相性が大切!ヨークシャーテリアの多頭飼いで気をつけることは?

Contents


ヨークシャーテリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:テリア(3G)
  • 平均寿命:13~16歳
  • 価格相場:15~25万円
ヨークシャーテリア,犬,外

概要

ヨークシャーテリアはイギリスを原産とするテリア種です。
その可憐な容姿と美しい被毛から「動く宝石」とも呼ばれている犬種です。

ヨーキーは元々愛玩犬ではなく、ネズミを捕まえるための犬として19世紀に作出されました。
しかし、あまりにも美しい被毛を持って生まれたことから評判となり、次第に貴族などの上級階級でペットとして飼われるようになったという歴史を持つ犬です。

日本では「テリア(3G)」に分類されていますが、海外では「愛玩犬(9G)」として分類されている国もあるようです。
「ヨーキー」の愛称で親しまれ、世界中で高い人気を持っている犬種です。

ヨークシャーテリアの身体的特徴

  • 大きさ:超小型犬
  • 体重:2~3kg
  • 体高:15~18cm
  • 被毛:長毛種 シングルコート
  • 毛色:「ダーク・スチール・ブルー&タン」のみだが一生のうちに7回変化する
    「ブラック&タン」「ブラック&ゴールド」「ブルー&タン」「ブルー&ゴールド」など
ヨークシャーテリア,犬,海

【大きさ】

ヨークシャーテリアは、体高15~18cm体重2~3kgの超小型犬です。
チワワ同様、最も小さい種類の犬としてギネスブックに登録されたことがあるほど小さな体をしています。
しかし中には標準よりも大きなサイズになることもあり、5kgを超える個体もいるようです。

【被毛】

ヨークシャーテリアの被毛は、光沢のある絹糸のような細い毛質をしています。

被毛の分け目は鼻の先から尻尾まで左右対称に分かれています。

長毛種で、床まで引きずるほど伸ばすことが一般的な時代もありましたが、現在では短めにカットされていることが多く、様々なスタイルを楽しむことができます。

【毛色】

ヨークシャーテリアの毛色は、一生のうち7回変化することでも知られており、子犬の頃から成犬になった後でも毛色の変化が楽しめる特徴を持ちます。

生まれたときはほとんど黒っぽい「ブラック&タン」ですが、成長と共にシルバーやゴールドのような毛色に変化していきます。
そのため様々な毛色が存在するかと思われがちですが、公認されている毛色は「ダーク・スチール・ブルー&タン」のみとなります。

近年ではチョコレート&タンの毛色も見られますが、これはミスカラーで先天的疾患を持っていることもあり公認はされていません。

ヨークシャーテリアの性格・気質

  • 勇敢で頑固
  • 好奇心旺盛でエネルギッシュ
  • 遊びが大好き!!退屈は苦手
  • 甘えん坊でフレンドリー

ヨークシャーテリアの性格・気質①
~典型的なテリア気質~

ヨークシャーテリアは、その名の通り負けん気が強く頑固な性格をした典型的なテリア気質の持ち主です。
そのため甘やかして育てるとわがままになってしまい、吠えたり噛んだりと問題行動が増えてしまうこともあります。

それでも本来はとても賢く聡明な犬種なので、しつけをしっかり行うことでとても飼いやすい性格へとなってくれるでしょう。

ネズミ捕りのために作出されたこともあり、本能的に小さなものを追いかけたがることもあるようです。

ヨークシャーテリアの性格・気質②
~愛玩犬としての愛らしさも~

小柄ながらも好奇心旺盛で非常に活発なエネルギッシュな犬種です。
そのため、子どもさんの遊び相手になってくれることもあるでしょう。

遊ぶことが大好きで初めての人相手にも人懐こく遊びに誘ってくるようなフレンドリーな一面も持っています。

逆に言うと、退屈が苦手なので留守番ではイタズラしてしまうこともあるようです。
留守番をさせる前には運動や遊びの時間をしっかり確保しておくことをおすすめします。

ヨークシャーテリアは多頭飼いに向いている?

