なぜそんなに吠えるの?パピヨンが吠えるそのわけは?


パピヨンの基本情報

  • 原産国:フランス
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:13~15歳
  • 価格相場:10~20万円
パピヨン,犬,茶白

パピヨンの概要

パピヨンはフランスを原産とする超小型犬です。
王妃マリー・アントワネットが愛した犬としても広く知られています。

そんなパピヨンの祖先犬はスペインが原産のトイ・スパニエルだと言われています。
当時は大きな立ち耳はなく、華やかな尻尾が特徴的な犬でしたが、交配を重ねるにつれて立ち耳が特徴的な姿へとなりました。

現在の大きく飾り毛が生えた立ち耳は、蝶々が羽を開いたような形をしていることからフランス語で「蝶」を意味する「パピヨン」という名前で呼ばれるようになりました。

その優雅で愛らしい姿から安定の人気を維持している犬種です。

パピヨンの身体的特徴

  • 体重:4~4.5kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:20~28cm
  • 被毛:長毛・シングルコート
  • 毛色:白地に黒・茶・レモン・セーブルなど
パピヨン,犬,横

パピヨンの身体的特徴

【大きさ】

パピヨンは、体高20~28cm体重4~4.5kgの超小型犬です。

バランスの良いスタイルを持っており一見華奢な印象を受けますが、意外と丈夫な体つきをしています。
歩く姿は軽快でエレガントな印象を受けます。

【お顔】

アーモンド形のパッチリとした目に、蝶の羽のように広がった大きな立ち耳が特徴的な犬種です。

【被毛】

被毛はシングルコートで、絹糸のような細く滑らかな直毛の長い被毛を持っています。
耳や胸、四肢・尾に生えた豊富な飾り毛もまたこの犬種の特徴です。

【毛色】

白地に「ブラック」「ブラウン」「レモン」「セーブル」など、すべての色が認められています。
白地が多いほど好ましいとされていますが、単色については認められていません。

近年では白地に「ブラック」や「ブラウン」の斑が入った「トライカラー」も人気があるようです。

パピヨンの性格・気質

  • 明るく活発
  • 甘えん坊
  • 高い知能を持ちしつけやすい
  • 警戒心が強く繊細な一面も
パピヨン,犬,膿,海

パピヨンの性格・気質
~活発で遊びが大好き~

エレガントな印象を受ける容姿を持ちますが、その内面は明るくてとても活発な性格をしています。

好奇心旺盛で遊びが大好き、走り回ったり跳ねまわったりと運動量も多く活発です。
さらにイタズラ好きな一面もあり、やんちゃな印象を受けます。

また、愛玩犬らしく友好的で甘えん坊な性格も持ち合わせています。

パピヨンの性格・気質
~高い知能を持つ~

パピヨンは、かつてはトップクラスとも言われていたほどの賢さを持つ犬種です。
知能が高く、人を観察し行動する理解力も持ち合わせています。
人に褒められることが好きなので、しつけやすい犬種でもあります。

しかし、その賢さゆえに飼い主が主導権を握って接することができない場合、問題行動を起こすことも少なくありません。

また、プライド高く自己主張の強い一面も持っているため、甘やかして育ててしまうことでわがままに育ってしまうこともあります。

パピヨンは吠える犬種?吠えない犬種?

パピヨン,犬,ミックス犬

吠える犬種、吠えない犬種とは?

犬は本来どの犬種も吠える動物です。
しかし、犬種によっては吠えやすい傾向のある犬種とそうでない犬種があります。

とくに猟犬や番犬、牧畜犬などの場合は、吠えることが仕事というところがあるために、遺伝子的にも他の犬種よりも吠えやすい、吠える声が大きい傾向にあります。
ダックスフンドなどの声は大変大きいですよね。

このように、犬、特に純血種は人が改良を重ねてできた品種ですので、その目的によって、生まれつき吠えやすいかどうかがある程度決まっているのです。

もちろん、一般的にしつけるのは困難だと言われている犬種でも、飼い主さんの根気でいくらでも賢くなることができます。

パピヨンは吠える犬種?

