ヨークシャーテリアのお風呂の入れ方を知っておこう

皮膚病の予防や美しい被毛を保つためには、定期的にお風呂に入れる必要があります。飼い主によっては、トリミングサロンでお願いしている方もいますが、自宅でもお風呂に入れてあげることは可能です。では、どれぐらいの頻度でやればよいのでしょうか。お風呂に入れ始める時期や注意点と併せてみていきましょう。

お風呂に入れ始める時期

お風呂に入れ始めてよい時期は、2回目のワクチン接種が終わった生後3カ月頃からと言われています。しかし、必ずそうしなければいけないわけではなく、犬の身体が汚れているときは、それ以前に入れても大丈夫です。ただし、まだ免疫力が弱いためシャンプーを使うのは控えて、お湯だけで洗うようにしましょう。また、体力もまだないので、お風呂に入れてから身体を乾かすまでの作業は、手早くやるようにしたほうがよいでしょう。時間がかかると、犬の体力が消耗してしまいます。もし、不安な場合は、無理にお風呂に入れたりせず、温かいタオルで身体を拭いてあげれば大丈夫です。

お風呂に入れる頻度

お風呂に入れる頻度は月に1~2回ぐらいが適しています。ヨークシャーテリアというと滑らかで美しい被毛というイメージですが、意外にも皮脂が多いオイリーな毛質なので、シャンプーを怠るとべたついてくることも。また、個体差にもよりますが、独特な体臭があるため、定期的にシャンプーをして清潔に保つようにしましょう。また、シャンプーをしてから、さほど日数が経っていないうちにどこか汚れてしまったときは、お湯で洗うだけで十分です。シャンプーのし過ぎは皮膚が荒れてしまうので、気をつけましょう。

お風呂に入れるときの注意点

お風呂に入れる前に、まずブラッシングをして毛のもつれを整えてから、濡らしていくようにしましょう。それをしてからでないと、絡まっているところの毛が固くなり、ほどけなくなってしまいます。また、犬が怖がらないように配慮することも非常に大切です。シャワーの音や水しぶきに驚いて嫌がることも珍しくありません。そのため、不安を取り除くために、声をかけながら洗ってあげたりするのがよいでしょう。また、いきなり頭からお湯をかけると、パニックになりますので、顔から遠い足先やおしりのほうから濡らして、すこしずつ慣らすようにしてください。もしどうしても嫌がって暴れるときは、そのまま強引に続けるとトラウマになりかねないので、トリミングサロンでやってもらったほうがよいでしょう。

まとめ

身体を清潔に保つことは、病気の予防に繋がりますので、怠らずに定期的にお風呂に入れるようにしましょう。また、「お風呂は怖くないもの」と覚えれば、あまり抵抗もしなくなってきますので、そっとやさしくやってあげるようにしてくださいね。