ヨークシャーテリアに服を着せるメリットと服の選び方

おしゃれでかわいい服を着て、散歩をしている犬を見かけることがあるのではないでしょうか。今は犬服の専門店もあるぐらいで、服の種類もデザインもたくさんあって驚きです。実は、ヨークシャーテリアにとって、服は散歩に必要なアイテムのひとつであったりします。では、どのような服がよいのでしょうか? 選ぶポイントなどをみていきましょう。

服を着せるメリット

ヨークシャーテリアは、体温調節の役割をするアンダーコート(下毛)がほとんど生えていないので、寒さに弱い体質です。そのため、服を着ることで寒さを防ぐことができます。犬服は冬用以外にも、パーカーなどの春や秋に適したものもあるので、気候に合わせて着るのがよいでしょう。また、服を着たほうが、被毛の露出している部分が少なくなるため、ノミ・ダニの付着の軽減になります。ノミ・ダニが寄生すると皮膚炎を引き起こしやすくなりますので、服を着せることで身体を守ることができます。

服を選ぶときのポイント

気持ちよく散歩ができるように、服選びにはポイントがあります。

身体に合ったサイズを選ぶ

大きすぎたりして身体のサイズと合っていない服は、皮膚と服が擦れて不快感を与えてしまいます。服を購入するまえに、犬の首まわり、胴まわり、背丈をきちんと測って、身体に合ったもの選ぶようにしましょう。採寸は、首まわりは首輪をする位置、胴まわりは前足の付け根あたりから、背丈は首輪から背中の終わりまでを測ります。また、服にはSS、Sサイズなどの表記がしてありますが、それらには規格がないため、メーカーによってサイズの表記が異なります。そのため、いつもSサイズだから今回も…といった具合に購入すると、サイズが合わなかったなんてことにも。必ず採寸したサイズをもとに、服を選ぶようにしましょう。

嫌がる場合は袖なしのタイプを選ぶ

最初は服を着るのを嫌がることも珍しくありません。慣れないうちは、服が足にまとわりつく感覚が不快だったりするものです。そのため、もし嫌がる場合は、タンクトップなどの袖なしのタイプを試してみるのがよいでしょう。服を着せるときは、強引にやろうとすると逆効果ですので、犬が抵抗なく着られるように導いてあげるのがコツです。具体的なやり方は、まず服を持ったら首を通すところを広げて、そこからご褒美のえさを見せ、来るように仕向けます。犬が近寄ってきたら、そのまま服に首を通してご褒美をあげます。足を穴に通すときは、足を折りたたむようにして曲げると簡単です。足を上に持ち上げたり、横に広げたりして無理な体制にならないように気をつけてください。ご褒美をあげながら片足ずつやって、服を着られたら褒めてあげましょう。

まとめ

服を着ていると防寒になりますが、いつも着ていると毛玉ができやすくなるので、室内では脱がせたほうがよいでしょう。また、真夏は、服を着せると被毛に空気が通りにくく、熱がこもってしまうため、控えたほうがよいかもしれません。どれにしようかと迷いながら買ってあげた服を、気に入ってくれるといいですね。