冬を乗り切ろう!パピヨンの寒さ対策

寒い冬、いくらゴージャスな毛を持っているパピヨンでも極度な寒さは危険です。どんな対策があるのでしょうか?

パピヨンは寒がり?

パピヨンは、もともとはそんなに寒がりの犬種ではありません。しかし、長い間愛玩犬として室内で飼われていているうちに、寒がりになってしまった傾向にあります。ですので、やはり寒さに対する対策は必要です。ただし、家の中で洋服を着せるなど過剰な対策はかえって冷えを生み出します。 また、パピヨンも個体差がありますので、自分のパピヨンが寒がりなのか暑がりなのかを飼い主さんとして把握しておくことは、とても大切です。気温が低い日でも廊下などの冷たい場所を好むのか、真夏にもかかわらず日向にいることが多いのか、よく観察してみて下さいね。

冬だけでなく夏のエアコンにも注意

皆さんは、日本の気候が意外と犬に住みにくいのはご存知でしょうか?特に、パピヨンのような洋犬については日本の風土は身体に合ってないことが多いのです。そのため、犬に留守番をさせるさい、真夏にはエアコンをかけたまま外出される飼い主さんが多いと思います。それはもちろん構わないのですが、冷え過ぎてしまうこともありますので、温度設定には十分注意してください。タイマーを設置したり、寒さから逃れる場所を作ってあげるなど工夫してくださいね。 もちろん、水分をしっかり取らせることも重要です。冬になると余計に水分を摂取することが少なくなりますので、脱水にならないように冬場も気をつけましょう。

寒さ対策グッズ

いろいろな犬用の寒さ対策グッズが販売されています。よく見かけるのは、フリース地の毛布。大きさも価格も手ごろですし、繰り返し洗えて便利です。犬用のゆたんぽも販売されています。こちらは、電子レンジであたためて使用するタイプが多く、時間がたつと当然冷えてしまいます。しかし、いつまでも温かいままだと低温やけどをしてしまったり、冷えて風邪をひいたりと逆に危険ですので、犬用のゆたんぽも重宝しますね。 人間用のカイロは中身を誤って食べてしまうと危険ですので、使用しないようにしましょう。電気毛布やこたつの利用のしすぎにも気を付けた方が良いですね。

過保護にならないこと

屋内で飼っている場合は、それだけで十分温かいですので、あまり過保護にならないように気を付けます。適度な温度の中で生活することは、犬にとっても人にとっても非常に健康にいいことです。寒そうで可哀想だと、毛布でぐるぐるくるんだり、過剰に部屋を暖め過ぎるのは禁物です。