気品あるワンコ、パピヨンの性格と特徴ってどんなの?

人気犬種でもあるパピヨン。このパピヨンという犬は、いったいどんな性格で、どんな特徴を持っているのでしょうか?また、パピヨンは昔から存在する犬種なの?いつ頃から人に飼われるようになったのでしょう?とても可愛らしく美しいパピヨンにはどんな秘密が隠されているのでしょうか?

パピヨンの歴史

パピヨンは、フランスが原産国の犬です。この犬の最大の特徴である耳の形が蝶に似ていることから、フランス語で蝶という意味の「パピヨン」という犬種名になりました。16世紀に、フランス国内では、王侯貴族たちに寵愛を受けている犬として、数々の絵画にも登場しています。 特に、フランス王妃マリー・アントワネットの愛した犬としても有名で、彼女が処刑台に上がる直前まで、愛犬のパピヨンが一緒に居たとも伝えられているほどです。実は、最初の頃のパピヨンは耳よりも尻尾に注目されており、リスを意味する「スカー・レル」とも呼ばれていたようで、垂れ耳のパピヨンも多く存在していました。 現在のように、ピン!と立ち耳タイプのパピヨンは、18世紀頃から繁殖されはじめました。

パピヨンの基本的な性格

パピヨンは、基本的には明るく活発で遊び好きな性格です。JKC(ジャパンケネルクラブ)では、パピヨンは「愛玩犬」のカテゴリーに部類されています。とても人が好きでフレンドリーな子が多く、気質も穏やで、愛玩犬らしい犬です。 長く人々の生活に密接しており、たくさんの人を癒す役割をしてきたことから、大変賢く愛らしい犬です。人の雰囲気や要望を素早く察知し、状況を自分で判断して振舞いますが、反面神経質になってしまうことも。 さまざまな経験をさせてあげることで、ますます賢くなっていきますし、もともと体力もある犬ですので、飼い主さんと一緒にドッグスポーツや競技会、訓練などを楽しむことができるようになります。

パピヨンの主な特徴

パピヨンは、カラー(毛色)が豊富なことでも知られています。ホワイト&ブラック、レッド(茶色)、レモン(明るい茶色)、セーブルカラー(黒い差し毛のある茶色)など、身体のどこかに白地があり、単色のパピヨンは繁殖することはタブーとされていますし、ドッグショーに出ることもできません。 また、なんといってもパピヨンの特徴は名前の由来にもなった大きな耳。風に大きく揺れる耳は大変魅力的ですよね。 パピヨンは、400年以上もの長い時間をかけて改良されてきた犬種ですので、遺伝的な疾患は少ないとされていますが、活発なだけに病気よりも怪我を負いやすく、注意が必要です。骨折や膝蓋骨脱臼などには十分注意してあげましょう。

ずばり!パピヨンとは

パピヨンは見た目が美しいだけでなく、人の気持ちを素早く察知して寄り添う賢さ・優しさもある犬種です。甘えたな一面もあり、ころころ変わるその豊かな表情に、一緒に過ごすときっと可愛くてしょうがなくなること間違いなし!癒しを求める人にはパートナーとしてぴったりの犬、パピヨンです。 あなたの家族として、是非パピヨンを飼ってみませんか?