パピヨンのような血統書つきの犬、いわゆる「純血種」といわれる犬については、ジャパンケネルクラブ(血統書を発行している団体)の中で「愛玩犬」として登録されています。

つまりパピヨンは、猟犬などではなく人に可愛がられることを目的として改良された品種です。
そのため、比較的吠えにくい犬種とされています。

ただし、パピヨンが持つ警戒心や自己主張の強さから吠え癖がついてしまうこともあるようです。

また非常に頭の良い犬種のため、吠えることで良いことがあると覚えてしまうと自分の要求を通すために吠える「要求吠え」が多くなってしまうこともあります。

それでもその賢さを利用したしつけや育て方次第で、吠え癖がつかないよう育てることは十分に可能だと言えるでしょう。

パピヨンが吠える理由は?

パピヨンや小型犬に限らず、犬が吠えるには何か必ず理由があります。
その原因には様々あり、何かを訴えたい、どこか痛むところがある、怖い、寂しい、嬉しい、など様々な感情を吠えることで表現しているのです。

前述でも述べましたが、パピヨンの性格的に多い無駄吠えの理由は「警戒」と「要求」によるものが多いようです。

パピヨン,犬,畳

パピヨンが吠える理由① 「警戒吠え」

パピヨンは、やや神経質な一面や警戒心の強い性格をしていることがあるため、チャイム音や来客、見知らぬことに対して警戒心から吠えることがあります。

パピヨンは愛玩犬として飼育されてきた犬種ではありますが、こういった警戒心の強い性格から番犬としても役立っていたこともあったようです。

パピヨンが吠える理由② 「要求吠え」

パピヨンのように自己主張の強い犬に多い無駄吠えの理由として、要求吠えがあります。
「遊んでほしい」「おやつが欲しい」「散歩に行きたい」といった欲求を吠えることで主張しているのです。

その主張を聞いてしまうと、賢いパピヨンはすぐに「吠える事で願いが叶う」と覚えてしまい、要求が通るまで吠えて訴えるようになるでしょう。

パピヨンが吠える理由③ 「不安吠え」

飼い主さんが構ってくれないことや留守番での不安やストレスなどからも吠えることがあります。

この時の吠え方は「ワンワン」と吠えることもありますが、ほとんどが「クゥ~ン」と鳴くことの方が多いようです。

また、精神的な疾患ともなる「分離不安」という病気があります。
これは飼い主へ依存していることが原因で、飼い主の姿が見えなくなっただけで不安でパニック状態に陥り吠えるような行動が見られます。

パピヨンが吠える理由④ 「興奮吠え」

大好きなお散歩やご飯の時間、飼い主の帰宅など喜びの感情が興奮に変わり、吠えることでその喜びを表現することがあります。

この興奮吠えは、日常的に運動不足やコミュニケーション不足を感じている場合、エネルギーが有り余っていることで興奮しやすくなることもあります。

パピヨンが吠える理由⑤ 「つられ吠え」

犬は本来、群れで生活する動物のため、他の犬につられて吠えることがあります。

多頭飼いしている場合には、リーダーとなる1匹が吠える事で他の犬も吠え始めます。
そのため、リーダーの犬に吠え癖がある場合には、その他の犬にも吠え癖が付いてしまうでしょう。

無駄吠えのしつけをする時にはリーダーの犬を重点的にしつけることで他の犬の吠え癖もおさまるでしょう

パピヨンが吠える理由⑥ 「病気による影響」

感情を表現するために吠える以外にも、病気が影響していることもあります。

代表的なものとしては「認知症」です。
老化による認知機能が低下することによって起こる認知症によって、感情のコントロールがきかなくなり吠えることが症状に見られることがあります。

また、薬の副作用で吠えるようになることもあるようです。
例として「糖質コルチコイド」という薬の副作用で犬の行動や性格に変化がみられる例が確認されており、前よりも吠えやすくなったなどのことがあるようです。

