アメリカンコッカースパニエルのお手入れについて

アメリカンコッカースパニエルのチャームポイントと言えば、やはり「ゆるふわな毛」と「大きな垂れ耳」でしょう。 しかし、アメリカンコッカースパニエルの被毛は毛量が多く伸びるのが早いため、トリミングは欠かせません。また大きな垂れ耳にも、病気になりやすいといった心配事もあります。 そのため、アメリカンコッカースパニエルはお手入れがとても大変なんです。 今回は、アメリカンコッカースパニエルのお手入れ方法と頻度について、紹介していきます。

ゆるふわな毛のお手入れ方法とは?

アメリカンコッカースパニエルの毛質は、シルク状でなめらかな毛質のため、日々のお手入れを怠ると毛玉まみれになんてこともあります。そうなると衛生面でも悪く皮膚病といった病気の恐れも出てきます。
衛生と健康のためにも、とても大事な被毛のお手入れ方法をご紹介します。

ブラッシング

ダブルコートのため、抜け毛が多く毛玉になりやすい毛質です。できれば毎日、少なくても2日に1回はブラッシングを行いましょう。 「スリッカーブラシ」や「ピンブラシ」で毛玉や抜け毛を取り除いた後、「コーム」でとかして整えましょう。更に「獣毛ブラシ」で仕上げることで、美しいシルクの毛並みを保つことができます。

トリミング

アメリカンコッカースパニエルは、皮脂の分泌が多く臭いが気になることがありますが、シャンプーの頻度が多すぎると必要な皮脂が足りなくなりフケが増えたり皮膚病になることがあります。シャンプーの頻度は月1~2回程度を目安に行いましょう。 カットは、月1回程度が目安です。

お散歩の後は?

足についたゴミは手で取り除きます。「ピンブラシ」でとかした後で、「コーム」を使って毛並みを整えてあげましょう。

抜け毛が気になる場合は?

ダブルコートのため、換毛期には特に抜け毛が目立つようになります。 こまめなブラッシングと、洋服を着せることで毛が落ちるのを対策している飼い主さんが多いようです。

大きな垂れ耳のお手入れ方法とは?

大きな垂れ耳は、耳の中の通気性が悪いため汚れやすく、耳の病気になる恐れがあります。 できるだけ毎日耳の中を確認して汚れている場合は、タオルなどで拭き取ってあげます。 「イヤーローション」を使った耳掃除も、月1~2回程は行うようにしましょう。
更に、耳の中の通気性を良くするために、「耳毛抜き」を使って耳の中の毛を抜くことも忘れずに行いましょう。耳の毛は、ゴミや虫の侵入を防ぐためにあります。耳の毛を抜くときは、全ての毛を抜くのではなく、減らす程度にしておきましょう。

目の周りのお手入れも忘れずに!

アメリカンコッカースパニエルは目の病気が多い犬種です。目の周りを清潔に保ち、涙やけや目やにが気になる場合は、蒸しタオルで拭き取ってあげましょう。
また、目の周りの毛が目にかからないようにカットして衛生を保ちましょう。

まとめ

アメリカンコッカースパニエルのお手入れ方法を紹介しましたが、とても大変だということは否めません。 それでも、様々なスタイルを楽しめるのがアメリカンコッカースパニエルを飼う上での醍醐味と言えるでしょう。
日々のお手入れをすることは、愛犬とのコミュニケーションの時間にもなります。子犬の頃から慣れさせておき、楽しいコミュニケーションの時間としてお手入れしてあげることをオススメします。