パピヨンの体重の変化ってどんなの?年齢別パピヨン体重大公開!


パピヨンの平均体重について

パピヨンの平均体重は、成犬で3~5kgが望ましいとされています。
雌のほうが若干少ないようですが、さほど変わりはありません。
平均体重についても結構幅がありますよね。
犬の1kgは人の10kgほどに相当しますので、30kgの人と50kgの人では結構差があります。
これは、生き物ですので個体差があるということが考えられるのと、やはり親が小ぶりの子の場合は子供も小さくなりがちです。
パピヨンなのに、1kgにも満たない大人である、もしくは10kg近くあるという場合は少し原因を考えるべきだとは思いますが、パピヨンのような純血種の犬はどうしても改良に人の手が入っていますので、稀に平均値を超える子も当然生まれて来ます。

太りすぎ、痩せすぎのチェック方法

人間のお子様でも心配なさる方がおられますが、体重はあくまでも目安でしかありません。
平均よりも小さい、大きいからといって病気であるとか何か疾患があるかもしれないという心配はありません。
健康であればさほど問題はありませんので、あまり体重は気にせず日頃の健康チェックをしっかり行いましょう。
さて犬についてですが、背骨が手で触れてわかる、肋骨が手でふれて感じられる、ウエストにくびれがあり適度な筋肉がついていれば理想体型と言えます。
背中を触って背骨がどこかわからないほど肉がついている、前足が重さで湾曲しているなどであれば明らかに肥満です。
逆に、触らずとも見ただけで骨がわかる場合は痩せすぎです。
最近では肥満のパピヨンが増えてきていますので、体重よりも肥満体かどうかチェックすることの方が重要です。

年齢別体重推移

とはいうものの、目安があればわかりやすいのは確か。
パピヨンの年齢別体重推移ですが、まずパピヨンの赤ちゃんは100g~150gで生まれてきます。
小型犬の生後すぐの体重は、命の重さに直結します。
つまり、体重が少ないとかなりの確率で死亡してしまうからです。
生後の体重がしっかりしていればまずは安心なのです。
そこから生後1週間ほどで250g~300gとほぼ倍の重さになります。
2週間目ともなると更に順調に体重を増やして400g~500gほどになります。
だいたいこのあたりで目が開きます。
さらに徐々に体重が増えて行き、生後5か月ほどで約2kgになります。
生後1年ほどで3~5kgになるパピヨンが多いようです。
1歳は人間で言うと成人です。
ですので、体重が増え続けている間はいわば成長期になります。
成犬となって体重の増減が落ち着くまでは下手にダイエットさせると危険です。
適性量のご飯をしっかり与えましょう。
もちろん運動も大切です。

大切なのは、その子その子にあった体格維持

小型犬の飼い主さんは、どうしても「小さい」ことにこだわる傾向が強いです。
しかし、大切なのは小さいこと・大きいことではなく、個々のパピヨンにあった体格維持です。
大きくて平均体重を超えているパピヨンでも、理想体型であれば何も問題はありませんし、平均体重より低くてもしっかりしたボディであればこれも同じく問題ではありません。
1匹1匹の理想体重が違いますので、あまり情報にとらわれずに、ご愛犬の理想体型を維持するよう心がけましょう。