パピヨンの吠え癖のしつけ方

無駄吠えが少ないとされるパピヨンですが、実際では吠え癖に悩まされている飼い主さんは少なくないようです。

しかし、飼い主家族だけでなく近所迷惑にもなりますし、理由によってはパピヨン自身のストレスになってしまうこともあります。
人と犬、より良い生活を送っていくためにもしつけをして吠え癖をなくしていきましょう。

パピヨン,犬,寝る

原因に合わせたしつけを

しつけ方では、もともと子犬の時から無駄吠えが多いのか、ある時期から急に吠えるようになったのかでも改善方法が変わってきます。

子犬の時から無駄吠えが多かった場合は、最初のしつけに原因があることが考えられますから、1からしつけの見直しをしなくてはなりません。

ある時期から突然吠えだした場合は、その原因を考えられるだけ考えてみましょう。
環境の変化、多頭飼いになった、ご家族の誰かが家を出たもしくは家族が増えた、病気で犬自身が入院した、家族の旅行でペットホテルに預けられたなど思い当たることはありませんか? もしくは、餌を変えたなどの些細なことでもかまいません。
そこから原因を探っていくと解決方法が見いだせる場合もあります。

他にも、警戒心から吠えているのか、不安から吠えているのかなどによってもしつけ方は変わってきます。
吠える原因に対して間違ったしつけ方をしてしまうと、吠え癖を助長してしまったりパピヨンにとってストレスを与えることになるでしょう。

やってはいけないこと

パピヨンの吠え癖に対するしつけを行う前に、パピヨンへの接し方が適切なのかを見直してみることも必要です。
無意識に取っている行動がパピヨンの吠え癖を助長してしまっているかもしれません。

犬のしつけは日常での接し方から始まるのです。

  • 甘やかしすぎ
    必要以上に構いすぎたり甘やかすことは、パピヨンをわがままな性格へと変えてしまいます。
    そうすることで要求吠えが増えてしまうことになるでしょう。
    甘やかすことと愛情をかけることの違いを理解して接するようにしましょう。
  • オーバーなリアクション
    吠える愛犬に対して「うるさい!!」などと感情的になって叱ることはやめましょう。
    警戒吠えをしている愛犬に大声で叱ったとしても飼い主も同調しているのだと勘違いさせていることがあります。
    どんな時でも冷静に対処できる人ほど、犬から信頼されるリーダーとなれるのです。
  • 吠える原因を読み違えている
    例えば、運動不足によって吠え癖が付いてしまっているパピヨンに対して「叱る」というしつけを行った場合、それはパピヨンにとってよりストレスの原因となってしまうことでしょう。
    パピヨンの吠える原因を探り、適切なしつけを行うこと、また時には飼育方法を改めることも必要です。
  • 体罰を与えること
    一昔前までは犬を叩いてしつけるということが一般的な時代もありました。
    しかし、体罰によるしつけは犬との信頼関係が崩れてしまう可能性が高く適していません。
    また、防衛のために攻撃に転じることも考えられるでしょう。
  • 叱るタイミングが間違っている
    犬のしつけにタイミングはとても重要なことです。
    例えば、吠え終わった後に叱ったとしても犬はなぜ叱られたのか理解することはできないでしょう。
    吠える前、吠え始めた時に一貫とした対応でしつけていきましょう。

しつけ方① 吠える対象から興味をそらす

警戒吠えや興奮から吠える犬に対して効果的な方法です。
犬が吠える対象から興味をそらすことを目的とした方法で、その方法には「基本コマンド」を使ったものと「サプライズ」を用いた方法があります。

