ヨークシャーテリアの体重推移は体格によって違うの!?


ヨークシャテリアの基本情報

ヨークシャーテリア,犬,外

ヨークシャテリアはヨーキーとも呼ばれ、日本のみならず、世界中で常に人気がある愛玩犬になります。

小さくエレガントな見かけと、見かけによらずに活発で勇敢なテリア気質のギャップが私たちの心をくすぐります。

また、トリミングが必要な犬種なので、いろいろなカットスタイルを試せ、自分だけのヨークシャテリアのスタイルを作ることができます。

ヨークシャテリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:3.2kg以下
  • 体高:15〜18cm
  • 被毛:シングルコート 長毛種
  • 毛色:ブラック&タン ブラック&ゴールド ブルー&タン ブルー&ゴールド
  • 平均寿命:13〜16歳
  • 価格相場:15〜25万円
ヨークシャーテリア,犬,海

ヨークシャテリアの特徴は美しい被毛にあります。

美しい絹のような被毛は、光に当たり動く姿は本当に惚れ惚れします。

その自慢の被毛の毛色は、成長とともに7回は変化すると言われています。

この毛色の変化は、被毛の抜け替わる時期に合わせ、根元からゆっくり変化していきます。

また、ヨークシャテリアの被毛はシングルコートの長毛種になり、短期間で被毛が生え変わることはなく、ずっと伸び続ける被毛になので必ずトリミングが必要になります。

ヨークシャテリアの性格・気質

  • 勇敢で負けん気が強い
  • 愛情深い
  • 甘えん坊
  • 独立心がある
  • 陽気
  • やや頑固
  • 利口
  • 遊びと冒険が大好き

ヨークシャテリアは小さい体ですが、やはりテリア犬。

きっちりテリア気質を持ち合わせています。

負けん気が強く、大変勇敢なので、相手がどんなに大きくても立ち向かって行こうとします。

活発で、室内でも常に何か新しいものはないかと動き回ることが好きで、散歩も大好きで張り切って歩くでしょう。

小さいからそんなに活動量はないのでは…と思っては大間違い。

ある程度の運動量が必要ですのでご注意ください。

また、ヨークシャテリアは信頼をしている人に対して、非常に深い愛情を持ち、常にピッタリと一緒にいたいという依存心は強くないまでも、長く留守番をさせられると食が落ちたり、体調を崩したりしてしまうくらい、愛情深くデリケートな一面を持っています。

ヨークシャーテリアの平均体重

ヨークシャーテリア,犬,ベッド

成犬のヨークシャーテリアの平均体重は2~3kg、体高が23cm前後です。

しかし、ヨークシャーテリアといっても、骨太のがっしりとしたタイプもいれば、小さくて華奢なタイプもいるので、成犬といえども体型にはばらつきがあります。

そして注目したいのは、ヨークシャテリアのスタンダードな形は超小型犬になりますが、実際には7kgになるヨークシャテリアも存在することです。

小さく育つヨークシャテリアは2kg前後の体重でティーカップヨークシャテリア、またはティーカップヨーキーなどと呼ばれ、逆に大きく育ったヨークシャテリアはデカヨーキーなどと呼ばれます。

大きさから見れば、別犬種とも思える差ですがどちらも純粋なヨークシャテリアになります。

なぜヨークシャテリアの大きさは個体差が大きいの?

小さくても大きくてもヨークシャテリアであることをご紹介しました。

同じ犬種なのに、ここまで個体差が大きい犬種は珍しいかもしれません。

なぜこういったことが起きるかというと…

ヨークシャテリアは誕生してから歴史がまだ浅く、血統が安定していないことが最大の理由と考えられています。

生まれるヨークシャテリアによって、ヨークシャテリアの先祖犬であるマンチェスターテリアの血が強く出てきてしまう場合があります。

マンチェスターテリアは小型犬の中では大きい部類になるので、その血が強く出てしまうと、どうしても大きめなヨークシャテリアになるようです。

また、親犬は大きくなかったのに、子犬が大きくなるというケースもあり、その場合、血統を遡っていくと親犬の前の前の代などに大きめのヨークシャテリアがいたということもあり、隔世遺伝ということもあります。

ヨークシャーテリアの体重推移

ヨークシャーテリアの月齢ごとの平均体重をみていきましょう。

誕生時

生まれたときの体重は、わずか100gぐらいしかありません。

非常に小さくて驚きです!

