シーズーを多頭飼いする時の注意点は?他の犬との相性は良い!?

明るくて社交的な性格で知られるシーズーですが、多頭飼いには向いているのでしょうか。また、他の犬種とは仲良くできるのでしょうか。一緒に暮らすからには、みんなで仲良くしたいものです。シーズーを多頭飼いするときの注意点をご紹介します。

シーズーに限らず多頭飼いでは先住犬優先が基本

シーズーは基本的にフレンドリーな性格で、どんな犬とでも仲良くできます。

しかし一緒に暮らすとなると犬社会の順列が発生し、少々事情が異なってきます。

新しく来た犬には、飼い主さんが群れの順列を教えてやることが重要です。

何をするにも先住犬が優先

基本的に何をするのも先住犬が優先で、飼い主さんが指示を与えてから行動させるようにします。

ご飯も、散歩のリードを付ける順番も、遊ぶのも先住犬優先を徹底することで後から来た犬も自然と順列を覚えます。

シーズー同士を飼う場合もシーズーと違う犬種を飼う場合も、「先住犬優先」のルールは同じです。

シーズーは慣れればどんな犬種とも仲良くできるので、犬種よりもそれぞれの犬との性格を重視して先住犬の性格に合うタイプを選ぶことが大切です。

シーズーばかりを多頭飼いすると、それだけトリミングの費用もかかるようになります。

そういった手間や金銭面も熟慮して、2匹目以降を飼うかどうか決断しましょう。

シーズーが先住犬の場合

シーズーが先住犬の場合、はじめは新入りの犬に警戒することが多いものです。

先住犬であるシーズーが落ち着くまでは、後から来た犬を近付けないようにしましょう。

新入り犬はできるだけ普段はケージに入れておき、徐々に出す時間を増やしていきます。

新入りの犬をチヤホヤしたくなるかもしれませんが、先住犬であるシーズーの前では絶対にしてはいけません。

大好きな飼い主さんが愛情を注ぐ対象が自分以外に移ることは、どの犬にとっても悲しいことです。

新しい犬が来たら、むしろ先住犬をたくさん可愛がり「あなたが一番だよ」と分からせてあげてください。

シーズーを新たに迎える場合

シーズーを後から迎える場合も同じで、先住犬を優先するようにします。

甘え上手なシーズーは新入りの立場でも「もっと遊んで」とアピールしてくるかもしれませんが、そんな時も新入りシーズーの要求に応えてしまってはいけません。

要求が通ることを覚えるとシーズーはワガママな犬に育ってしまいます。

先住犬がおとなしくおっとりした性格であれば、なおさらシーズーのワガママが増長する可能性もあります。

飼い主さんが毅然とした態度で接するよう心がけましょう。