ヨークシャーテリアの首輪を選ぶときの基準とは?

犬の首輪はデザインも素材もバリエーションが豊富で、どれにしようか迷ってしまうのではないでしょうか。首輪は毎日の散歩に欠かせないものですから、つけているときに違和感を感じないものを選んであげたいものです。では、小型犬のヨークシャーテリアの首輪はどのようなものが適しているのでしょうか。選ぶ基準をお届けします。

適した首輪のタイプ

ヨークシャーテリアは非常に小柄ですので、首輪を選ぶ基準は、まず重さが軽いもの、散歩中に取れたりしない安全なものにすることが大切です。それを考慮すると2タイプのものが挙げられます。

バックルタイプ

布製やナイロン製の首輪で、「カチッ」と差し込んで留めるプラスチック製のバックルを使用したものです。取り外しが楽で重さが軽く、首輪のサイズが微調整しやすいのがメリットです。そのため、とくにまだ身体が小さい子犬に、向いていると言えるでしょう。しかし、バックルがプラスチック製のため、劣化すると何かの拍子に割れてしまうことがあるのと、首輪の素材によっては、サイズをきちんと調節したにもかかわらず、少しずつずれて緩んでしまうことも。したがって、毎回ではないにしても、散歩に行く前に確認する必要があります。

ベルトタイプ

皮製の首輪で、人間が使うベルトと同じように、穴にストッパーをさして調節するベルトタイプのものです。散歩のときにしか首輪をつけない場合は、毎回の取り外しが手間ですが、丈夫で長持ちするのが最大のメリット。ただし、使っていくうちに皮がのびてくるので、緩くなったら必要に応じて新たに穴を作って、サイズを調節しなければなりません。

首輪のサイズ

首輪は小型犬用のものを選び、指が2本入るぐらいのゆとりがあるように調節してください。あまり緩すぎると散歩の途中で抜けてしまったり、皮膚と首輪が擦れて傷ができてしまったりするので、気をつけましょう。また、大きさが同じぐらいということで、猫用の首輪でもよいのでは? と思っている方もいるようですが、必ず子犬用の首輪にしてください。猫用のものは、どこかに引っかかると外れるようになっているので、ヨークシャーテリアには使えません。

首輪が適さない場合はハーネスを使う

気管虚脱など、呼吸器の疾患がある場合は首輪をつけると、呼吸が苦しくなってしまうので、首輪ではなくハーネス(胴輪)にしたほうがよいでしょう。また、老犬の場合も、ハーネスのほうが体に負担がかからないので、首輪よりも向いています。ハーネスは冬用の暖かいものもあるので、寒さに弱いヨークシャーテリアには、尚のことよいでしょう。

まとめ

かわいいヨークシャーテリアに似合う、素敵な首輪をつけてあげたいですよね。首輪のタイプには、それぞれのメリットがありますが、いろいろと試して気に入ったものを見つけるのがよいのではないでしょうか。また、飼い主によっては、散歩のときに毎日違う首輪をして、ちょっとしたおしゃれを楽しんでいる方もいるようですよ!