誕生時のヨークシャテリアは、成犬時の大きさに関わらずほぼみんな同じ大きさで生まれます。

生後1ヶ月くらいで倍の200gまで体重は増えますが、まだ個体差なく成長していきます。

生後3ヵ月

生後3ヵ月頃になると700g前後にまで体重が増えてきます。

この時期は成長期で、生後6ヵ月頃まで、体重は著しく増加していきます。

成長期は体重がどんどん増え、体も大きくなります。

同時に、ヨークシャテリアの内臓や筋肉、骨なども強くしっかりした作りに成長していく時期になります。

十分に栄養があり、しっかりとカロリーを摂らせるようにすることが重要になります。

生後6ヵ月

生後6ヵ月頃には、1.5~2.5kgぐらいにまでに体重が増えて大きくなってきます。

個体差によっては、この時期から体重の増加があまりない場合と、緩やかに少し少しずつ増えて、もう少し大きくなっていく場合とわかれます。

小型犬の場合、6ヶ月を過ぎると少しずつ体重の増加や体の成長は遅くなり、生後9ヶ月〜で成長はストップしていきます。

ただデカヨーキーに成長する個体の場合、6ヶ月を迎えてもまだ、引き続き成長が続きます。

生後10ヵ月

生後10ヵ月頃には2~3kgぐらいですが、体格がっちりしているタイプでしたらもっと大きいこともあります。

この頃には体重の増加は止まり、その後はその大きさが維持されていきます。

生後10ヶ月になると、だいたい成犬の大きさに完成しますので、ヨークシャテリアの個体差もハッキリしてきます。

これから先体重が増えるということは、体が大きく成長するというより、肥満体型になっていく心配をしなければなりません。

体重推移の際の注意点

前述の通り、ヨークシャーテリアは体格の差があるので、月齢ごとの平均体重と違いがあっても、あまり気にすることはありません。

ただし、成長期の体重が増加する時期に体重が落ちる場合などは、体調になんらかの問題があるかもしれないので、獣医師に診てもらったほうが安心でしょう。

また、成長期は食欲旺盛ですので、えさをたくさん食べます。

そのため、その時期にダイエットをさせたりするのは成長の妨げになるので、くれぐれもやらないようにしてください。

体重の増加が止まってくると、えさを食べる量も減っていくので、「太ってしまうのでは?」と心配しなくても大丈夫です。

小さく育って欲しいがために、えさの量をセーブしてしまっても、実際大きくなるヨークシャテリアはどんなに頑張っても、小さいままで成犬にはなりません。

食べた栄養分は成長するために消費され、肝心な内臓や筋肉の強化にまで栄養が行き渡らず、最悪、虚弱体質のデカヨーキーになってしまうことになります。

とにかく成長期は体を作る、大変大事な時期になりますので、栄養価の高い、良質なえさを思い切り食べさせてあげてください。

また、成長期なのになかなか体重が増えず、大きくもならないという場合、きちんとした量を食べているかを観察し、えさを変えたり、栄養補助としてサプリメントを与えたりことも方法になります。

いずれにしろ、思うように体重が増えず成長できていない場合、獣医さんに相談するようにしましょう。

成長が止まってからは、子犬用のえさから成犬用に移行していき、今度は、良質な餌をあげながら、カロリー過多にならないように栄養管理をしていくようになります。

ヨークシャテリアの成犬サイズは予測可能!?

ヨークシャーテリア,犬,雪,服

小さくテクテク歩く、ぬいぐるみのようなヨークシャテリアを飼いたい!

スタンダードなヨークシャテリアもいいけど、ドシッと抱きごたえがある、デカヨーキを飼いたい!と人によって好みは分かれます。

そんなとき、子犬を選ぶときに成犬になったときの大きさってどうしたらわかるの?って疑問が湧きますよね。

間違いなくこうなります!ということは、生き物ですので絶対に言い切れませんが、予測することは可能です。

ポイントを2つご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

1.ヨークシャテリアの体つきから予測

ヨークシャテリアの生まれたてはみな大きさは同じですが、日に日に成長し続け、生後2〜3ヶ月くらいになってくると、だんだんと個体差が出てくる時期になります。

そのときにチェックしたいのが、

  • どれだけしっかりした骨格を持っているか
  • 手足の長さや大きさ

になります。

骨格が華奢なヨークシャテリアは大きくはならない傾向があり、あまりに弱いと、虚弱体質なことがあります。

逆にしっかりと強い骨格を持つヨークシャテリアは、ずっしりと大きなデカヨーキーになる可能性大になります。

また、手足が長いヨークシャテリアは大きく成長する傾向があるのと、長さだけではなく、手足が大きいという場合もデカヨーキーの素質があるようです。

2.ヨークシャテリアの血統から予測

一般的には両親犬が小さい場合、生まれる子犬も小さくなると言われています。

ただし隔世遺伝が存在するのも事実です。

どこまで遡って血統を調べられるかにもよりますが、できれば両親犬よりもさらにもう少し遡れるといいですね。

ヨークシャテリアは稀に、先祖犬であるマンチェスターテリアの血が強く出て大きくなることがあるとご紹介しましたが、それ以外にもデカヨーキーが誕生するには、そのデカヨーキーの家系のどこかで、デカヨーキーが存在していた場合がほとんどになります。

そのため、絶対に小さい・大きいヨークシャテリアが欲しい!と大きさにこだわりがある場合、ペットショップではなく、ブリーダーからの購入をおすすめします。

ペットショップでは、運が良ければ親犬の情報を集めることは可能かもしれませんが、その前の代というと難しいことが多いでしょう。

その点ブリーダーの場合、過去の系図が何代に渡って情報が残っていることが多いので、更にもう少し確かな予測ができるのではないでしょうか。

ヨークシャテリアの適正体重ってどれくらい?

