アメリカンコッカースパニエルの寒さ対策

アメリカンコッカースパニエルは、フサフサの毛が特徴で、ダブルコートなので冬に強そうなイメージはありますよね。強そうではありますが、実際、何もしなくてもいいのでしょうか。対策はどうしたら? そしてそれは、飼い主さんが住む地域によっても、対策方法が変わってくるかもしれませんね。

アメリカンコッカースパニエルは基本、寒さには強いです

アメリカンコッカースパニエルの被毛はダブルコートなので、シングルコートやヘアレスの犬種に比べたら、体温を逃がさずキープしやすく、元々鳥猟犬だったこともあり、外の気温変化には適応しやすい犬種ではあります。
でもイコール、寒さを感じないわけではありません。寒さには強いですが、犬も人と同じで、あまり寒いところに長い間いると、免疫力が落ちていきます。室内犬は室外犬より長生きすると言われています。たくさんある理由の1つが、室内では温度差なく快適にストレスなく過ごせるということがあります。
いろんな要因が関係していますので、一概に温度だけとは言えませんが、温度管理は犬の健康維持には大事なことでもあります。「暑すぎる・寒すぎる」の温度差は犬にとっても好ましくなく、冬は寒さ対策が必要なんです。

ベッドには毛布やフリースなど、温かい寝具を

犬のベッドには普段、ベッド以外に何か敷いていますか?基本的に、冬以外は何も必要ないかもしれませんが、冬はベッドに毛布やフリース。もしくは、飼い主さんが使っていたひざ掛けなど、何か温かいものを加えてあげましょう。
それらがあるだけで、アメリカンコッカースパニエル自身あとはふわふわの自慢の被毛を使い、暖かく過ごすことができるでしょう。

犬の高さと人の高さ、温度が違います

夏、エアコンを使う季節、サーキュレーターを使う家もあると思いますが、冬も活躍するんです。温かい空気は上に行きたがり、冷たい空気は下に行きたがります。
そのため、飼い主さんは快適に過ごしているつもりでも、体高の低い犬にとっては寒い場合があります。家の中、体は温かいけど、足だけ冷たいって時ありますよね?
そういう時、サーキュレーターを使うことにより、家の中の空気を拡散させ、低い位置の空気も温めてあげます。

就寝時は犬用湯たんぽ利用や、犬のベッドの配置を考えましょう

日中は、日が照っていたり家に誰かがいる状況だと、家の中は暖房で暖かく過ごしやすいですよね。
問題はみんなが寝静まる夜。一切の暖房器具を切り、みんなそれぞれ寝室に向かいます。犬と一緒に寝ている場合以外、一気に室内の温度は下がります。少しでも犬の寝床を快適にするため、ベッドに毛布などの寝具以外に、犬用の湯たんぽを活用するのもおすすめです。
また、犬のベッドは窓に近いところではなく、その家の中で1番温かい場所に移動してあげましょう。例えば、ヒーターのそばやこたつの横。部屋の壁側などがいいかもしれません。

犬用、最新グッズを使う

最近では、いろいろな犬の防寒グッズが売られています。中には役に立つものや面白いアイディア物だったりいろいろあります。例えば、レンジでチンをするペット用ヒーターだとか、電気のいらない保温布団など。
犬用のこたつまであります。ご自身のアメリカンコッカースパニエルの好みに合わせ、いろいろ試してみるのもいいですよね。また、飼い主さんの住んでいる地域の寒さによっても、防寒の度合いも変わってきます。

寒さに強いは、寒さに耐えさせるではありません

どんなに寒さに強い犬でも、寒いものは寒いんです。犬も体の体温が下がると、新陳代謝が鈍ってきます。大切なご自身の愛犬に長生きしてもらいたいと思うなら、温度管理もしてあげましょう。
1つ注意点は、アメリカンコッカースパニエルはダブルコートなので、寒さに弱いわけではありません。あまり過保護になりすぎ、逆に暑すぎるという環境を作らないようにだけ気をつけてくださいね。