ヨークシャーテリア,犬,白

多頭飼いとは

多頭飼いとは、文字通り複数の犬を同時に飼うことです。

多頭飼いをしている飼い主さんには、飼っている犬種と同犬種を迎えたり、違う犬種を迎えたりとそれぞれですが、いずれも犬を飼うことの楽しさを知ってこその決断だと言えるでしょう。

もちろん経済的負担も頭数分増えるということにはなりますが、それ以上に犬が与えてくれる癒しや楽しさなどのメリットが勝っているのでしょう。

ヨークシャーテリアは多頭飼い向き?

それでは、ヨークシャーテリアは多頭飼いに向いている犬種なのでしょうか。

あらゆる犬種の中には、性格的に多頭飼いに不向きとされている犬種があります。
とくに独占欲が強い、攻撃的、排他的、警戒心が強いといった性格を持っている犬種が多頭飼いに不向きとされています。

具体的な犬種では、日本犬(柴犬など)やペキニーズ、コーギーなどの犬種が挙げられます。

それに加えて頑固で警戒心の強いテリア種も実は多頭飼いに不向きとされています。
そのため一般的にはヨークシャーテリアも多頭飼いに不向きとされることになるでしょう。

それでも元々、犬は群れで生活していた動物です。
実際ヨークシャーテリアを多頭飼いしている人も少なくはありません。
多頭飼いをするためのポイントを抑えれば多頭飼いすることは可能だと言えるでしょう。

それどころか、寂しがり屋で退屈嫌いなヨークシャーテリアにとって、多頭飼いは遊び相手が増えるということでもあるので、留守番中のイタズラも減ったりというメリットにも繋がるかもしれません。

多頭飼いを始める前に

ヨークシャーテリアの魅力を一度知ってしまったら、「もう1匹飼いたい」と多頭飼いを考える人は少なくないでしょう。
しかし多頭飼いにはメリットもあればデメリットもあります。
多頭飼いを始める前に、しっかり検討してみましょう。

ヨークシャーテリア,犬,子犬

多頭飼いのメリットとデメリット

【メリット】

飼い主にとっての多頭飼いの1番のメリットと言えば、やはり癒しや楽しさが増えることでしょう。
しかし、それだけではありません。
飼い主にとっても犬自身にとってもこんなに多くのメリットがあります。

  • 先住犬が後輩犬に家のルールを教えてくれる。
    トイレや食事など家の中でのルールを先住犬が守っているのを見て後輩犬が学んでくれることがあります。
  • 遊び相手ができる
    留守番の寂しさが軽減されたり、一緒に飛んで跳ねて遊ぶ相手ができることでストレスの発散にも繋がります。
    また、後輩犬にとってもコミュニケーション方法を学ぶ機会にもなるでしょう。
  • 犬の性質を理解できるようになる
    それぞれの個性を持った犬が増えることで、ボディーランゲージを見抜けるようになり犬との生活に役立つでしょう。

【デメリット】

  • 経済的負担が増える
    エサ代やシーツ代などあらゆる飼育費用が頭数分必要になってきます。
  • 先住犬の問題行動が伝染する
    例えば、先住犬が無駄吠えする犬であれば後輩犬も無駄吠えする子に育ってしまいます。
    悩みの種も2倍になるということです。
  • 相性が悪ければ犬にとってストレスになる
    犬同士の相性が悪い場合には、多頭飼いのメリットが生かせず犬にとって大きなストレスとなってしまいます。
    ケンカなどの大きなトラブルに発展することもあるでしょう。

多頭飼いをする理由をよく考えてから迎え入れましょう

多頭飼いをする理由としてよく耳にするのが、「1匹だけだと留守番のときにかわいそうだから」というものです。
ヨークシャーテリアは甘えん坊の性格なのでそう感じるのかもしれませんが、これは裏目に出ることもあります。
なぜなら、犬同士が仲良くなれればよいですが、時間をかけても仲良くならないこともあるからです。

そうなると、犬同士がストレスになるばかりか、飼い主もさらに大変になってしまうでしょう。
だからと言って簡単に手放すことはできません。

飼った後に、「こんなはずではなかったのに…」と後悔しないように、なぜ多頭飼いをするのかをよく考えてから決めるようにしましょう。

ヨークシャーテリアの多頭飼い ポイント

ポイント① 犬種よりも相性が大切!!

