーダーだと思い込み、自分の縄張りに見知らぬ者が侵入したら吠えるのです。

そうならないためには、最初のしつけが肝心です。

飼い始めの頃は可愛くてたくさん甘やかしてしまいがちですが、しつけはきちんと行いましょう。

シーズーは一度間違ったことを覚えると、なかなか融通が利かないところがあります。

そのためシーズーが子犬のうちから早めにしつけを開始することが大切です。

飼い主さんがリーダーだと分かっているシーズーは、来客時にもあまり吠えたりすることがありません。

シーズーの欲求による無駄吠え

遊んでほしい、ケージから出してほしい等の欲求により無駄吠えをすることもあります。

この場合も吠えるのを止めるまで無視することがポイントです。

しかし遊んでほしいと吠える場合は、普段から飼い主さんとシーズーが触れ合う時間が少ないことが原因ともいえます。

シーズーが吠えていない時に、たくさん遊んでたくさん撫でてあげてください。

そうすることでシーズーの不満を無くしてあげることが重要です。

飼い主さんとの触れ合いが増えるのに比例して、シーズーの要求吠えも減っていきます。

たただしワガママに育ったシーズーは、もっと遊べと増長して吠えることがあります。

シーズーが明らかにワガママで無駄吠えをしている時には、しつけを一からやり直す必要があります。