シーズーの価格ってどのくらい?値段の仕組みと相場

明るくて人懐こく美しい被毛のシーズーは、人気の犬種ランキングでも常に上位です。そんなシーズーの相場はいくらくらいでしょうか。また、価格はどのように決まるのでしょうか。シーズーの価格が決まる仕組みについてご紹介します。

シーズーの購入価格の相場

シーズーの相場は10~20万円です。

シーズーの外観、サイズ、親犬の受賞歴、月齢などで価格は変わってきます。

シーズーの購入価格が相場より高いとき

公式に認められている標準体型に近いシーズーは、値段が高くなります。

シーズーには毛色のパターンが複数あり、流行のカラーは高値で販売されます。

また、シーズーの親犬がチャンピオン犬の場合も値段が上がります。

また、きちんと手をかけて育てているブリーダーの犬は育てるのにそれだけのお金がかかっているので、値段が高い傾向があります。

シーズーの購入価格が相場より低いとき

反対に相場より安く販売している業者は、シーズーを生み育てるのにあまり費用をかけていないと考えられるため注意が必要です。

値段が安い裏には病気を持った犬だったり、劣悪な環境で生まれ育った犬であったりする可能性もあります。

他には可愛らしい顔つきをしていたり美しい被毛のシーズーは、値段が高くなりがちです。

ペットショップでは一番可愛い時期である生後2~3か月の頃が最も高く、この時期を過ぎると値段が下がることがあります。

また、月齢の割に体が大きい子犬も相場より価格が安くなります。

シーズーを飼うためのおすすめの購入方法は?

シーズーを飼うのにおすすめの方法は、シーズー専門のブリーダーから買うことです。

シーズーの交配をずっと専門で行っているブリーダーならシーズー特有の病気やお手入れの方法等もよく知っている上に、交配も上手です。

飼った後でも相談できるようなブリーダーを選べば、初めてシーズーを飼う人でも安心でしょう。

反対に様々な犬種の交配を行っているブリーダーは知識が生半可で、流行によって取り扱う犬をどんどん変えている恐れがあります。

そういったブリーダーでは犬の近親交配などが行われている可能性もあり、飼い始めた後に様々な身体的トラブルが出たりする不安が残ります。

ペットショップで買う時には、第一印象の可愛らしさだけで決めることを避け、親犬の病歴やアフターフォローに関してもしっかりと聞いておきましょう。

相場より価格が安い場合は、その理由を聞くことも大切です。

保護犬を迎えるのも選択肢の一つに

シーズーを飼うには、ブリーダーやペットショップ以外にも里親や保護施設から譲渡してもらう方法もあります。

残念ながらシーズーのような人気の犬種は、よく売れる分だけ手放される頭数が多いのも事実です。

保護された犬に子犬のシーズーは少ないですが、成犬は性格が分かっているので飼いやすいという利点もあります。

ワクチン代等の費用がかかる場合もありますが、ブリーダーやペットショップに比べれば割安で済みます。

また、シーズーに限らず犬は飼い始めてからもお金がかかります。

一度犬を飼うと、最期を迎える時まできちんとお世話をする義務を負うことになります。

15~20年先まで見越して本当に飼えるかどうかをしっかり検討してから飼うことが重要です。