ヨークシャーテリアの多頭飼いには「どの犬種が向いているのか」は気になるところですが、個体差の違いがあるので残念ながら言い切ることは難しいでしょう。

ただ、同犬種同士の方が好ましいと言われていることもあります。
しかし、それよりもっと大切なのは犬種を問わず犬同士の相性が合うかどうかに尽きます。

特にあとから2匹目を迎えるときは、まず先住犬のヨークシャーテリアの性格を考慮することが大切です。
フレンドリーな性格だったら他の犬を受け入れることができるかもしれませんが、怖がりの性格だったらなおのこと後輩犬との相性は慎重に考えなければなりません。

とは言っても、実際に飼ってみないとわからないこともあるでしょう。

そこで相性を確かめてから飼う方法としては、動物保護団体の譲渡会から迎え入れるという選択もあります。
譲渡会では犬を一度家に連れていき、飼っていけそうか様子を見るトライアル期間を設けていることが多いため、飼う前に犬同士を会わせて確かめることができます。

確実に多頭飼いを始められることと同時に、救いを求める1つの命を救うことができるということでもあります。

ポイント② 同じぐらいの大きさの犬種を選ぶ

ヨークシャーテリアの多頭飼いをする時は、大型犬よりも小型犬のほうが向いていると言えるでしょう。

なぜなら、ヨークシャーテリアと大型犬とでは、散歩に必要な時間が全く違うため、一緒に連れて行かせることは難しいからです。
小型犬同士でしたら犬種が違かったとしても、散歩の時間はだいたい同じぐらいですので、一度に連れていけて比較的負担になりにくいです。

また、一緒に遊ばせるときも注意が必要です。
大型犬は軽くじゃれているつもりでも力の差があるので、ヨークシャーテリアのほうは、ケガをするおそれがあります。
万が一ケンカになってしまったときには、超小型犬であるヨークシャーテリアは圧倒的に不利になります。

それでも大型犬と飼いたいという場合には、犬同士の生活スペースを分けて、遊ぶ時には目を離さないなどの配慮が必要になってくるでしょう。

ポイント③ 先住犬のしつけは済ませておく

前述でも述べましたが、先住犬の問題行動は新たな犬にも伝染してしまいます。
トイレや吠え癖などあらゆる問題行動に2倍悩まされることになるのです。

しかし、先住犬のしつけがしっかりできている場合には、メリットで挙げたような家の中のルールを先住犬が後輩犬に教えてくれるようになります。

ヨークシャーテリアの多頭飼いをしていくためには、先住犬のしつけができていること、つまり「飼い主がリーダーでいること」がとても重要なのです。

ポイント④ 焦りは禁物

新しい犬を迎え入れた時には、「先住犬と早く仲良くなってほしい」と思う気持ちは当然ですが、決して焦って無理強いしてはいけません。
時間をかけて徐々にお互いに慣れさせていきましょう。

お互いに慣れてきたら、おやつや散歩などの楽しいことを共有させることで仲間意識が芽生え、より強い絆で結ばれるようになるでしょう。

ポイント⑤ 先住犬を優先させること

ご飯をあげる時や散歩の準備をするとき、あらゆる場面で先住犬を優先させるようにしましょう。

特に後から迎えた犬が子犬であった場合などには、つい後輩犬を優先してしまいがちですが、犬は群れの順位を重んじる動物です。
先住犬が自分の順位が分からず混乱してしまい、ストレスの原因にもなってしまうことになります。
そこで常に先住犬を優先し、後輩犬にも群れの順位を教えてあげなければなりません。

