シーズーの生理についてしっかり知識を持っておこう!

シーズーのメス犬を飼っている場合、犬の生理については、気にしておかなければならない大切なことです。人間の場合と違って、犬の生理は毎月のことではないため、戸惑うこともあるかと思います。そこで、まずは犬の生理はどのようなものなのか、知っておきましょう。

生理の周期と期間

一般的にシーズーの生理は生後6ヵ月~10ヵ月頃に始まりますが、個体差によっては生後1年ぐらいしてからの場合もあります。いずれにせよ、生後1年前後には、メス犬でしたら生理を迎えることになるので、あまりにも生理が来ない場合は獣医師に相談してみるのがよいでしょう。また、生理は1週間~10日ほど続いて、その後出血の色が少しずつ薄くなっていきます。生理の周期は半年に1回ぐらいのペースで、閉経はありません。

生理の症状

初めての生理のときなどは、飼い主がその症状をよくわからず、気付いたときには、犬がすでに生理になっていた…ということも珍しくありません。生理の症状としては、陰部が膨らんでくる、排尿の回数が増える、落ちつきがなくなる、お尻のあたりをしきりに舐めるなどが挙げられます。これらの症状が見られるようになったら、生理が始まると思っておけばよいでしょう。基本的に犬は生理になると、自分で舐めて処理をしますが、それでも部屋が汚れたりすることもあります。犬にも、犬用のサニタリーパンツがありますので、気になる場合は履かせたほうがよいでしょう。ただし、嫌がって脱ごうとしたり、排泄を我慢したりすることもあるので、ときどき脱がしてあげる必要があります。

生理のときの注意点

生理のときにメス犬が発するフェロモンのにおいは、半径2kmにも及ぶと言われています。そのため、もし散歩にいくときは、オス犬に刺激を与えないように、散歩の時間やコースをずらすなどして、他の犬との接触をなるべく避けるようにする必要があります。もしくは、その期間は、いつもより散歩の回数を減らす、または完全に散歩を控えて、そのぶん室内で遊ばせるようにしても大丈夫です。また、生理になるとお尻の周辺が汚れやすくなるため、前もって毛を短くカットしておいたほうがよいかもしれません。どうしても汚れやにおいが気になる場合は、軽くシャンプーをしても問題ないですが、生理中はいつもより元気がない様子だったりするので、体調がよさそうなときにやるようにしましょう。

まとめ

生理がいつ来るのか、最初はよくわからないかもしれませんが、その時期が近づいてきたら、症状をよくチェックするようにしましょう。また、部屋が汚れるのをいつも気にかけているのは大変ですので、サニタリーパンツがあると便利かもしれません。生理中は、犬の体調も気にかけてあげてくださいね。