「基本コマンド」

犬が吠え始めた時に「おすわり」「マテ」などの基本コマンドを出すことで、犬が吠える対象から興味をそらし飼い主に注目させてみましょう。

主従関係が構築できていれば指示のみで上手くいきますが、そうでない場合にはおやつやお気に入りのおもちゃなどを使って興味をそらしても良いでしょう。

「サプライズ」

基本コマンドやおやつを使って興味を引くことができない場合に試してみましょう。

サプライズとは、犬がびっくりして行動を一時的に中断させることを目的とした方法で、飼い主がサプライズ(天罰)を起こすことです。

例えば、小銭の入った貯金箱や鍵の束などを床などに投げることで大きな音を出し、聴覚的にびっくりさせます。

この音に驚いて吠えるのを止めたらおやつなどを使ってご褒美を与えてあげます。
こうすることで、「吠える=悪いことが起こる」⇒「大人しくする=いいことがある」と認識させていくのです。
徐々にご褒美なしでもできるよう繰り返し行っていきましょう。

このサプライズを使ったしつけ方法での注意点ですが、サプライズを飼い主自身が起こしているとできるだけ気付かれないようにしましょう。
場合によっては犬からの信頼を失ってしまう可能性があります。

しつけ方② 要求吠えには応じない

要求吠えは、飼い主が犬の要求に応じてしまったことが原因となって癖付いてしまいます。

そのため、犬が何かを要求してきた時には決して要求には応じないようにしましょう。
目も合わさず無視をして距離を保つようにしても良いでしょう。

その後、犬が吠えることを辞めて穏やかな状態になった時にご褒美を与えてあげましょう。
そうすることで「吠える=無視をされる」⇒「大人しくする=良いことがある」と認識していくようになります。
吠える時間が短くなってくれば、ご褒美なしでもできるよう繰り返ししつけていきましょう。

犬が吠えると言うこと

犬が吠えることは、犬にとってはコミュニケーション手段であり、一言も吠えないようにするのは難しいです。

また飼い主さんの中には「犬は吠えるものだから」と特にしつけを行わない人もいるようですが、広い敷地内で他人に迷惑をかけない環境で犬を飼っているのであれば問題はなくても、日本のように人が密接した住宅地で犬を飼うにあたっては吠えっぱなしにしておくわけにはいきません。

特に犬を飼ってない人にしてみれば、犬の鳴き声は騒音以外何物でもないですし、公害のようなものです。
吠えに対するしつけをしているだけでも、努力しているという意思表示になるでしょう。
しつけの専門家に相談する、テレビやメディアで紹介されている方法をやってみるなど、飼い主さんが努力しなければいけません。

しつけの方法については、その子その子にあったやり方がありますのでできることからチャレンジしていきましょう。
ご近所から苦情を言われてしまうほど辛いものはありません。

この記事のまとめ


なぜそんなに吠えるの?パピヨンが吠えるそのわけは?
  • パピヨンは吠えにくい犬種。
    それでも無駄吠えに悩まされているパピヨンの飼い主さんは少なくはない
  • パピヨンに最も多い吠え癖は「要求吠え」「警戒吠え」
    警戒心の強さと賢さから吠え癖がついてしまうことが多い
  • パピヨンが吠える理由
    「警戒吠え」「要求吠え」「不安吠え」「興奮吠え」「つられ吠え」「病気の影響」
  • 吠え癖のしつけは吠える原因に合わせたしつけ方法を用いること
  • 犬のしつけは日常の接し方から始まる。
    甘やかしすぎや叱り方など日常から意識して行っていくことが必要
  • しつけ方法
    「吠える対象から興味をそらす」基本コマンドやサプライズを用いた方法が効果的
    「要求吠えには応じない」犬の要求は徹底的に無視すること

なぜそんなに吠えるの?パピヨンが吠えるそのわけは? さいごに

上記で述べたように、パピヨンの吠えに対するしつけは何も人間のためだけではありません。
吠えるにもエネルギーが必要ですし、ずっと吠え続けていると犬自身も当然疲れて来ます。

飼い主さんもパピヨンも楽しい愛犬ライフを過ごせるように、今、トラブルを抱えておられる飼い主さんは是非、今一度考えなおして頑張っていきましょう!