ヨークシャーテリア,犬,部屋

ヨークシャテリアの大きさには大変個体差があります。

そのため、JKC(ジャパンケネルクラブ)などで決められている、スタンダードのサイズに当てはまらないということが少なくなりません。

体が大きくなれば、当然その分体重も増えてきます。

そんな中、自分のヨークシャテリアが適正体重にいるのか、太り過ぎなのか、基準体重がわからず悩むことがあります。

まず適正体重というのは、健康に育った成長が完全に止まる1歳前後の体重のことを言います。

ということは、カロリー過多で1歳になる時点で肥満傾向の場合、その体重は適正体重とは呼びません。

ただし通常、よっぽど極端に食べ過ぎたり、食べなさ過ぎたりしない限り、肥満という体型にはなりにくいので、成長が止まった時期の体重を適正体重とします。

それらのことを踏まえて、ご自身のヨークシャテリアが仮に、スタンダードの体重より重くても、1歳時期の体重や体の大きさなどを考慮した上で、適正体重にいるかどうかを判断しましょう。

そしてもう1つ、体型から判断もできます。

ボディ・コンディション・スコア(BCS)という基準に当てはめます。

これは犬を上から、横から見た姿と触って見た感じで判断します。

◆BCS1(痩せすぎ)

上・横から見ていずれからも肋骨、腰椎、骨盤の形が容易に見え、触っても全く脂肪が触れず、腰のくびれが顕著。横から見たとき、腹部の吊り上がりが顕著。

◆BCS2(やや痩せ)

触ると肋骨がすぐに触れる。腰のくびれもはっきりしているが、BCS1ほどではない。腹部の釣り上がりもBCS1ほどではないが明らか。

◆BCS3(理想的)

程よい脂肪に触れながら肋骨はちゃんと触れる。上から見たとき、急ではなく腰のくびれがあり、横から見たとき緩やかに腹部が吊り上がっている

◆BCS4(やや肥満)

やや触れる脂肪が多いがまだ肋骨を触れる。上から見たとき、腰のくびれは発見できるが顕著ではない。腹部の吊り上がりがやっと見られる。

◆BCS5(肥満)

脂肪が厚く、肋骨を探すのに苦労する。

腰のくびれはほぼない。

腹部の吊り上がりはないか、垂れている。

ヨークシャテリアが年を取るごとに体重増加するのはOK?

ヨークシャーテリア,犬,リボン

犬も人間と同じで年を取るごとに代謝が落ちてきます。

そのため、同じ食事をしていても、だんだんと体重増加してくることがあります。

これは15%増加までは許容範囲になりますので心配いりません。

ただし、着々と体重が増えてくるようであれば、えさやあげているオヤツの見直しや、検診を受ける必要があるかもしれません。

この記事のまとめ

ヨークシャテリアの体重推移は体格によって違うの?
  • 体重:3.2kg以下の小型犬 シングルコートの長毛種
  • 毛色:ブラック&タン、ブラック&ゴールド 、ブルー&タン、ブルー&ゴールド
  • 性格はテリア気質を持ち、活発、勇敢で負けん気が強い。信頼する人には深い愛情を持ち、長い留守番などで色が落ちたり、体調を崩したりすることも
  • ヨークシャテリアの平均体重は2〜3.2kgだが個体差が大きく、7kgになるデカヨーキーも存在する
  • ヨークシャテリアは歴史が浅く、毛等が安定していないことから先祖犬(マンチェスターテリア)の血が強く出て大きくなることがある
  • ヨークシャテリアの体重推移:誕生時…個体差はなくみな同じ
  • ヨークシャテリアの体重推移:生後3ヶ月…体重は700gまでどんどん増え、さらに成長を続ける
  • ヨークシャテリアの体重推移:生後6ヶ月…少しずつ成長が止まってくる時期。大きくなるヨークシャテリアは引き続きまだ成長を続ける
  • ヨークシャテリアの体重推移:生後10ヶ月…平均2~3kgに収まり、この時期の体重が成犬時の体重になる
  • 成犬サイズの予測方法:体つき(骨格・手足が長いor大きい)、血統を見る
  • ヨークシャテリアの適正体重は個々に違うため、1歳時期の体重を参考にする

ヨークシャテリアの体重推移は体格によって違うの!? さいごに

体格の違いで、体重の推移はずいぶんと変わってくるので、心配し過ぎずに成長の過程を見守ってあげましょう。

また、子犬用のえさから成犬用に移行するときは、急に変えるとおなかを壊すおそれがあるので、今までのえさに1~2割混ぜてあげてみて、様子をみながら少しずつ変えていってくださいね。

極小ヨークシャテリアもでかヨークシャテリアも、それぞれ全く異なる良さを持っています。

スタンダードからは外れていても、健康上全く問題ないことがほとんどになります。

どんなサイズで育っても、それはそのヨークシャテリアの個性として愛してあげる飼い主でいたいですよね。

個々に違う大きさと、個々に違うヘアスタイルで、自分だけの自慢のヨークシャテリアをぜひ周りに自慢しまくりましょう!