ヨークシャーテリアの里親になりたい!探し方と心構え

ヨークシャーテリアを飼いたい場合、ペットショップやブリーダーで購入する方法の他に里親になるという方法があります。里親になるというのは購入費用は発生しませんが、とても重い責任がある方法です。それでは里親になるとはどういうことなのか、どうやって里親になればいいのか、どういう心構えが必要なのか、考えみましょう。

ヨークシャーテリアの里親になるとは?

犬の中には様々な事情で飼い主をなくし、新しい飼い主を求めている犬たちが多くいます。近年、殺処分ゼロを目指す風潮が高く、犬や猫の保護をしている団体では飼い主がいない犬の里親を募集しています。犬たちの中には雑種だけでなくヨークシャーテリアなどの純血種の犬たちも多いです。

ヨークシャーテリアの里親になるということは、飼い主をなくした犬の新しい飼い主となって生涯、家族として大切にしてあげることです。ペットショップやブリーダーのように購入費用はかかりませんが、一度心に傷を負ってしまった犬たちを二度と悲しい目にあわせないようにするという責任があります。犬の里親になるというのは、犬を殺処分から救い、再び新しい家族の一員とさせてあげるということです。国によっては犬を手に入れる方法がペットショップではなく、保護団体から引き取るというところもあります。ヨークシャーテリアを飼う方法として、一度考えてみるべき方法だと言えるでしょう。

どうやって里親になればいいの?

具体的にヨークシャーテリアの里親になるのは、まず里親を募集している団体を探すことから始めます。インターネットで里親を募集している民間団体がヒットしますので、そこで近くにヨークシャーテリアの里親を募集しているかどうかを検索してみましょう。

保護団体は、実績豊富なところが安心できて、ヨークシャーテリアも多く保護されていることでしょう。サイトでもヨークシャーテリアを検索すると、募集地域やヨークシャーテリアの写真や年齢などを確認できるところが多いです。譲る側から、高齢者不可、単身者不可など、かなり厳しい条件を出されていることもありますが、一度悲しい目にあっている犬を二度と同じ目にあわせないためですので、条件はしっかりと確認しておきましょう。気に入ったヨークシャーテリアを見つけたら、サイトを通して里親に応募することができます。条件が合えば、晴れてヨークシャーテリアを家族に迎えることができます。

里親になるための心構え

里親になるための心構えとしては、当然のことながら一生ヨークシャーテリアを家族として大切にするということが求められます。ただ可愛いから、購入費用がかからないからと安易に里親になることだけは避けましょう。

里親になるためには、自分だけでなく家族の環境が犬を一生家族として大切にできる環境なのかどうかを見直す必要があります。購入費用はかからなくても、犬を飼うには医療費や食費など、かなりお金がかかります。毎日散歩に連れて行くには飼い主の健康状態も良好でなければなりません。それらの心構えができていて、はじめて里親という選択ができるのだということを心に留めておきたいですね。

まとめ

ヨークシャーテリアの里親になるということは、購入費用はかかりませんが、とても責任が重いことです。一度飼い主をなくしてしまった犬の新しい飼い主になるということは、子犬を購入することとは違って大変なことも多いです。しかし、それだけに有意義で素晴らしい方法なので、ヨークシャーテリアを飼う方法の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。