ただし、愛情に関しては均等に与えてあげてください。
先住犬と後輩犬、それぞれが疎外感やストレスを感じないよう飼い主さんが気にかけてあげなければなりません。

できれば、飼い主さんと犬1対1でコミュニケーションを取れる時間をそれぞれにとってあげることをおすすめします。

ポイント⑥ それぞれが落ち着ける空間を確保する

多頭飼いであれば、トイレや食器なども共有させればよいかと思いがちですが、それぞれが安心して過ごせるためにも頭数分の準備をしてあげましょう。
ケージや寝床なども別に準備しておくことで、犬が1匹でリラックスできる場所を作ってあげてください。

万が一、犬同士の相性が悪かった場合にも、それぞれのスペースがあることでお互いがストレスなく過ごしていけることにもなるでしょう。

ヨークシャーテリアの多頭飼い 注意点

ヨークシャーテリア,犬,二匹

注意点① 相性が悪かったときのことを考えておく

いざ多頭飼いを始めると、どれだけ飼い主が頑張ってみても犬同士の相性が合わず、理想通りの生活にならないことだってあり得ます。
そうなったときの対処方法を考えておきましょう。

別の部屋で飼育する、一緒にするときは目を離さない、お散歩は別々でなど犬同士の関係性を見ながら徐々に対処していきましょう。

また、飼い主さんの立場がリーダーでないことが原因になっている可能性もあります。
しつけ教室に通うなどのことも考慮しておいた方が良いでしょう。

当たり前のことですが、相性が良くないからと言って1匹だけ手放すなんてことは論外です。

注意点② 繁殖について考えておく

多頭飼いでオスとメスの組み合わせを飼う場合には、繁殖について慎重に考えておきましょう。

繁殖を望んでいないのなら、去勢・避妊手術は必須です。

繁殖を望む場合には、知識を身に付け、費用面や子犬たちをどうするのかまである程度検討しておく必要があるでしょう。

注意点③ 犬同士のケンカに安易に干渉しないこと

犬同士のケンカが勃発するとつい止めに入ってしまいがちですが、犬は群れ社会で自分のポジションを確立するためにケンカすることがあります。
それを飼い主が中途半端に止めさせていると、ケンカは絶えず起こるようになるでしょう。

逆に、上下関係がはっきりすることで良好な関係が築けるようになります。
命の危険性がない限り、安易に犬同士のケンカを止めに入らないようにしましょう。

そして順位は常に入れ替わる可能性もあるため、日ごろから犬の上下関係を観察し状況に応じて接してあげることも必要になってきます。

この記事のまとめ


相性が大切!ヨークシャーテリアの多頭飼いで気をつけることは?
  • 多頭飼いには犬と人の両方にメリットがある。
    遊び好きなヨークシャーテリアにとっては遊び相手が増えるメリットも。
  • テリア種であるヨークシャーテリアは本来多頭飼いに不向きな犬種。
    それでも多頭飼いは不可能ではない。
  • 多頭飼いのメリット・デメリットを知り慎重に迎えること
  • 2匹目以降は犬種よりも相性を重視すること
  • 先住犬のしつけができれいれば後輩犬のしつけも楽に。
  • 飼い主がリーダーでいること
  • 仲良くなるよう無理強いしないこと
  • 先住犬を優先すること。それでも愛情は均等に。
  • 相性が悪かった時の対処や繁殖について考えておくこと
  • 上下争いの犬同士のケンカには安易に干渉しないこと

相性が大切!ヨークシャーテリアの多頭飼いで気をつけることは? さいごに

犬同士の相性は、正直なところ飼ってみないとわからない部分もあります。
特にヨークシャテリアは本来多頭飼い向きではないとされている犬種のため、慎重に検討した方が良いかもしれません。

新しい犬を迎え入れる前には、販売先や譲渡主からヨークシャーテリアとの相性について相談してみても良いでしょう。

多頭飼いによって愛犬たちとの暮らしが、さらに楽しくなっていくといいですね。