ヨークシャーテリアの体重推移は体格によって違うの!?

小さくてかわいらしい華奢なイメージのヨークシャーテリアですが、中には、体重が7kgほどにまで大きくなるヨークシャーテリアもいるのをご存知でしょうか? 実はヨークシャーテリアは、体格の違いがかなりあるので、子犬から成犬になるまでの体重の推移にもばらつきがあります。そこで、成犬にかけての成長の目安として、ヨークシャーテリアの平均的な体重推移と注意点をお伝えします。

ヨークシャーテリアの平均体重

成犬のヨークシャーテリアの平均体重は2~3kg、体高が23cm前後です。しかし、ヨークシャーテリアといっても、骨太のがっしりとしたタイプもいれば、小さくて華奢なタイプもいるので、成犬といえども体型にはばらつきがあります。

ヨークシャーテリアの体重推移

ヨークシャーテリアの月齢ごとの平均体重をみていきましょう。

誕生時

生まれたときの体重は、わずか100gぐらいしかありません。非常に小さくて驚きです!

生後3ヵ月

生後3ヵ月頃になると700g前後にまで体重が増えてきます。この時期は成長期で、生後6ヵ月頃まで、体重は著しく増加していきます。

生後6ヵ月

生後6ヵ月頃には、1.5~2.5kgぐらいにまでに体重が増えて大きくなってきます。個体差によっては、この時期から体重の増加があまりない場合と、緩やかに少し少しずつ増えて、もう少し大きくなっていく場合とわかれます。

生後10ヵ月

生後10ヵ月頃には2~3kgぐらいですが、体格がっちりしているタイプでしたらもっと大きいこともあります。この頃には体重の増加は止まり、その後はその大きさが維持されていきます。

体重推移の際の注意点

前述の通り、ヨークシャーテリアは体格の差があるので、月齢ごとの平均体重と違いがあっても、あまり気にすることはありません。ただし、成長期の体重が増加する時期に体重が落ちる場合などは、体調になんらかの問題があるかもしれないので、獣医師に診てもらったほうが安心でしょう。また、成長期は食欲旺盛ですので、えさをたくさん食べます。そのため、その時期にダイエットをさせたりするのは成長の妨げになるので、くれぐれもやらないようにしてください。体重の増加が止まってくると、えさを食べる量も減っていくので、「太ってしまうのでは?」と心配しなくても大丈夫です。

まとめ

体格の違いで、体重の推移はずいぶんと変わってくるので、心配し過ぎずに成長の過程を見守ってあげましょう。また、子犬用のえさから成犬用に移行するときは、急に変えるとおなかを壊すおそれがあるので、今までのえさに1~2割混ぜてあげてみて、様子をみながら少しずつ変えていってくださいね。